• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『抗ヒスタミン剤』 一般については、『抗ヒスタミン剤』 を参照して頂きたい。

今回は、『抗ヒスタミン剤』 と 『眠気』 について、である。

『飲酒運転』 が騒がれているが、『抗ヒスタミン剤』 も種類によっては、
自動車の運転を禁じられている。




 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------


抗ヒスタミン剤の副作用として鎮静作用があり、特に 『眠気』 が多い。

抗ヒスタミン剤を飲んだら、自動車の運転をしてはいけない、 
と抗ヒスタミン剤の注意書きにも明記してある。

日本で承認されている抗ヒスタミン剤のうち、
添付文書に眠気についての記載が無いのは、現在の所、
『アレグラ』 と 『クラリチン』 に限られている。

大抵の 『カゼ薬』 には、抗ヒスタミン剤が含まれている。


しかも、抗ヒスタミン剤の服用により、 『眠気』 を自覚しなくても、
作業効率の低下など中枢神経機能の抑制による認知機能の障害がみられる。

この事を、
インペアード・パフォーマンス(impaired performance)』 と呼ぶ。

インペアード・パフォーマンスは、多忙な現代社会において、
仕事、学業、家事に多大な影響を及ぼすという点で十分に考慮すべき事である。


抗ヒスタミン剤を飲むと、『グラス4杯分のウイスキー』 を飲んだのに
匹敵するほどの能率低下をもたらす、と指摘する専門家もおり、
その弊害は私達の想像以上に大きいと認識しなければならない。


『sanofi avenntis』 の 『アレルギーi』 参照。
http://www.allergy-i.jp/hifu/hisutamin/index.html


『インペアード・パフォーマンス』 と言うのは、
患者さんの自覚に関わらず、
集中力・判断力・作業能率が低下した状態

の事である。

抗ヒスタミン剤が脳に入ると活動性が抑えられる。

すぐ思い浮かぶのは 『眠気』 であるが、鎮静作用は眠気だけではなく、
他にもあり、それが 『インペアード・パフォーマンス』 である。

『インペアード・パフォーマンス』 が強くても全然眠くないって事もある。

お酒を飲むと、自分では酔っていないつもりでも思わぬミスをすることがある。

アルコール摂取時、抗ヒスタミン剤内服時、いずれも反応時間は遅くなっている。

1



『集中力・判断力・作業能率が低下した状態』 にあるのを自覚していない場合、
知らないうちに危険な状況に陥っている事も考えられる。


つまり、抗ヒスタミン剤の鎮静作用には、
『自覚出来る眠気』 と
『自覚出来ないインペアード・パフォーマンス』
の2つがある。


くれぐれも眠くないから大丈夫だとは思ってはいけない。



アメリカでは37州とワシントンDCで、鎮静性の抗ヒスタミン剤を服用して
運転することが禁じられている。

2



6500人以上の抗ヒスタミン剤を飲んだ事がある人へのアンケートで、
『服用後の自動車運転が禁止されている薬があることを知っている』 と答えた人は 24.5%
だったという調査結果がある。

3




また、脳内ヒスタミンは、『摂食行動』 にも関わっている。

満腹中枢にはヒスタミン受容体がたくさんあり、脳内ヒスタミンが結合すると、
『おなかいっぱい』 と感じて、食べることを止める。

抗ヒスタミン剤が脳に移行したら、摂食行動が抑制されなくなり、
つい食べ過ぎてしまう。

また、脳内ヒスタミンは交感神経を刺激して、脂肪を燃焼させる働きもある。

脳内ヒスタミンは2つの経路で、『過食防止物質』 として働いている。

そういう副作用もあるのである。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
以前Hibワクチンの接種についてご相談させていただきましたきゃべと申します。
その節は大変お世話になりありがとうございました。

3歳8ヶ月の息子はアレルギー体質で1歳よりペペシンドライシロップを(現在0.7g毎夜)服用しています。
(今は花粉に少し反応しているようで1日2回服用しています)

1歳の頃はかゆみによる皮膚の掻き壊しがひどく、かゆみを押さえるため。
その後アレルギー性鼻炎で年中鼻づまりしているので、緩和のため。
また喘息の本格的な発症の予防も期待して服用を続けています。

インペアードパフォーマンス(用語はこちらで初めて知りました)は私も以前から気になっており、薬のやめ時を思案しています。
食物アレルギー(主に負荷試験)を診てくださる小児アレルギーの先生は、効果があると感じているならお母さんの自由でいいと思う、というご意見。
処方をお願いしているかかりつけの先生は、鼻炎や喘息のことを考えればもうすこし服用してもいいと思う、というご意見です。
来月から幼稚園に通うようになり、いろいろな体験をするなかで、作業効率が落ちるというのは好ましくなく・・・
かといってやめると鼻炎がひどくなり夜の寝苦しさが増してくる感じがして迷います。
親の感じる効果としては、鼻炎の症状がやや緩和され、夜息苦しさで眠りが浅くなることが少なくなるといった程度です。
喘息に関してはまだ発作を起こしたことが無いのでなんとも言えません。
食欲に関しては、食事は良く食べますがおやつは与えた量で満足できるため過食は無いと思います。
体型は成長曲線をややはみ出す程度の高い身長と真ん中程度の体重で、やや痩せ型です。

もう服用はやめたほうがいいでしょうか?
長々と書いてしまいましたが、先生のご意見を伺えれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
2009/03/14(Sat) 17:40 | URL  | きゃべ #Ou7eghko[ 編集]
Re: タイトルなし
> きゃべさん

ありがとうございます。

僕も基本的には、小児アレルギーの先生の『効果があると感じているならお母さんの自由でいい』という考え方ですね。
ただ続けるにしても、パフォーマンスが落ち難い薬もありますので、続けるなら変更するという手もあります。
お大事にどうぞ。
2009/03/16(Mon) 23:59 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。