• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『抗ヒスタミン剤』 についてである。

『抗ヒスタミン剤』 は、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、
などに使用されるだけでなく、市販の 『カゼ薬』 などにも含まれ、
大変馴染みが深い薬である。

--------------------------------------------------------------------------------

抗ヒスタミン剤は、『ヒスタミン』 が 『ヒスタミン受容体』 と反応するのを
防いで、アレルギー反応を抑えようとする薬である。

『ヒスタミン』 とは、免疫系に関係する信号伝達物質である。

喉・鼻粘膜の上皮に多い肥満細胞・好塩基球などに存在し、
アレルゲンが体内に侵入すると、ヒスタミンが放出される。

これが過剰に放出されると、鼻水・痒み、粘膜の発赤・浮腫といった
アレルギー症状を引き起こす。

これは放出されたヒスタミンが、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)という
タンパク質と結合することによって起こる。

抗ヒスタミン剤は、ヒスタミン受容体の接着部分を覆ってしまう事で、
ヒスタミンの結合を防ぎ、症状を抑える。

花粉症、アトピー性皮膚炎をはじめとする様々なアレルギー性疾患、
かぶれ、虫さされ、などにも活用され、病院でも頻繁に処方され、
また市販薬にもよく配合されている。

抗ヒスタミン薬には、H1受容体拮抗薬とH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)とがある。

H2受容体は主に胃壁細胞の表面にあり、胃酸分泌の引き金となる。


しかし、一方で抗ヒスタミン剤は中枢神経を抑制し、
『鎮静作用』、『催眠作用』 などの副作用をもたらす。

眠気などの鎮静作用は、脳内に以降したH1受容体拮抗薬が、
脳賦活作用を持つヒスタミンとH1受容体との結合を競合的に阻害するために
起こるものと考えられている。



ヒスタミンの脳への作用

4



抗ヒスタミン剤を飲んだら、自動車の運転をしてはいけない
と抗ヒスタミン剤の注意書きにも明記してある。


のどが渇き、吐き気や下痢、便秘など胃腸にも害をもたらすこともある。

抗ヒスタミン剤を飲むと、グラス4杯分のウイスキーを飲むのに
匹敵するほどの能率低下をもたらす

と指摘する専門家もおり、その弊害は大きいと認識しなければならない。

また、眠気が無いからといって、『作業能力が低下していない』
という訳ではない点も重要である。

眠気を感じていなくても、正常な理解力・集中力が大きく低下している場合がある。

抗ヒスタミン剤を利用しているこどもの学力・生活姿勢に問題がある場合には、
その原因の1つとして、副作用を疑ってみるべきである。

ただし、こうした副作用、特に眠気・だるさに対する対処がなされ、
眠気を催さない抗ヒスタミ剤が徐々に出回ってきている。

日本で承認されている抗ヒスタミン剤のうち、
添付文書に眠気についての記載が無いのは、
現在の所 『アレグラ』 と 『クラリチン』 に限られている。

決して、宣伝では無いが。


 『抗ヒスタミン剤と眠気』 に続く。



 ↓検討中です。応援お願い致します。
   


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。