• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『アトピービジネス』 についてである。

民間療法を否定する訳では決してなく、
『悪徳業者・悪徳商品』 にひっかからないように注意を促したいだけであるため、
誤解しないで頂きたい。

-----------------------------------------------------------------------------------

『アトピービジネス』 とは何か?

甘い言葉で治療に対する効果を実際以上、もしくは、嘘を宣伝する事により、
アトピーに悩む人達からお金を巻き上げるビジネスである。

アトピー性皮膚炎をこじらせて重症化した患者の悩みに付け込んで、
『これを使えば、アトピーは必ず治る』、『○か月で治る』 などと、
『驚異の治療法』 と称して、高額な商品を売りつけ、特殊な治療法を勧める。

業者は、ステロイド軟膏を 『悪の権化』 にみたて、
『ステロイドを使っている間は治らない』、『悪化するのはステロイドのせいだ』
と不安をあおり、その代わりに自らの商品・特殊療法を宣伝する。


民間療法でも、それが有効かどうかは科学的な根拠をきちんと示す必要があり、
本当にアトピーの人達の立場にたって治療を考えているかどうかが重要である。

医療機関での治療は、通常、アトピーに何%効くかという
エビデンスに基づき診療している。

 『エビデンス』とは 参照。

しかし、アトピービジネスの宣伝は、効かない例を示さない。

効かない例があると、売れないからである。

どんなにアトピーに悩まれていても、まず治療効果はどれぐらいあったか、
といった正確なデータがあるかどうかを冷静に判断するべきである。



アトピービジネスの問題点

アトピー性皮膚炎への正しい理解から患者を遠ざけ、誤った治療法により、
病気が悪化する。

症状の悪化をすべてステロイドのためと誤解して、アトピーの悪化因子を
見逃してしまう。さらに悪化してしまう。

『一生治らない病気が治るのだからこれ位は安い』と言われ、
高価な商品を買わせられる。

マスコミ報道にも問題があり、『アトピーがすぐ治る』 などと誤って報道すると、
患者がその特殊療法に飛びついてしまう。

一部の医者が脱ステロイド治療と称して、アトピービジネスを行っている事は、
非常に大きな問題である。

医者が勧めるとなると、さらにだまされやすい。



何故、アトピービジネスが増えたか?

アトピー性皮膚炎の発症は、体質・環境などの関与しているが、
真の原因は解明されていない。

 『アトピーの原因』『アトピーは一生治らないのか?』 参照。

治療法も確立さされたものはなく、患者さん個人により違うため、
非科学的な治療法が入りやすい。

従来からアトピーの治療は、ステロイド軟膏外用による対症療法である。

 『ステロイド軟膏の使い方』 参照。

従って、『アトピーはステロイド薬では治らない。
体の中から根本的に体質を変えなければダメですよ』
という誘いに乗りやすい。

 『アトピーと体質改善』 参照。

また、ステロイド外用剤も乱用すると副作用やリバウンドがあり、
患者の中には 『ステロイド恐怖症』 の人が少なくない。

 『ステロイド軟膏のリバウンド』 参照。

ステロイドの副作用などに対する過去のマスコミの過剰報道も原因である。

ステロイドの安全性を医師がいくら説明しても、
アトピーの原因、増悪因子、などの充分な説明をしないで、
ただステロイド軟膏のみを処方する治療には患者さんは納得しない。

多くの患者さんが、『アトピービジネス』 に走るのは、
ステロイドを悪者にして、ステロイドを使う医師を 『悪徳医師』 とし、
医者と患者さんを引き離すという作戦にはまってしまった結果ではあるが、
そのような、『医者不信』 を招いてしまった原因には、
医者が患者さんの悩みを解り、疑問に答えていない結果である、
という事を真摯に受け止めなければいけない。


怪しい商品の見分け方はいくつかある。

『必ず治ります』、『100%、○ヶ月で治ります』
といった言葉は大抵、大袈裟・誇大広告である。

誰にでも、100%効果のある薬など、まず存在しない。

そもそも、アトピー性皮膚炎はすぐには治らない。
アトピー皮膚炎の定義は、『6ヶ月以上続く湿疹』 である。

使った人で良くなったなど、都合のよい体験談しか載せない。

ステロイドの副作用を 必要以上に強調 して自らの製品を宣伝する。

悪化した時には、『毒を出しているから悪くなっています』、
『ステロイドなどを使ったせいです』 などと使用した本人のせいにする。



アトピービジネスのマインドコントロール

何十万円もする掃除機、健康保険の利かない薬、入浴剤、健康食品、など、
その商品を使えば、アトピー性皮膚炎が、根治するかのような印象を与える、
マスメディアを利用した 洗脳 である。

また、ステロイドを 『悪者』 として攻撃し、
自らの商品が副作用なく、体質までも改善するかのように言っている。

これまで、彼らのステロイドを怖がらせる戦略は、大成功している。

もちろん、高額な治療・商品の中にも、効果の良いものもある ため、
その見極めは非常に難しい。

そのやり方であるが、はじめに、アトピー性皮膚炎を 『難病』 と思い込ませる。

『難病であるのでステロイドを使っていたら一生治らない』 と繰り返し、
患者に絶望感を与える。

そして、ステロイド外用薬の副作用を極端に強調し、不安感をあおる。

その後、『アトピーからの離脱』、『水でよくなるアトピー』、
『ステロイド治療こそ重症アトピーの根源』 などのパンフレット・書物をみせ、
アトピーを治すためには体の中から体質を変える必要を強調する。

治癒した具体例をもっともらしく示し患者を納得させ、
ステロイドの代わりに業者の商品・特殊療法を使えば良くなると宣伝する。

新興宗教と同じ方法である。

患者の症状が悪化した時は、
『体の中の毒が出ているので、いったん全部出した方が良い』、
『過去のステロイド外用剤のリバウンド現象で、よくなる前の好転現象』

であると言い逃れ、さらに症状が悪化して特殊治療に疑問を持ち出すと、
『良くならないのは、努力が足りない』、『食べ物が悪い』、
『ストレスが溜まっている』 など、誰にでも心当たりがある事を言って責任を逃れる。

その後、さらに症状が酷くなると、患者は学校・会社を辞めて、
家に引きこもったり、入院する羽目になる。


つまり、
アトピーは 『難病』 で一生治らない、と 絶望 させる。
ステロイドの外用薬を使うから良くならない、と 不安をあおる
特殊療法による 『奇跡』 を示し、解決法を提示する。


巧妙な販売戦略として、
慈善事業のように装い企業としての性格を表に出さない、
○○友の会などの公的な団体を思わせる名称で宣伝する、
『脅威の○○療法』 などのタイトルの本を出版しその本の広告をする、
民間療法をニュースとしてマスコミに乘せる、などを行っている。

本当に効果があるのか、信頼出来るのか、を、区別するのは非常に難しい。



 ↓順位が下がりました・・・。何位になったでしょうか。
  応援お願い致します。
   


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。