• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



地域で呼び名が違うモノはたくさんあり、興味深い。

いわゆる 『方言』 の1種だが、その 『人体』 編があり、
面白かったので、紹介した。

その前に、『名詞編』 と 『地域編』 があった。

 続・呼び名で分かる:名詞編続・呼び名で分かる:人体編 
 続・呼び名で分かる:意味が違う!編     も参照。

-------------------------------------------------------------------------------

        呼び名で分かる:地域編
                                 毎日新聞 2006.9.20
           http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/yobina/news


出身地を推測できる 『ばんそうこう』
20060920dd1dd7phj005000p_size8.jpg
↑クリックすると拡大します。

『ばんそうこう』 何と呼ぶ?

『ねえ、リバテープ持ってる?』。
そう口にして、友人や同僚に妙な顔をされた経験がある。私は福岡県出身。
『リバテープ』 は九州を中心に流通するガーゼつき救急ばんそうこうの商標名だ。
地元では通じるが、よその皆さんには通じなかった。
実は、それを何と呼ぶか、で出身地が分かる物は少なくない。
あなたは 『ばんそうこう』 何と呼ぶ?

ばんそうこうは、各地で 『バンドエイド』 『カットバン』 『サビオ』
など商標名で呼ばれていることが多く、どう呼ぶかで出身地が推測できる。

東京女子大の篠崎晃一教授(社会言語学)は、
呼び方の地域的なバリエーションを 『方言』 ととらえ、約10年前に全国調査した。
どの地域でも一般名称である 『ばんそうこう』 のほかに、
複数の呼び方が存在している。
篠崎教授の調査を参考に、その都道府県で一番ポピュラーと思われる
呼び名の分布をまとめたのが別図だ。

広く浸透しているのは、現在43%の市場シェアを誇るジョンソン&ジョンソンの
『バンドエイド』 だ。
篠崎教授の調査時点で、全国でテレビCMをしていたのは 『バンドエイド』
だけだった。日本上陸は59(昭和34)年。
メディアの影響力も後押しして、最も有名なブランドになったといえる。

『リバテープ』 は60(同35)年に星子旭光堂(現リバテープ製薬)が発売。
創業のルーツが西南戦争という、熊本県のしにせメーカーだ。
『熊本での認知度はほぼ100%。九州の人なら一度は聞いたことがあるはず』
と同社総務部。九州では、ほかに 『カットバン』 の知名度も高い。
命名の由来は 『ばんそうこうをカットしたもの』だから。
佐賀県に本社のある祐徳薬品工業の商品だ。
北海道での呼び名 『サビオ』 は、もともとスウェーデンの有名メーカーの商品。
日本では63(同38)年からニチバン、75(同50)年以降はライオンが
ライセンス契約を結び、販売していた。
『20年ほど前は、北海道でシェア1位だった』 (ライオン広報部)が、
02(平成14)年に製造が中止されている。
商品は消えたのに、商標名が一般名詞として使われ続ける珍しい例だ。

篠崎教授は 『現代になって新しく出来たものの場合、
ホチキス、サランラップ、宅急便などのように、
特定のブランド名が一般名称のように定着する例はある。
ばんそうこうは、複数の商標名が定着しているうえ、地域的な特徴も大きい』。
かなりユニークな存在といえそうだ。


大きく分けて、関東と関西、東日本と西日本で呼び方が違う物も少なくない。

例えば 『赤ちゃんの夜泣き薬』。東では 『宇津救命丸』 だが、
西では 『樋屋奇応丸(ひやきおうがん)』。
どちらも商標名だが、代名詞化している。

一般名詞では、画びょうと押しピン、お漬物とお新香、お汁粉とぜんざい、
今川焼と回転焼 (ほかに大判焼、二重焼などの呼び名もあり) などだ。


また、省略の仕方が東西で違う例も。

ファストフードの 『マクドナルド』 は関東は 『マック』、
関西は 『マクド』。

約1500万部のロングセラー 『試験に出る英単語』 は東日本では 『でる単』、
西日本では 『しけ単』 が主流だ。

日本マクドナルド広報部は、
『何故2種類の省略があるのか、どこが東西の境か。よく質問されるが、
諸説あって正直よくわからない。会社側からは省略形で呼んだことはなく、
どちらもお客様がつけてくれた 『愛称』 なので、ありがたいことです』 と話す。


さらに 『局地的』 に特殊な呼び方をする物もある。

例えば、中部・近畿ではコーヒーに入れるミルクを 『フレッシュ』 と呼び、
関西では一部年配男性がアイスコーヒーを 『レーコー』 と言う。

『おねえちゃん、このレーコー、フレッシュついてへんで』 という具合だ。

鶏肉を 『かしわ』 と言うのは近畿、九州など。

鹿児島では黒板消しを 『ラーフル』 と言い、出身者の生活家庭部デスクは
『大学で上京するまで、外来の標準語だと思っていた』 と話した。

         -------------------------------------

これで、出身地が解るかも。

やはり、『言葉』 には、歴史はあって、面白い。



 ↓少し順位が上がりました。応援ありがとう御座います。
   

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。