• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『奈良県の妊婦さんの死亡問題』 について、 全く個人的な結論は、
『早急に医療体制を整備して頂きたい』、となった。

 『地方医療の崩壊』『奈良の妊婦死亡問題』 から、
 『奈良の妊婦死亡問題』 に対する個人的な意見、 など参照。

だが、それも、『やり方を間違う』 と更なる悲劇をうむ。

-------------------------------------------------------------------------------

   医療機関整備で県外派遣産科医の撤収へ 
          奈良・妊婦死亡

                             asahi.com 2006.10.25
                         http://www.asahi.com/kansai/news


奈良県大淀町立大淀病院で19病院に搬送を断られた末、
妊婦が死亡した問題を受け、同県立医大から大阪や和歌山など
県外の病院に派遣されている産科医を引き揚げる
方向で、県が検討を始めたことがわかった。
高度治療が必要な妊婦と新生児を受け入れる 『総合周産期母子医療センター』
を早急に整備するためだが、深刻な産科医不足の中、
引き揚げによって 『お産の空白地帯』 に陥る恐れがある地域に、
動揺が広がっている。

同センターは、厚生労働省が各都道府県に07年度中の整備を呼びかけているが、
奈良を含む8県が未整備 となっている。
関係者によると、同センターは、県立医大付属病院の産婦人科施設内に設置。
母体・胎児集中治療室を現在の3床からセンター化の基準である6床に増床する。
施設整備費は数千万円にのぼる見込み。

同病院には産科医が15人程度配属されているが、
増床などでさらに数人が必要になる見通し。
全国的な産科医不足で新たな補充が望めず、同医大の医師派遣先となっている
大阪府の東大阪市立総合病院や松原市立松原病院など、
県外の関連病院約10カ所のうち、いずれかから引き揚げる 案が
県庁内では有力だ。

大学の医局に所属する医師の人事権は通常、医局の教授が実質的に握り、
人的つながりのある関連病院に派遣されてきた。県幹部の一人は、
『派遣先の医師が現状を理解して医大に戻ってきてくれるはず』 とみる。

一方で、関連病院の一つ、大阪府八尾市の八尾市立病院は4月、
同医大から産科医4人の派遣を受けて昨年から中止していた分娩を再開。
医大側も奈良からの急患を受け入れる県外の拠点として期待していたが、
今回のケースで病院側は、新生児集中治療室が満床との理由で
受け入れ要請を断った。

周辺の公立や私立の病院が医師不足で次々と分娩の取り扱いを中止し、
患者が同病院に集中。
分娩数は月約60件と昨年までの2倍に達した。

病院幹部は、『ここは地域の拠点病院。医師が引き揚げられたら
地元の救急搬送も受けられない』。

和歌山県新宮市の市立医療センターも医大から医師2人の派遣を受けている。
地域で分娩できる唯一の病院で、年に約400件のお産を扱う。
担当者は、 『都会と違って妊婦の転院ができない現状では、
引き揚げの影響が大きすぎる』
 と漏らす。

         ---------------------------------------------

各県に一つは 『医科大学』 がある。

大学病院によって、得意・不得意、力を入れている科、人数の差、などがある。

県をまたいで、派遣している大学も多い。

自県のみ、ある地域のみ、を優先すれば、こういう事態に陥る。

『優先順位』 というものは付け難いが、より多くの人が利益を得るように、
システムを構築して欲しい。

議論・意見が行き過ぎて、更なる破綻の予感がする。


どうなってしまうのであろうか?

どうしたら良いのであろうか?



 ↓少しでも多くの人の目に触れるよう頑張ってます。
  が、順位が下がってしまいました。クリックお願い致します。
   



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。