• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『こどもとタバコの害』 についてである。

ちなみに、自分はタバコを吸わないので、申し訳無いが、
タバコを吸いたくなる気持ちが理解出来ない。


『こどもとタバコの害①』 は、タバコ一般について、
『こどもとタバコの害②』 は、病気について、である。

タバコの誤飲については、『タバコ誤飲』 参照。

----------------------------------------------------------------------------------

タバコは、喫煙者本人だけでなく、周囲で煙を吸わされる人達にも大きな害がある。

海外のタバコのパッケージなどは、かなりキツイ。
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/ten250/biyou/eu.html

タバコを吸う人は、タバコによる 『直接の被害者』 だが、
周囲のタバコを吸わない人に害を及ぼしている点では 『加害者』 
でもある事を認識して欲しい。

その加害の原因は、『副流煙』 である。

喫煙者が火をつけたタバコから直接吸入する煙が 『主流煙』、
吐き出す煙が 『吐煙』、
タバコの先端から不完全燃焼の状態で大気に放出されるのが 『副流煙』 である。

『副流煙』 には、『主流煙』 よりも、
何倍も多くの発がん物質・有害物質が含まれている


『副流煙』 には 『主流煙』 に対して、
アンモニアは46倍、一酸化炭素は4.7倍、
タールが3.4倍、ニコチンが2.8倍
 含まれている。

 
次の記事で詳しく書くが、環境タバコ煙に曝されて受動喫煙する事により、
妊婦は流産・早産、胎児の発育不全、胎児死亡、などになる危険性、
乳幼児は、成長障害・学習障害、喘息のような呼吸器疾患、滲出性中耳炎、
などになる危険性が、明らかに高くなる。


一本のタバコが汚す空気の量は、『ドラム缶500本分』 と言われる。

同じ室内でタバコを5本吸うと、周囲の人は受動喫煙で10本吸った事になる。


換気扇の下や別室で吸っても十分な防御にはならない。

換気扇の下で吸っていても、吸う人が居ない家庭に比べて、
ニコチンが3倍以上検出されるようである。

カレーを作っていると、カレーの匂いは換気扇を回していても、
部屋中に広まるのと同じである。

空気清浄機も意味が無い。

タバコの煙の中の有害物質、例えば、一酸化炭素・ニコチンなど、
95%以上は 『気体』 であり、空気清浄機では、
その残りの5%弱しかない 『微粒子』 の 『ヤニ』 の一部しか取れない。



もう1つ、良くある誤解は、いわゆる 『軽いタバコ』 についてである。


低タール・低ニコチンタバコの事であるが、『軽いタバコ』 では決して無い。

表示の濃度は、機械でタバコの煙を吸引し、その濃度を測っているものである。

『主流煙』 の中のタールやニコチンを少なくするために、
フィルターの直前の紙に小さな穴が開けられている。

つまり、吸った時に空気が混じって、
ニコチンなどが薄められるようになっているだけである。


タバコの中身は同じである


吸う時にそこを指で押さえて吸う、大きく吸い込む、などすると、
メーカーが言うほどの低タール、低ニコチンにはならない。

むしろ、ニコチンそのものの濃度が薄いために、
無意識に普通のタバコよりも深く煙を吸い込んでしまうため、
結局はタール・一酸化炭素など有害物質を摂取する量は、
さほど減らせないか、むしろ増えてしまうようである。

塩辛い、濃い味噌汁の塩分が体に悪い、と味噌汁を薄めたものの、
薄めた味噌汁を全部飲む、物足りないとさらに飲み過ぎるのと同じである。

当然、『副流煙』 は変わらない。

『健康』 のために 『軽さ』 を強調しているが、全く無意味である。


確かにイライラしたときのちょっと一服は、美味しいようである。

ニコチン濃度が上がると、一時的に気分が安定するのは事実である。

しかし、タバコを吸い終わって、しばらくすると、
またイライラしているような光景を良く見る。

ニコチンには、とても強い依存性がある。

そのため、体の中のニコチン量が減ると、落ち着かなくなり、
ちょっとしたストレスにも反応しがちになる。

そのため、また、タバコを吸って、ニコチンを補給したくなるという訳である。

本人はストレス解消のつもりでも、実はニコチン不足を解消しているに過ぎない。

そもそも、タバコを吸う人には、
『タバコを吸いたいストレス』 がのしかかっている。

タバコを吸わない人には、このような 『吸いたいイライラ』 のストレスは無いので、
ストレス解消と言えるのか、疑問である。


タバコを吸うと、ダイエット効果があると思っている人も居る。

痩せる事もあるが、それは、ニコチンが、
胃や腸の働き・吸収作用を悪くしている結果に過ぎない。

実際、内臓脂肪は増える と言われている。

タバコを吸う事は、どんなに工夫をしても、
自分にとっても、そして回りの家族にとっても有害な事である。


『こどもとタバコの害②』 へ続く。


 ↓順位はおかげさまで上がってきました!!!
  応援のクリックお願い致します。
   


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。