• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



正しい診断、より良い治療、を受ける権利が患者さんにはある。

今回は、『セカンド・オピニオン』 についてである。

------------------------------------------------------------------------------

セカンド・オピニオン second-opinion


『セカンド・オピニオン』 とは、
病気の理解を深めるために主治医以外の意見を聞いて情報収集する事である。

主治医と他の医師の意見を比較検討して、納得出来る治療法を選ぶ事が出来る。


良い点としては、以下のものがある。

 ①主治医の診断・方針に対する確認が出来る。
 ②治療の妥当性を確認出来る。
 ③主治医の示す治療法以外の治療法が得られる可能性がある。


命に関わる重い病気だと診断されたり、手術が必要だと言われたら、
『別の医師の意見も聞いて、本当かどうかを確かめたい』 と思うのは当然である。


患者さんの中には、
『他の病院の先生の意見を聞いたら、今の先生が気を悪くするのではないか?』 
と思っている人も多いと思うが、最近では、『セカンド・オピニオン』 を
受ける事を勧める医師も増えてきている。

逆に、そこで機嫌を損ねる様な医師ならやめた方が良いと思う。

医者自身が、より詳しい専門家に意見を求める事も多い。


『インフォームド・コンセント(説明を受けたうえの同意)』 を
実践し、しっかりと考えている医者ならば、
治療法を決定するのは患者さん・家族である事を十分に認識している。

 『インフォームド・コンセント』 とは 参照。


医師から説明を受けても、情報・知識のない患者さんや家族にとっては、
治療法の決定を出来なかったり、不安を覚える場合もある。

そのため、知識を持っている人=専門医に相談し、
意見を聞きたいと考える事は極めて自然な事だと思われる。


『インフォームド・コンセント』 と 『セカンド・オピニオン』 は車の『両輪』である。


セカンドオピニオンはあくまで第二の意見であり、
主治医の診断・治療方針を他の先生の意見と比較するためには、
患者さん自身が主治医の説明を充分に理解している事、
診断に必要な検査データを持参している事
 が前提となる。


前の病院のデータ・資料が無いと、全ての検査をやり直さなければならず、
患者さんにとって時間とお金の無駄となってしまう。


意見を聞きたいと思ったら、主治医にセカンドオピニオンを受けたいと申し出て、
必要な書類を貸し出してもらうべきである。


ただ、現代の医療はどこも標準化されており、
複数の病院に意見を聞きに行こうとすると、
単に治療開始時期を遅らすだけになる可能性もある。

『セカンド・オピニオン』 もほどほどにしないと、労力・時間・お金がもったいない。


 ↓ランキング50位に入れません・・・。応援のクリック宜しくお願い致します。
   





スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
ランキングポチ・・・しておきました。

セカンドピニオン・・・とても素晴しい事と思います。
先生によって意見が違うのは患者にとって少し不安な部分もありますがやっぱり治したい一心で意見を聞きたい。

私は昨年、母を癌で亡くしました。
末期で余命3ヵ月と言われる中でセカンドピニオンを考えたんですが、正直その時の私を含める家族に余裕がありませんでした。
もうその時の主治医に委ねる事しかなかったのです。
他の先生の意見が聞けて、もしかしたら母が今でも元気にいてくれたら・・・なんてたまに思う事もありますが、その母の病気が私にとってたくさんの勉強になりました。

私自身もそうですが後悔の無いようにたくさんの意見を聞け(迷う程ではないくらいに)
色々な考える手段を選択出来れば良いなと思っています。
2006/10/21(Sat) 22:45 | URL  | 和ママ #-[ 編集]
>和ママさん

ありがとうございます。

患者さん自身の利益、信頼出来る主治医の先生を疑心暗鬼にならず、さらに信頼する意味でもセカンドオピニオンは重要です。

後戻り出来ない事が多いため、インフォームドコンセント・セカンドオピニオン、はじめ、分かり難い事はどんどん聞きましょう。

それで、嫌がる先生では長く付き合えないと思いますので。

また応援して下さい。
2006/10/21(Sat) 23:04 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。