• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、発熱が続く時などに、よく採血検査される炎症反応物質、
『白血球数』 と 『CRP』についてである。

------------------------------------------------------------------------------


『白血球』 と 『CRP』 は、発熱の原因がウイルスなのか、細菌なのか、
などの鑑別に有用である。

しかし、感染症の他にも、川崎病、白血病などの悪性腫瘍、
若年性特発性関節炎などの膠原病、などでも、上昇する。

体に炎症が強く出ているような場合は上昇する。

また、その値で病気の重症度などについて、大体の判別が出来る事が多い。



白血球数

年齢にもよるが、正常値が6000-10000程度である。
乳児は7000-15000程度で少し高めである。


白血球数を調べることによって、細菌か?ウイルスか?、の推測が出来る。


大体の目安として、

・10000以下の場合  → ウイルス、マイコプラズマ感染の可能性が高い。
・10000-15000の場合 → いずれの感染の場合もある。
・15000以上の場合  → 細菌感染の可能性が高い。


白血球数が多ければ多いほど、細菌感染症は重症の可能性が高い。

川崎病などの時にも白血球数が多くなる。


また、あまりに重症な感染症の場合、消費により白血球数が低下する事もある。




CRP

正常では0.1 mg/dl以下である。

CRPによっても、病原体の推測、炎症の程度の推測が出来る。


大体の目安の値だが、

・1 mg/dl未満の場合 → ウイルス感染の可能性が高い。
・1-5 mg/dlの場合  → ウイルスも細菌の場合もある。
・5 mg/dl以上の場合 → 細菌感染の可能性が高い。

ウイルスではせいぜい 3 mg/dl位までしか上がらない。

ウイルスでCRPの上がる例外の病気にアデノウイルス(プール熱)感染がある。
アデノウイルスはCRPが10 mg/dl位まで上がる事がある。

ただし、細菌性の病気でも、
まだ炎症が小さくてCRPが上がってない場合、
検査の時期が早くてCRPが上がりきってない場合もある。

病気が重い場合にはCRPの値が高くなる。


感染症だけでなく、悪性腫瘍、膠原病、などでも炎症が強くなれば、
CRPは高く上がる。


一般的に、10 mg/dl以上は入院レベルと考えられる事が多い。


体のどこかに炎症が起こったときに、炎症性物質によってCRPが作られる。
CRPの値は炎症の程度にある程度比例する。


CRPは肝臓で作られる蛋白であり、炎症発症後、6時間程で上昇し、
48-72時間でピークに達すると言われている。

つまり、体のどこかで炎症が起こっても、CRPが上昇するまでに時間がかかる。

少なくとも、炎症発生後、6時間以上でないと
CRPは上がらない。


印象では、CRPの上昇は半日から1日遅れる。

発症すぐの場合は当てにならない。


細菌性髄膜炎のような炎症の激しい疾患でも、発熱後すぐではCRPは上がらない。
翌日には10 mg/dl以上なんて事はざらである。


白血球はすぐに上昇するため、発症すぐの場合には白血球数の方があてになる。


発熱が続いていて、CRPが1 mg/dl以下ならば、
まず細菌性の病気の可能性は低いと考える。


CRPは値の高さだけでなく、どの位のスピードでCRPが上昇したか、
も病気の勢いを知る上で参考になる。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
循環器内科医のDr. Iです。
FC2の方でもほぼ同じブログを書いているため、自動でそっちのURLが入ってしまいましたが。

たしかに、印象としては、CRPの方が遅れて上がったり下がったりしますよね。
毎日CRPの採血はしないんですが、だいたい一日遅れくらいのような気がしますね、私も。
2006/10/17(Tue) 01:13 | URL  | Dr. I #sSHoJftA[ 編集]
ありがとう御座います。

先生はどちらがmainなのでしょうか?
FC2の方で勝手にリンクを貼らせて頂きました。

またいろいろ教えて下さい。
2006/10/17(Tue) 11:46 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
CRP指標
子供が生まれてすぐに敗血症と診断され、NICUに入院しました。10日たちますがCRPが1.5付近を行ったりきたりで抗生物質が効いていない雰囲気です。血液検査を色々していますが細菌、ウィルスは検出さらません。一回の検査では原因菌・ウィルスは検出されないのでしょうか
2009/03/13(Fri) 11:59 | URL  | yukinari #MiMAjDtI[ 編集]
Re: CRP指標
> yukinari さん

ありがとうございます。
血液検査は細菌・ウイルスを特定するものではありません。
ウイルスは抗体を調べる事は出来ますが特殊なウイルスのみです。
CRPは炎症の強さをはかるもので、細菌自体は培養検査で特定します。
新生児は不特定な細菌感染症が多いですので・・・。
また経過を教えて下さい。
お大事にどうぞ。
2009/03/16(Mon) 23:44 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
CRPその後
御解答ありがとうございます。yukinariです。以前まで使用していた抗生物質ではCRPがよくならず、徐々にGOT、GPTが高くなる傾向でした。そこで抗生物質を変えたところCRPは0.97まで下がりGOT、GPTも正常値に戻りましたが、肝臓がはれてきて呼吸がくるしそうです。医者も原因がわからなく?の状況です。やはり培養で細菌・ウィルスは出ません。いったい何が原因かわかりません。一度セカンドオピニオンを受けようかと考えております。
2009/03/24(Tue) 19:01 | URL  | yukinari #-[ 編集]
Re: CRPその後
> yukinari さん

ありがとうございます。
低値のCRPの持続は細菌感染では無い可能性もあります。
ウイルス感染(肝炎も含め)、軽度の炎症持続、アレルギーなどでも続きます。
肝臓が腫れるのは普通ではないので早く原因が解る事を願います。
また経過を教えて下さい。
お大事にどうぞ。
2009/03/27(Fri) 22:46 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
お忙しい中ご回答ありがとうございます。
その後の結果ですが、やはりCRPは変化せず。
肝腫大は改善しません。黄疸,GOT,GPTの値も標準値です。代謝に問題ないか血液検査もしましたが異常はみとめられないとのことです。
一般的な肝臓に関わる値が変化せずに肝腫大となる病気はあるのでしょうか?
2009/04/09(Thu) 22:16 | URL  | yukinari #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> yukinari さん

ありがとうございます。
肝腫大は改善しないのは大変ですね。肝機能は今後変化していく事も考えられますので、まずは診断が知りたい所ですね。それにより今後の見通しが立っていきますので・・・・。
また経過を教えて下さい。
2009/04/18(Sat) 23:24 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
白血球数とCRP
3歳の息子のことです。
2日前から発熱し、最高で40.7度まで熱が上がりました。かかりつけの小児科を受診し、インフルエンザの検査を受けましたが陰性でした。その時に血液検査もしたのですが、白血球が4800、CRPが4.1でした。
息子は病気になると長引く方で、熱も長く続くことが多いため、今までも何度か血液検査を受けましたが、毎回白血球は9000以上あります。でも今回は半分近くに減っています。
またCRPも、検査を受けるたびに毎回高値を示し、4~6.0が多いです。
担当医の診断は、ウィルス性の感染症でしょうということでした。

前置きが長くなりましたが、
①これまで一度もこんなに白血球が減少したことはないのですが、特に深刻な異常がなくても、普通の感染症でも、このようなことは起こりうることですか。
②白血球のみが減少しており、赤血球や血小板値などに異常は見られませんでしたが、白血病などの血液の病気を疑う必要はありませんか。
ちなみに、 
LY 11(22.7%)
MO 3(5.2%)
GR 34L(72.1%)
とあります。
③発熱や体調が悪い時に検査しているので当然と言えば当然なのかもしれませんが、毎回CRPが高いことが気になります。
CRPについていろいろ調べると、悪性腫瘍などでも高値を示すとありますが、息子の場合もそのような病気を疑いますか。
④CRPが正常値に戻るまで血液検査を行う方がいいのでしょうか。

質問ばかりで申し訳ありません。お回答いただけたら幸いです。
2009/05/22(Fri) 23:54 | URL  | まなつ #R62LY2Bo[ 編集]
Re: 白血球数とCRP
> まなつ さん

ありがとうございます。
白血球数は個人差がありますが極端に少ない・多いでなければ良いと思います。
現時点では可能性は低いと思います・・・・が、かかりつけの先生に質問をぶつけるのが一番ですね。
半分であればそれは正常値でいつもが感染で高めではないでしょうか?
ウイルス感染の時に骨髄抑制といって白血球が減る事も多いです(貧血になることもあります)
CRPは細菌感染以外でもあがりますが持続的感染でなければ平常時に確認はあまりしません。
細菌感染を繰り返す場合は細菌感染の巣がないか、免疫機能などをみたりしますが、入院を繰り返すような感染でなければ経過をみる事が多いですね。
また経過を教えて下さい。
お大事にどうぞ。
2009/05/30(Sat) 00:06 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/05/31(Tue) 22:21 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/09(Fri) 11:46 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/07(Tue) 18:48 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/16(Fri) 16:02 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。