• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



インフルエンザワクチンの時期になって、外来でも質問が多くなってきた。

『インフルエンザワクチン打った方が良いですか?』

かなり難しい質問である。

この記事は昨年のものであるが、再度更新する。



インフルエンザ関係の記事は、2006年 のものであるが、

インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、

 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』
 『タミフル 10代の使用制限』
 『14歳男児 タミフル服用せず飛び降り』
 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』 
 

その他のインフルエンザ関連の記事では、

 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

インフルエンザワクチン

これまでの幼児のインフルエンザワクチンの有効率の報告では、
平成14年度の厚生科学研究で有効率 24-28%
その他の報告では、7歳以上で 78%、2歳-7歳では 54%、3-9歳では 56%
3歳未満で 79%、などと、様々な報告がある。


成人 では、米国にて、施設入所高齢者は予防接種を受けることにより、
死亡の危険を80%、入院の危険を50-60%、発病の危険を30-40%程度、
低下させると報告がある。

自宅で生活している60歳以上では、58%程度の発症予防効果が報告されている。

成人の報告では、有効率は 40-70% でばらつきがある。


日本小児科学会 予防接種感染対策委員会では、
これらの乳幼児の有効性の報告を総合的に検討し、我が国における現行の
インフルエンザワクチンについて、

『1歳以上6歳未満については、インフルエンザによる合併症のリスクを鑑み、
有効率がおよそ20-30%であることを説明した上で
任意接種 としてインフルエンザワクチン接種を 推奨 する事が、
現段階で適切な方向であると考える』、としている。


幼児について一定の効果は見られる が、
 その 有効性は十分に高いものではなく
 全ての幼児に、現行のワクチンを現行の方法で、定期接種のように
 勧めるべき程のものではない』 ため、『任意接種』 としている。


米国では、2006-2007年シーズンから、6-59カ月児の場合には、
入院率の減少など 重症化予防に効果がある として、
インフルエンザワクチン接種を広く勧めている。



乳児については、十分な評価は出来ていないのが現状である。

1歳未満の有効性は認められていない、という報告もある。


日本小児科学会 予防接種感染対策委員会では、さらに、

『乳幼児はインフルエンザに対してはハイリスクであり、本人のみならず、
 取り巻く周囲の人々、家族、同居者、保育園、保育士、教職員など
 関係者への接種も併せて実施する事が、感染の機会を減らすうえで大切である』、
ともしている。


また、基礎疾患を有する乳幼児については、

『インフルエンザ感染により重症化が容易に予測されるような場合には、
 ワクチン接種は健康乳幼児より強く勧められる』、としている。


インフルエンザ脳症に関して、インフルエンザワクチンによるインフルエンザ脳症の
発症阻止、あるいは、脳症の重症化予防については、現時点では、

ワクチンの効果は不明 である。
 ワクチンの有効率が20~30%ではあるが、
 感染が減ずれば脳症発症の可能性のリスクも減じることは出来るので、
 その分ワクチン接種の 意義はある』、と考えられている。


もちろん、ワクチンの副作用はゼロではない。


卵アレルギーのこどもに対するインフルエンザワクチンの接種については、
『卵アレルギー児のワクチン接種』 参照。


実際問題、接種の効果はあるが、有効率は高くなく自費 である事、
2回接種 で痛い事、カゼの流行期に病院に行くという危険・煩わしさ、
を考えると、積極的にお勧めは難しい。

保育園など 集団生活 を営む場合は、接種をより考慮して頂きたい。

『タミフル』 を決して飲みたくない と思う親御さんは、
インフルエンザ対策として、是非ワクチンを打って頂きたい。




結論は、乳幼児のインフルエンザワクチンについては、

その有効率が20-30%であることを説明した上で、
脳症への効果については今の所、良く解らないが、
そもそもかからなければなる事もないだろう
、というスタンスで
説明・お勧めする程度である。

ワクチン以上に、インフルエンザの流行がより小さくなる、
持ち込まないように、周りが気を付けよう、
というのも大切である。


『周りが気を付けよう』 というのは、何もワクチンを皆打て、という訳ではなくて、
手洗い・うがい・マスク、などの感染対策 も含まれる。

 『インフルエンザ 感染の予防』 参照。




その他の質問であるが、

どれ位で効果が出て、どれ位続くか?
効果は、接種後2週目頃から効果が現れ、半年近く持続する、とされている。




乳児はいつから打てるか?
インフルエンザワクチン接種に年齢の下限の規定がない。
通常は生後6カ月以降とされているが、
そのメリットは幼児よりさらに低いかもしれない、
と説明の上、希望者に対して接種するのが実際的となっている。




ワクチンで重症化を防げる?
過去にインフルエンザの既往のある人が罹患し難い事実、
ワクチンによって抗体価が上昇する事より、
僅かであったとしても、ワクチンはインフルエンザに対する免疫力を
高めているはず、と考えられている。

証明することは困難だが、
肺炎などの重症化を防ぐ可能性は十分にあると考えられる。



とりあえず、完全に インフルエンザの感染を防ぐ事を期待するワクチンでは無い、
事は御理解頂きたい。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
時々、拝見させて頂いております。
『お忙しいでしょうに、こまめに更新されて、すごい!』
と、いつも感心しております。
また、来ます。
2006/10/13(Fri) 21:02 | URL  | かすみ #-[ 編集]
ありがとう御座います。

何とか、少しでも、広まるようにと、コツコツ頑張ってます。

忙しい方が何かといろいろ出来るものです。

ぼちぼち行きますので、またどうぞ。

2006/10/13(Fri) 23:02 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
いつもためになり参考にしています。私は育児メルマガを発行しそれをブログにも転載していますが、インフルエンザワクチンについて、こちらの記事をリンクし、参照したいのですが、よろしいでしょうか?私自身、本音としては子どもに受けさせたいのですが高価なこと(子ども全員で2万8千円です)、うけてもかかったことがあり、二の足を踏んでいます。蔓延・感染予防のためには受けたほうがいいのだとはわかるのですが・・・難しいところです。学校で接種してもらった昔がうらやましいです。(これはもしや格差社会の現れ・?とか思います・・)
質問ですが、ワクチンを受け続けることで免疫力が高まるのであれば、罹患し続けているうちに免疫力が高まることにつながります?2,3年連続でかかっていますのでそろそろかからなくなるか?とかはありでしょうか。お考えお聞かせください。
2007/11/13(Tue) 13:51 | URL  | kyazMR2 #Qt1qoFUw[ 編集]
> kyazMR2 さん

ありがとうございます。
是非どうぞ。

大人がこどもよりワクチンの効果が高いのは、過去にかかっているために抗体が上がり易いのではと考えます。何回もかかる、何回もワクチンを打つ事で、基礎的な免疫は上がると思います。

そういうのがかかっても軽くするのに影響していると思いますので、科からない事はないですが、かかっても免疫が早く誘導されて軽く済むと思って打って欲しいと思います。

かかるのはかかるので、そこは諦めてもらった方が良いかも知れませんが、軽く済んで熱が出なかったりすればかからなかったという事に出来るかも知れません。

お大事にして下さい。
2007/11/13(Tue) 21:37 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
インフルワクチン
1歳10ヶ月の子供がいるのですが、ワクチン打つかどうか迷っていました。有効性が20~30%と聞いてしまうと、あまり効果がないような気もしますし・・・。
息子は丈夫でめったに風邪もひかないので、わざわざ悪い菌を体に入れないほうが良いのでは・・・と素人ながら思っていました。
でもワクチンを打っておけば重症にはなりにくいと言う事も聞きますし・・実際はどうなんだろう?と迷っています。
ちなみに家族全員未だかつてインフルエンザにはかかったことはありません。丈夫だからかからないだろうと勝手に思っています(汗)。
甘いでしょうか(笑)。
2008/10/31(Fri) 22:56 | URL  | すもも #-[ 編集]
子供へのワクチン
1歳10ヶ月の子供がいます。職業柄の知識はあっても実際自分の子供にインフルエンザワクチンを打つかどうかは、やや悩むところです。 夫婦ともに医療関係者なのでワクチンは毎年打っていますが、子供の泣き叫ぶ顔を想像すると、子供へのワクチンはややためらってしまいます。 が!保育園ではたくさんの子供が居て、ウイルス性の病気はみーんなでもらいっこしている状況なので、やはりワクチン接種させようと思います。おうちですごしている小さいお子さんは感染のリスクが低いのかもしれませんね。ごめんね、わが子!
2008/11/19(Wed) 14:19 | URL  | 女医ママ #-[ 編集]
> すももさん

ありがとうございます。
かからない方はかからないものです。
今年もかからないと良いですね。
またどうぞ。
2008/11/22(Sat) 23:54 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
> 女医ママさん

ありがとうございます。
うちは打ってますよ・・・・痛くて嫌がるので一回しか打てないですが・・・。
集団に入っている子供はハイリスクですね。
またどうぞ。
2008/11/23(Sun) 00:02 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
お友達にこちらを紹介してもらいました。
とても参考になりそうでこれからもぜひ利用させていただきます。
さっそくですが、6ヶ月の乳児のインフルエンザワクチンについて教えていただきたいのですが、
先日小児科へ風邪でかかった際に次回、DPTとインフルエンザを一緒にすると言われました。
インフルエンザとDPTを一緒に同時に接種することは大丈夫なのでしょうか。
その先生は、「海外では5つのワクチンを同時にうつ国もある」とおっしゃってました。
他の小児科医のかたの意見も聞きたくて投稿させていただきました。
2008/11/30(Sun) 01:18 | URL  | マサマキ #-[ 編集]
> マサマキさん

ありがとうございます。
可能であると思いますが、公費と自費を一緒にするのは何かと面倒なような・・・・。
医学的には可能であると思います。
お大事にどうぞ。
2008/11/30(Sun) 23:26 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
1か月の乳児がいる場合
はじめまして。
検索していたら、そちらがヒットしてすごく勉強になりました。ありがとうございます。
教えてほしいのですが、1か月の乳児(母乳で育てています)は、母親がインフルエンザワクチンを受けていると免疫がついてインフルエンザにかかりにくくなるってことはあるのでしょうか?
私にはこの子の他に2歳の幼児がいて現在保育園に通っています。
お産した後、病院に勧められて、1か月の子供以外の家族全員インフルエンザの予防接種を受けました。
保育園の行事などがあるため、うつってくるのではと心配で、できるかぎりのことはやってあげたいと思っています。
もし、免疫がないばあいは、インフルエンザ予防接種したほうがいいのでしょうか?それともほかに予防策などありましたら教えてください。よろしくお願いします。
2008/12/11(Thu) 14:48 | URL  | hamana #Y/5fM40k[ 編集]
> hamanaさん

ありがとうございます。
お母さんからの抗体はまず期待出来ません。ワクチンの効果も期待出来ません。そもそも半年未満は一般的には打ちません。
周りが気を付けて持ち込まない事です。
お大事にどうぞ。
2008/12/11(Thu) 22:58 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。