• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『しつけ』が上手くいく秘訣 ⑧~⑫



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


⑧怖がらずに 『ダメ』 と言いましょう。

いつもこどもが喜んでいないと気が済まない親、
『ダメ』 と言われて悲しむこどもを見るのが耐えられない親になってはいけない。

こどもだって、悲しみ、怒りなど人には様々な感情があるという事を知るべきである。

人生において、欲しいものが何でも手に入るとは限らない。



今、こどもに『ダメ』を受け入れる事を教えておかなければ、
ある時、突然、挫折感を味わう事になる。





⑨悪い行動はつぼみのうちに取ってしまいましょう。

こどもの好ましくない行動は、その前か、遅くともその最中に注意しましょう。


例えば、ご飯の最中に必ず食べ物を投げ出すこどもが居たとする。

食べたくなくなってきてそういう事をするのなら、その時はすぐに机から降ろし、
また少し時間がたったら机に戻す。

そして食べたそうにするか様子を観察する。

良くない振る舞いをするのは、こどもがどんな気持ちの時でしょう。

眠そうなら 『眠いんでしょう』 とか、思い通りにいかなくてイライラしてたら
『イライラするのね』 と代わりにその場で言ってあげましょう。


叩く、噛み付く、かんしゃくを起こす、のは、
どんな気持ちの時であろうと許してはいけない。



自分の気持ちを理解させ、どうコントロールしたら良いか、
を教えるのが 『しつけ』 の本来の目的である。


ただし、当然怒りすぎ、脅しは良くない。




⑩良い事は褒め、悪い事は正すか無視しましょう。

親の中には 『ダメ』 と言う事には熱心だが、良い振る舞いには鈍感な人が居る。

実際には、
悪い事を叱るよりも良い事を褒める方がずっと大切
なのである。




⑪体罰は止めましょう。

『あなたのこどもがよその子をぶってたらどうする?』 と聞かれれば、
多くの親は 『やめさせる』 と答える。


親がこどもをぶって良い理由は無い


体罰はその場限りの解決策でしかなく、そこから前向きな答えは得られない。


それはこどもにイライラした時、困った時、
自分をコントロール出来なくなった時には、人をぶつのだと教える事になる。


体罰が反対だと思っている親でも衝動的にこどもをぶってしまう事がある。


こどもが道路に飛び出すなどの危険を冒した時などには、
恐怖心から反射的に手を上げてしまう事もある。

そんな時はフォローを忘れない事、謝る事が大切である。

手をあげても自分を責めてはいけない。
こどもをさらにつけ上がらせる事がある。


また、何故手をあげる事になったのか、あなたのイライラを冷静にチェックしてみる。




⑫妥協する事は愛情ではありません。

特に、外で働いているパパやママに多い。

『しつけ』とは物事を教える事であって、罰する事ではない。

協力する事は楽しく、また良い行いをすれば気分も良い、と言う事を教える。

こどもの好き勝手にさせて、物事の限度を教えていなければ、
それは決してこどもの為にならない。


『罪悪感 = 可哀想にこの子は1日中私の顔を見る事が出来ないんだ』  とか
『恐怖感 = 叱ったら嫌われてしまうかも』  とか
『現実拒否 = これは一時的な事だろう』  に負けているのかも知れない。


いずれにしても、これでは自分の感情をコントロールを教える事は出来ない。


あなたが自分の気持ちに負けてこどもの愛情を買おうとすれば、
こどもはもっと要求してくるようになる。


悪くすれば、そのわがままは抑えがきかなくなってしまう。




『トレイシー・ホッグ 赤ちゃん語がわかる魔法の育児書 2』 より。かなり改編。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。