• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、嘔吐・下痢時の脱水の予防・治療のための
『経口補液療法』 についてである。

 『嘔吐・下痢時の対処法について』 『こどもの脱水について』 も参照。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

--------------------------------------------------------------------------



『経口補液療法』 (ORT、oral rehydration therapy)


点滴からではなくて、積極的に口から適切な内容の水分、
経口補水液 (ORS、Oral Rehydration Solution) 補給を
試みることを、『経口補液療法』 と言う。


『ORS』 は、WHO(世界保健機構)、AAP(米国小児科学会)で推奨されている
胃腸炎の治療法で、塩分(ナトリウム)、糖分が適切な割合に調整されていて、
点滴に比べ、水・電解質が過剰に投与される危険が少ない事、
点滴しなくてすむため、こどもの痛みも、医療者の技術も、
経費も、軽減出来る事、
 などが特徴である。


嘔吐・下痢により、体から ナトリウム・カリウム は喪失し易く、
また、ナトリウム・糖分は水分吸収を促進する。

そのため、ナトリウム・糖分・カリウムなどの充分な摂取は必要である。


市販のスポーツドリンクは、
ナトリウムが少なく、糖分が多過ぎる。



『ORS』 は 『ORS』 として市販されているが、自宅で作る場合は、
砂糖40g+食塩3gを湯冷まし1000ml(1リットル)
溶かして作れる。

さらに、果汁(レモン、グレープフルーツなど)を絞ると飲み易くなり、
カリウムの補給にもなる。


脱水状態で無い時に飲むとしょっぱい感じがする。


与え方は、吐いてから30-60分位間をおいて、
顔色・表情が落ち着いたら開始する。


嘔気が激しい時には、吐いてから1-2時間の間、
何も与えない方が良い事もあるので顔色・表情をみながら進める。


最初はスプーン1杯から始め、
これを1-5分おきに少しずつ飲ませる。

5ml程度であれば、胃が相当に攣縮していない限り、吐く事はない。

少しずつ一回の量を増やしていくが、あまり一回量を増やすと再度嘔吐し、
かえって状態が悪くなる事もあるので注意が必要である。

少量ずつ、何回にも分けて与える。


最初は水分・食物が胃に溜まると嘔吐する事が多く、
嘔気があっても液を 胃の中に貯留させない ように
ゆっくり少量ずつ頻回に与えると、 少しずつ小腸へ達し吸収される。


例え、一部の液を吐いても大部分は小腸に達していて吸収されている事が多い。


ウイルス性の胃腸炎の場合、数時間-半日で嘔吐はおさまる事が多い。

吐き気止めの薬は殆どの場合、効果が無く時間が経つと治る 事が多い。

脱水症状を起こさずにしのぐ事が重要である。


3-4時間で、ORSを乳児で300-500ml程度、
幼児・学童で500-1000ml程度飲ます
が、
脱水の程度、体重でも 必要量が異なるため、
おしっこが出る事、元気が良くなる事、などが指標となる。


その後、嘔気がおさまってきたら食物を与える。


『食事の再開は早く行い、固形食を含む正常食とする』は、
伝統的に行なわれてきた食事療法と全く異なる。


ただし、やはり 『正常食』 といっても消化の良いものから始めたほうが良い。


嘔吐がひどくORSが進まなかったり、脱水の程度が強かったり、
グッタリして元気が無い時には、数時間の間何も口にせず、点滴を行ってから、
引き続き経口補液を行う事もある。


ちなみに、推奨されている 『ORS』 1本(500ml)の
ナトリウム量は、 味噌汁1杯、梅干1個程度
カリウム量は100%オレンジジュース1杯(360ml)、
バナナ1本程度
 である。

そういう意味では、好きなジュース・スポーツドリンク(少し薄めて)飲んで、
塩分・カリウムを別に食事から取っても良いと思われる。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
以前小児科でORSもらったことがあるのですが、子供はまずいと言って飲んでくれませんでした。
自宅でも作れるんですね。
推奨されるNaとKの量を知っておけば、自宅で脱水予防出来ますね。
息子はサッカーをやるので、これからの時期熱中症予防にお茶ではなくミネラルウォーターの方がいいのかなと考えていたのですが、自宅でおいしいORS作ってみようかと思います。
塩分の味が気にならなくなるかどうかがポイントですかね?
2008/06/24(Tue) 10:38 | URL  | 友坂美佐子 #-[ 編集]
> 友坂美佐子さん

ありがとうございます。
脱水がある時はそうしょっぱく感じないものですが、おいしくないとこどもは飲んでくれないのは事実です。
ある程度の糖分・塩分、出来れば多少のカリウム、が接取出来ると良いですね。
お大事にどうぞ。
2008/06/27(Fri) 22:18 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
補水と直接関係ないんですけど、
吐き気がある時、体を温めると吐き気が増す気がするのですが
何か理由があるんでしょうか?

また、足が冷たくなってる事はありませんか?

実は...、知り合いのナースから、
吐き気がある時は、足を温めてあげると楽になる
...と教わったことがありまして。
子供で試した事がないので、もし有効な様でしたら
育児中の知人にも教えてあげよう...などと。

成人で試してみた所、
空腹時に日本茶やコーヒー等飲み過ぎて嘔吐、
乗り物酔い、急性アル中の時にも
足下を温めると「楽になる」
...と言う意見(私自身も実感)が多かったです。

何か医学的に根拠がある様でしたら
レスお願い致します。(^^;

また、100%オレンジジュースは
風邪で吐き気のある時は飲んじゃダメ
...と某栄養士(知人)が言ってたんですけど、
ドロロンえん魔くんさんのところでは
問題なく使えている...と言う事でしょうか??

カリウム...も、なるほど...でした。
ジャガイモの味噌汁
今時(夏)ならスイカに塩、
リンゴの絞り汁...
麦茶で茶粥....に梅干し...など
簡単だし、良いかも知れませんね。

一時「ポ○リ」が流行って、脱水予防に勧める方が
多かったけど、自分達で試してみたところ
胃の負担を感じて「こりゃだめだ」...だったので
「なるほど」...でした。

ただ「ベビーポ○リ」...の方は、刺激も少なく
(成分チェックしてませんが)飲みやすく感じます。

子供に限らず、夏は大人も熱中症が心配なので
経口保水液のレシピを含め、とても参考になりました。
レモン汁のかわりにクエン酸(常備出来るから)...でも、良いですよね。
有り難うございました。

2010/07/27(Tue) 11:25 | URL  | たまちゃん #.zfh79b6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。