• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『薬』 には、抗アレルギー剤、けいれん止め、抗生剤、などのように
『病気そのものを治すための薬』 と、
カゼ薬、解熱剤のように 『症状を和らげるための薬』 がある。


『症状を和らげる薬』 なら 『飲めれば飲む』 といったスタンスで良いが、
『薬を飲まないと治らない』 といった場合、薬を飲ますのに苦労する。


さらに、定期的に時間通り飲んで血中濃度(血液中の薬の濃度)を保つ薬なのか、
飲めば飲んだだけ飲んだ時に効く薬なのか、という違いもある。


実際、多くの薬は、毎食後とか、朝・夕食後などと出されているが、
食後に必ず飲まなければいけないという薬は少ない。


抗けいれん剤、免疫抑制剤などの 『血中濃度を保つ必要がある薬』 は、
しっかり指示通り、定期的に飲まないといけない。


また、食事との関係では、殆どの薬は、食欲が無い場合、

食事が摂れなくても飲んで良い


ただ吐き気が強い時には、飲んでも吐くだけなので飲まない方が良い。


薬を飲む事を忘れないように、『食後』にしているだけであり、
食事との関係より、
決められた回数を確実に飲む事が大切
である。


また、1回薬を飲むのを忘れたからといって、
2回分をいっぺんにあげてはいけない


薬の飲み方、絶対に飲まないといけない薬かどうか、などは、
事前に医師に確認しておく必要がある。


実際の 『薬の上手な飲ませ方』 は、こども毎で異なり
その日の 機嫌・気分にも左右される 事も多い。

  『こどもの薬の飲ませ方』 参照。


特に薬を飲む時は 病気の時 なので飲まない事も多い。

普段からいざという時のためにこどもの好みを把握して、
薬を飲ませる方法を探っておくと良い。


粉薬が良い、水薬が良い、座薬が苦手、錠剤が飲める、などと、
飲み易い薬剤の情報をもらえると医師は大変助かる。





 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。