• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『親バカ』 と 『バカ親』 は違う、と勝手に定義している。

徐々に世間に 『バカ親』 が増えてきていて、病院にもよく現れて困る事がある。


『親バカ』 と 『バカ親』 はどこが違うのか?


『親バカ』とは、

我が子可愛さのあまり、こどもの的確な評価が出来ないで、
他人から見ると滑稽・愚かに思える行動をする事、である。


そもそも、『馬鹿』とは、次のような意味がある。

①知能が劣り愚かな事。
②社会的な常識にひどく欠けている事。
③つまらない事。無益な事。
④度が過ぎる事。程度が並はずれている事。
⑤用をなさない事。機能が失われる事。


自分としては、『親バカ』は、むしろ好意的に考え、
②ではなくて、④のような意味でとっている。


『親の愛情』が並外れている、と。

『野球バカ』 『車バカ』 と同じで、
好きでそればかりしている、その事には目が無い、といった感じである。


『バカ親』 は、②の意味が強い。


違いは、『人に迷惑をかける』 『こどもに悪影響』 である。



『バカ親』 の例は、

持ち込み禁止の携帯電話を生徒から取り上げた教師に、
『基本料金を日割りで払え』 と抗議に行った親。

おもちゃを取り合う園児を見て、
『取り合うようなおもちゃを置かないで欲しい』と申し入れた親。

生まれたての赤ちゃんの前でタバコを吸う親、
自分のこどもが他のこどもを怪我させても謝りに行かない親、などもそうである。


病気の時にこどもを心配する気持ちは大切であるが、
『親バカ』 も程度を越すと、『バカ親』になる。


熱を出したこどもが大変元気なのに、
診察の順番を待てず、『すぐ診ろ』 と凄んだり、
待つのが面倒と救急車で来たり、
説明しても納得せずにこどもに苦痛が及ぶ不必要な検査を迫ったり、
・・・・などである。


自分も親であり、『親バカ』 大賛成であるが、
『バカ親』 にはなりたくないものである。



機会があれば、『親バカ』 エピソードも書きたいが。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
始めまして(*^_^*)

バカ親が多いと思います。
「家の子に限って~」
と、すぐに自分の子どもは悪く無いと現実を見ようとしない。

そんな親を育てたのは、私達の年代だと心を痛めています。

そんな日々に感じたことを私もブログで書いています。

それでどうなるものでも無いけれど~


2006/09/18(Mon) 07:35 | URL  | satoko #BI/yN9aE[ 編集]
ありがとうございます。
はじめまして。

常識が常識ではなくなってきている恐怖を感じてます。

自分は世界一の『親バカ』だと自負していますが、『バカ親』にならない、させないように気を付けます。

今後も宜しく致します。
2006/09/18(Mon) 20:05 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
おはようございます。
誰もが親ばかでいいと思います。
私もその一人~でも愛情があってこその親ばか…

今の世の中~親ばかがこうじてばか親になっていってるんでしょうね!

私は幼稚園教諭に失望し~学校給食の調理師を経て~現在はメンタルケア心理士の資格をと思い、勉強中です。

どうなるものでもないかもしれませんが~自分なりの子育て論をと思いこのブログを開設しています。

これからも~意見交換でも出来たらと思いま
す。
2006/09/23(Sat) 08:13 | URL  | satoko #BI/yN9aE[ 編集]
ありがとうございます。

前に言った通り、育児に正解は無く、その子その子で違う所が難しい所です。

何かのヒントになれば、と書いてます。

なので、変な所があれば教えて下さい。

また宜しくお願い致します。

2006/09/23(Sat) 09:54 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
時間の多過ぎ,少な過ぎ。。?
子供と向かい合ってる時間があり過ぎるせいかも?
...と書いてるエッセイストがいました。
しかも、1対1...という空間(状況?)は、子供に対する『責任』が全て親にかかって来る訳で、人によっては、相当のプレッシャーがかかっているのでは??

昔の様に、親も子も大家族の中でいろんな人に弄られながら育児が出来る環境は少ないでしょうから、追い込まれた心が、我が子に関わる全ての場所や人に対し、厳しくなってる可能性って無さそうですか?
(発熱だって,ソレを感じた子の知恵熱..かも知れないし)
周りは、悪い事ばかりチェックし責めてたりしてないでしょうか?

うまく落ち着かせて、場合によってはカウンセリングを紹介する等...は、無理なんでしょうか?

医師に対し,無理な要望をするのだとしたら、どこにも甘える場所がなくて「甘えてる」のかも。
「日常」の「背景」も、一緒にぶつけているかも知れませんし、何らかの「障害」があるって可能性も。。。
検査が必要かどうか判断出来ないけど、誤診のニュースを見た後だったりすれば、自分の不安解消を優先したいのかも...と想像する事は無理でしょうか?(昔なら知恵薬が生きた例かも知れません)
病気だけでなく...と言う精神で、お母さんの精神を安定させられれば(難しいでしょうけど、技の見せ所)
一番安心するのは患者である「子供自身」なのでは??
(最近、It、と呼ばれた子...を読んだもので)頓珍漢かも知れませんが。。。
2010/07/19(Mon) 02:08 | URL  | たまちゃん #.zfh79b6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。