• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



卵アレルギーを有する児でも予防接種は大切であり、どんどん接種すべきである。
個人的にも御家族と相談の上、どんどん接種を勧めている。

インフルエンザワクチン接種にあたり、相談も多い。

今回は、卵アレルギー児のワクチン接種について、である。



 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

----------------------------------------------------------------------------

卵アレルギーを有する児が予防接種をする場合、
次のワクチンがこれまで問題とされてきた。



麻疹、ムンプスワクチン

厚生労働省作製の予防接種ガイドラインの中に、

『現行の麻疹及びムンプスワクチンは、
ニワトリ胎児線維芽細胞を用いた組織培養由来で、
卵白と交叉反応を示す蛋白は殆ど含まれていない。

このため、米国では、重度の卵アレルギーを有する小児でも、
麻疹及びムンプスワクチン接種児にアナフィラキシー反応のリスクは低く、
事前の皮膚テスト無しに接種出来る』、 と書かれている。

これらはまず問題にならない。



インフルエンザワクチン

極微量の卵白蛋白が含まれているが、年々精製技術は上がっていて、
製薬会社によっても多少異なるが、
卵白アルブミン量は 『0.3-0.5 ng/0.5ml』 と報告されている。

ただし、海外のインフルエンザワクチンは数十から数百ng/mlと日本に比べるとかなり多い。

ちなみに、μgはmgの1/1000、さらにngはμgの1/1000(つまりmgの1/1000000)である。

これは、前述の麻疹・ムンプスワクチンと同程度の量である。

さらに、実際の接種量は対象となる小児では0.1-0.3ml程度となるため、
卵白アルブミン量は極めて少なく、実際問題となるとは全く思えない。

卵の加工品を食べれている児では、
『卵』 という点では全く気にする必要はない



問題となるのは、卵摂取後にアナフィラキシーを起こした事がある児 位である。


卵白RASTスコア5-6でも、過去に卵でアレルギー症状を呈した事が無いような児で、
たまたまアトピー性皮膚炎などがあって発覚したような児では問題にならない。


アナフィラキシーを起こした事がある児では、
ワクチンの他の成分に反応する事もあり、
皮内テストをした方が無難
 である。

しかし、実際、稀にショックを起こす児は居るので (卵アレルギーで無くても)、
ショックに備えた体制無しで安易に打つべきではない。


ちなみに一般にアレルギー症状を誘発する抗原量は、
総タンパク量としてmg/mlレベルでは確実、
数μg/mlレベルでは個人差で出たり出なかったり、
ng/mlレベルではほぼ誘発しないと考えられている。

つまり、ng/ml程度ではアレルギーは起こらないと考えられている。

特に、1 ng/ml以下では考えにくい。


実際、卵などの表示義務のある特定原材料でも総タンパク量が、
数μg/mlレベルに満たない場合は、表示の必要性は無いとされている。
(現在10μg/ml以上で表示されている)

今のインフルエンザワクチンにはその程度の量しか含まれていない。


(実際の接種については主治医とよくご相談されて下さい。
 もし解らなければ地域のアレルギー、予防接種の専門の先生をお尋ね下さい)




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。