• 02<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本日で 65万アクセス を突破しました。

ありがとうございます。

2006年の8月20日に今のブログに引っ越してきて、1年2ヶ月で20万アクセスを越え、
1年6ヶ月で30万アクセスを超え、1年10ヶ月で40万アクセスを越え、
ついに、2年3か月で50万アクセスを越えました。

最近は月に1回更新程度・・・・しかも使いまわし的な感じです・・・。

それにもかかわらず、1日500-900人 程と以前よりは若干減っておりますが、
相変わらず多くの方に訪問して頂いております。

これからも何とかぼちぼち頑張って書いていきます。


 『総目次』 参照。


多くの方に読んで頂けると本当に嬉しいです。

ありがとうございます。

最近新しい記事を書けずにいますが、なかなかネタにも困っており、記事のネタ、
こういう事書いて欲しいな・・・というのを募集します。

今後も応援宜しく御願い致します。




コメントについてのお願い

ここの所、たくさんのコメントを頂きまして感謝しております。

しかし、内容的には早期の返事が必要な相談も多く、そういう趣旨で、
このブログは作成していないので、お返事は間に合わない事が多いと思います。

余裕がある相談、聞きたいこと、記事にしてほしい事、などは大歓迎ですが、
今日明日でどうこうという問題は是非かかりつけにご相談頂くようにお願い致します。


また、もちろん、返事については僕個人の考えですので、かかりつけの先生のご意見を一番に
尊重して頂いて、検査・治療にあたって頂くことをお願い致します。


ついでに、『管理人のみ閲覧出来るコメント』 についてですが、
これまでこれに対しては返信をしていません。

理由は、単純に、『mail』 も 『URL』 も記入されてない方が居て返事が書けないという事も
ありますが、オープンな討論をしたい(万が一にも独断と偏見の誤った知識を与える可能性がある事、
当然常に勉強しているつもりではありますが・・・)、
文字のみでは情報がきちんと伝わったか評価が出来ない事(オープンなら補足してもらえそう)、
過度の依存の危険性、などより個人的なやりとりは避けたいためです。


また、他の方々からもおかしい事・間違った事・疑問点はどんどん指摘して頂きたいと思います。


最後に、願いですが、1日1クリックもして頂けると大変励みになります。


 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  



スポンサーサイト


『抗ヒスタミン剤』 一般については、『抗ヒスタミン剤』 を参照して頂きたい。

今回は、『抗ヒスタミン剤』 と 『眠気』 について、である。

『飲酒運転』 が騒がれているが、『抗ヒスタミン剤』 も種類によっては、
自動車の運転を禁じられている。




 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------


抗ヒスタミン剤の副作用として鎮静作用があり、特に 『眠気』 が多い。

抗ヒスタミン剤を飲んだら、自動車の運転をしてはいけない、 
と抗ヒスタミン剤の注意書きにも明記してある。

日本で承認されている抗ヒスタミン剤のうち、
添付文書に眠気についての記載が無いのは、現在の所、
『アレグラ』 と 『クラリチン』 に限られている。

大抵の 『カゼ薬』 には、抗ヒスタミン剤が含まれている。


しかも、抗ヒスタミン剤の服用により、 『眠気』 を自覚しなくても、
作業効率の低下など中枢神経機能の抑制による認知機能の障害がみられる。

この事を、
インペアード・パフォーマンス(impaired performance)』 と呼ぶ。

インペアード・パフォーマンスは、多忙な現代社会において、
仕事、学業、家事に多大な影響を及ぼすという点で十分に考慮すべき事である。


抗ヒスタミン剤を飲むと、『グラス4杯分のウイスキー』 を飲んだのに
匹敵するほどの能率低下をもたらす、と指摘する専門家もおり、
その弊害は私達の想像以上に大きいと認識しなければならない。


『sanofi avenntis』 の 『アレルギーi』 参照。
http://www.allergy-i.jp/hifu/hisutamin/index.html


『インペアード・パフォーマンス』 と言うのは、
患者さんの自覚に関わらず、
集中力・判断力・作業能率が低下した状態

の事である。

抗ヒスタミン剤が脳に入ると活動性が抑えられる。

すぐ思い浮かぶのは 『眠気』 であるが、鎮静作用は眠気だけではなく、
他にもあり、それが 『インペアード・パフォーマンス』 である。

『インペアード・パフォーマンス』 が強くても全然眠くないって事もある。

お酒を飲むと、自分では酔っていないつもりでも思わぬミスをすることがある。

アルコール摂取時、抗ヒスタミン剤内服時、いずれも反応時間は遅くなっている。

1



『集中力・判断力・作業能率が低下した状態』 にあるのを自覚していない場合、
知らないうちに危険な状況に陥っている事も考えられる。


つまり、抗ヒスタミン剤の鎮静作用には、
『自覚出来る眠気』 と
『自覚出来ないインペアード・パフォーマンス』
の2つがある。


くれぐれも眠くないから大丈夫だとは思ってはいけない。



アメリカでは37州とワシントンDCで、鎮静性の抗ヒスタミン剤を服用して
運転することが禁じられている。

2



6500人以上の抗ヒスタミン剤を飲んだ事がある人へのアンケートで、
『服用後の自動車運転が禁止されている薬があることを知っている』 と答えた人は 24.5%
だったという調査結果がある。

3




また、脳内ヒスタミンは、『摂食行動』 にも関わっている。

満腹中枢にはヒスタミン受容体がたくさんあり、脳内ヒスタミンが結合すると、
『おなかいっぱい』 と感じて、食べることを止める。

抗ヒスタミン剤が脳に移行したら、摂食行動が抑制されなくなり、
つい食べ過ぎてしまう。

また、脳内ヒスタミンは交感神経を刺激して、脂肪を燃焼させる働きもある。

脳内ヒスタミンは2つの経路で、『過食防止物質』 として働いている。

そういう副作用もあるのである。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。