上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、変換ミスについてである。

『日本漢字能力検定協会』 で、メールや書類の作成中にうっかり間違えて
しまった “変換ミス” を募集している。


 『変“漢”ミスコンテスト②』 も参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

変“漢”ミスコンテスト
https://www.challenge-net.jp/henkan/




・お客様用トイレ                 お客彷徨うトイレ


                             そんなトイレ、見てみたい。





・遅れてすいません。回答案です。     遅れてすいません。怪盗アンデス


                             礼儀正しい怪盗である。





・リスト表を送ります               リスとヒョウを送ります


                             なんで・・・?






・ラフにハマってしまって・・・          裸婦にハマってしまって・・


                             裸婦って・・・。






・ドアは鎖かけてるから大丈夫        ドアは腐りかけてるから大丈夫


                             えー、大丈夫?





・花屋で献花買って行くね           花屋で喧嘩勝って行くね


                             頑張って下さい。






・八日以後お願いします。           要介護お願いします。


                             お願い致します。





・500円でおやつ買わないと          500円で親使わないと


                             500円で・・・。





・その辺大変でしょ?              その変態変でしょ?


                             どの変態も大変でしょ・・・?





・地区陸上大会                 チクリ苦情大会


                             つらい大会・・・。






・電車間に合いそう               電車マニア移送


                             何で?どこに?




スポンサーサイト


今回は、『ちゃぶ台返し』 について、である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

思う存分 『ちゃぶ台返し』
岩手・矢巾で世界大会
                       asahi.com 2007.6.24
  http://www.asahi.com/life/update/0623/TKY200706230285.html


『あんた、もうやめて』 という女性の叫び声を合図に、
ちゃぶ台をひっくり返し、飛んだ食器の距離などを競う催しが23日、
岩手県矢巾町で開かれた。

chabu


『ちゃぶ台返し世界大会』 と銘打った催しは、
『やりたくてもできないから』 と産直野菜を販売する団体が企画。
優勝は、食器などを約3メートル飛ばした男子大学生(21)だった。

ちゃぶ台返しと言えば 『頑固なオヤジ』 のイメージだが、
参加者12人の半数は女性。同町の主婦(63)は
『家でこんなことしたいとは思わないけど、すっきりした』。

-------------------------------------------------------------------------------

『ちゃぶだい』 は漢字で 『卓袱台』 と書く。

大正から昭和40年代にかけて、日本の家庭で一般に用いられた四脚で
折りたたみの出来る木製の食卓。食卓としての利用が基本の用途だが、
机や作業台としても利用される汎用の座卓である。
楕円形や四角形の物もあるが、一般的には円形をしている。

折りたたみの出来ない座卓は卓袱台とは呼ばない

小さな卓袱台を家族で囲んで食事をし、子供の勉強机として利用され、
母親が裁縫をする台としても使われた。常に家庭の中心にあったので、
家族団らんの象徴でもある。


『ちゃぶ台返し』

『巨人の星』 のエンディングで、主人公 星飛雄馬の父親で極端な
スパルタ教育で知られる星一徹が、卓袱台をひっくり返すシーンが
毎回見られたことから、『一徹』 = 『ちゃぶだい返し』 という
イメージが一般化した。しかし、実際に本編中では全話の中で一度しか
卓袱台をひっくり返すシーンはない。





今回は、『診療にあたる心構え』 というか、『座右の銘』 というか、
そういう言葉について、である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------


『病気を診ずして病人を診よ』
see the patient,not the disease

k


東京慈恵会医科大学の創設者、高木兼寛 は建学の精神として、
『病気を診ずして病人を診よ』 と提唱し、病める人を全人的に治療する事の
重要性を指摘した。

また、兼寛は、病人の側に立つ全人的医療 こそ、時代を超えて
医師がなすべき使命だとして、医の心をもつ医師の養成を行った。


高木兼寛(1849~1920)
医師、教育者。鹿児島で西洋医学を学び上京。海軍軍医を務め、5年間の
イギリス留学を経験、海軍軍医総監、日本初の医学博士、男爵などの栄誉を得た。
その間、東京慈恵会医科大学の前身となる成医会講習所、有志共立東京病院、
看護婦教育所を設立。また、麦飯の採用などで兵食を改善し、海軍の
脚気を撲滅、『麦飯男爵』 として親しまれた。


兼寛は、研究のための医学ではなく、実際に目の前の患者を治す能力のある
医師を養成したいと強く願っていた。

『病気に苦しむ人を救済する施設を作ることが社会の義務だ。
人間が何より苦しいのは貧乏の上に病気になることだ。これを救わねば
社会の発展はあり得ない。そのためには、どうしても施療病院を作らねばならない』
と考え、貧しい人でも治療が受けられる病院を設立した。

そこで、兼寛が情熱をもって実践したことは、
『他人をいとおしむ心は、精神的に自立した人間 でなければ
十分に成熟しない。医師が対応するのは 『意識』 をもった病める人間である。
医師たる者は、病人の痛みがわかる、温かい心をもった人間
でなければならない』 という考え方であった。


『病気を診ずして病人を診よ』 という言葉にはこのような意味がある。


現在の医学・医療は、技術の進歩によって人々の大きな恩恵を与えてきたが、
その反面、臓器中心・疾患中心で人間不在 である、
などの批判が起きている。


『小児科医になった理由』 でも書いたが、自分も
『全人間的に診療したい』 と思っている。


診断が難しい患者さんなどを 『うちの科じゃない』 とたらい回しにする、
病気だけを診て人としてコミニケーションが取れない、などが問題となっている。

病名ばかりに気をとられて、患者さんの姿が見えなくなる
それは、そのまま、医療本来の姿を見失う 事を意味する。

病気の治療のみでなく、病人の悩み・痛み を診る事も忘れてはいけない。


自分も、重々、肝に銘じて頑張りたいと思っている。






今回は、『こどもの褒め方』 について、である。

『ADHDのペアレントトレーニング』 という本から紹介する。

基本については、『ペアレントトレーニング』 を参照。

こどもの褒め方については、『こどもの褒め方』 も参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------

こどもの褒め方


『注目こそ力である』

私達は皆注目を必要とし、それを求めている。

自分の努力あるいは自分自身が皆に無視された日は悲しい1日になってしまう。

こども達も同じように注目を必要としている。
注目されることで、その行為は増えていく

こどもは、良い振る舞いをする事で 肯定的な注目 を得るより、
トラブルを引き起こして 否定的な注目 を得ようとする事がある。

あなたの注目を得られるという、最もてっとり早い方法を見つけたからである。

親にかまってもらえない子が、親の気をひきたくて、わざといたずらなどをする。
親が怒ると、さらに何度もいたずらを繰り返す。

1人で遊んでたり、悪い事をしていない時は注目せず、こどもが意地悪したり、
悪い事をすると、すぐさまとんでいったりする。

私達は、常に望ましい行動よりも望ましくない行動に注意を向け、
こども達が褒められるより叱られるように向かうように
『訓練』
 しているのである。

『肯定的な注目を与える』 =褒める、事は、
あなたがして欲しい、もっとして欲しい行動を増やす。


一般的に褒めてあげれる事だけでなく、『してほしい行動』 をした時には
どんどん褒める。


『してほしい行動』 は、ほんのささいな事で良い。

何かを貰った時、『ありがとう』 と言う
読書をする
1人で遊ぶ
自分で靴を履く
友達とおもちゃを一緒に使う
元気良く目を覚ます
家の中で大声をあげて話さない
怒っている時にたたかないで言葉で言う
呼ばれたらすぐに来る
夕食の準備を手伝う


肯定的な注目の与え方には、褒める、励ます、感謝する、興味・関心を示す、
などがある。

褒め始めると、こどもはその行動をいっそう頻繁にするようになる。


褒める基本

①行いを褒める
こどもを褒めるのではなく、行動を褒める。
『良い子ね』 ではなくて、『お布団の用意がよく出来たね』 などである。

②タイミング
出来るだけ早く褒める、行いの最中または直後に。

③目
こどもと視線を合わせる。
こどもがあなたの言っている事を聞いているか確認する必要がある。
こどもをあなたのそばに呼ぶか、こどもの所に行く。

④体
こどもと同じ目の高さにする。
幼いこどもにはしゃがみこんで安心させる。
軽く抱きかかえる、手で撫でたり、する。

⑤表情
嬉しそうな表情を見せる。微笑んだ方が良いが、微笑みたくなったらそうする感じで。
あなたの言葉と同じように伝わる。

⑥声の調子
暖かみのある言葉で。
こどもがした事で、あなたの気持ちが良い事を表していなければならない。

⑦言葉
メッセージは短く、明瞭で、肯定的でなければならない。
気持ちを込めて言う。

⑧効果的に褒める
肯定的な注目を受ける時、あなたのこどもはどんなやり方が一番好きか考える。
言葉で?、それとも言葉ではなくて?(例えば、親指を上に向けるサイン)
静かに?(耳元で囁く)、賑やかに?(感情を大袈裟に)

他の児の前で?こどもの前で夫に話す?、などそれぞれのこどもにとって、
効果的な褒め方をする。

⑨皮肉を避ける
辛口のコメントは一切含んではいけない。

『よくやれたね。でも、もっと早くやってれば・・・』
『ほら、出来ると言ったでしょう。私が言った通りでしょ?』

これらは褒めようとするあなたの努力を台無しにする。

⑩比較をしない
褒められるためには『1番』でなければならないと、思わせてしまう。
兄弟の比較も、競争を強い、敵意を抱かせる。
こども一人一人が自分の良い事を褒められたと感じる事が大切である。

⑪そのプロセスを褒める
こどもは今している努力を認められ、励まされると、自分が高く評価されている
事を知り、ますます協力的になる。
して欲しい行動を始めた時、しようとしている時、している時、に褒める。

⑫褒める事を習慣にする



『ADHDのペアレントトレーニング』 より




『保湿剤の塗り方①』はこどものドライスキンに対するスキンケアの考え方について、
『保湿剤の塗り方②』 は実際の塗り方について、である。

ステロイド軟膏の塗り方については、『ステロイド軟膏の使い方』 参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------

保湿剤の実際の塗り方について


塗る量

『FTU (finger-tip unit) 』 という単位がある。

人差し指の指腹側の先端の1関節、
指の関節は3つあり、その一番先端の部分=2~2.5cm程に、
チューブから軟膏を押し出した量を 『1FTU』 という。

また、ローションタイプでは1円玉大で 『1FTU』 になる。

『1FTU』 は約0.5gで、その量で塗れる範囲は、
片方の手首から先の両面(手のひら+手の甲)である。


例えば、片腕で3FTU、体幹のおなか側で7FTU、背中で7FTU、顔と首で2.5FTU、という具合である。

クリームタイプの保湿剤の場合、適量塗ると、
『かろうじて光る』 程度であり、
ティッシュペーパーが皮膚に付着する。




塗る回数

1日1回塗るだけでは保湿効果は低い。

1日2~3回塗る必要がある。

そのうち1回は、入浴後早い時期に塗ると効果的である。

入浴により上昇した角質の水分量は、
入浴後20分程で入浴前と同じ程度にまで低下する、というデータがあり、
入浴後20分以内に塗ると効果的である。




塗り方

特に決められた順番は無いが、顔から下に進めていくと塗り易い。

保湿剤を点在させ、それぞれ円を描く様に、マッサージするように滑らせて伸ばす。

寝る剤形は、こどもの嫌がらない剤形が良い。

特に、頭などの有髪部・夏場はローション・化粧水タイプ、
冬場は保湿効果の高い油脂性軟膏、などが望ましい。



マルホ 『保湿剤の塗り方』 も参照。
https://www.maruho.co.jp/hoshitsu/





今回は、『医師不足』 のニュースについてである。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------

医師不足:『4万人』 診療体制、非常勤頼み
厚労省の統計分析

                          毎日新聞 2007.6.1
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070601k0000m040164000c.html

常勤医だけで現在の診療体制を維持するには、少なくとも約4万人
の医師が足りないことが、厚生労働省の統計を基にした東北大研究チームの
分析で分かった。全国の医療機関が報告した診療に従事する医師数の合計が、
実際の医師数を約4万人上回っていた。報告は非常勤医も常勤医とカウントしており、
常勤医の不足をアルバイトで診療にあたる大学病院の医師らが補っているため
とみられる。日本は 大幅な医師不足 の状態にあることが、
国の統計から裏付けられた形だ。

分析は、医師が2年に1回、勤務先などを届け出る 『医師・歯科医師・薬剤師調査』
と、医療機関が3年に1回、勤務医数(非常勤医師も常勤医師に換算)などを
報告する 『医療施設調査・病院報告』 を基に、診療に従事する医師数を
比較した。

その結果、02年度の調査では、全国の医療機関が報告した医師数は
計29万286人だった。しかし、医師調査によると、保健所勤務など診療に
従事していない人を除いた医師数は24万9574人で、4万712人の差があった。
診療現場では 約29万人の医師が必要 にもかかわらず、
約25万人しかいない ことになる。

さらに、過去の両調査を分析すると、96年にも4万7028人
90年にも4万6674人の差 があり、同様の医師不足が続いていた
ことが分かった。

研究チームの伊藤恒敏教授は、
国は長年にわたって医師不足を放置してきた ことになる。
非常勤医師は当直業務に当たることが多いが、当直も常勤医でこなすのが
本来の姿。日本の医師不足は深刻 で、非常に不健全な状態だ』
と指摘している。

----------------------------------------------------------------------------

1990年から4万人不足が続いている・・・

少なくとも、『医師不足』 になってから、もう17年経っている。

『今更』 なのかも知れないが、やはり何とかしないといけない。

このままでは、本当に崩壊してしまう。




その他の、『医師不足』 の記事についても、参考にして欲しい。

 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・医師不足②
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。