上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ついに出た。

今回は、インフルエンザの可能性が低い児がタミフルを服用して異常行動を
起こした、というニュースである。




インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』
 『タミフル 10代の使用制限』
 『14歳男児 タミフル服用せず飛び降り』
 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』 
 

その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

タミフル:9歳女児が異常行動、
インフルエンザ無関係 服用の影響濃厚

                           毎日新聞 2007.3.28
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070328dde001040048000c.html

インフルエンザ治療薬 『タミフル』 服用後に家を飛び出そうとする
などの異常行動を起こした女児が、その後の検査で、インフルエンザではない
との結果が出たことが28日、分かった。こうした患者が明らかになるのは初めて。
タミフル服用後の異常行動の原因はインフルエンザ脳症ではないかとの指摘が
あるが、タミフルの影響を示す例として注目されそうだ。女児を診療した
都立八王子小児病院の久保田雅也医長(小児神経)が、タミフルの輸入販売元の
中外製薬に報告した。

女児は9歳だった昨年3月、近くの開業医を受診した。39度の発熱で風邪と
診断されたが、家族の要望でタミフルや解熱剤などを処方された。

その日の夜、女児はタミフルを服用した後に就寝したが、2、3時間後に目覚め、
叫んで家の外へ飛び出そうとした。家族が体を押さえ、異常は5分ほどでおさまった。

約1時間後に同小児病院を受診、久保田医長が診察したところ、意識は清明で、
受け答えも正常だった。インフルエンザの迅速診断キットで検査したが、
結果は陰性 だった。さらに、のどの粘液と血液を採取し、
東京都健康安全研究センターに検査を依頼したが、インフルエンザウイルスは
検出されなかった。

久保田医長によると、小児病院受診時の女児の体温は 36.8度
異常行動から約1時間で熱が急に下がるとは考えにくく、原因が高熱
だった可能性は 薄い という。てんかん発作が原因とも考えられるが、
1年後の今もてんかんの症状はなく、女児はてんかんではないとみられる。

このため、久保田医長は 『女児の異常行動は、タミフルの影響 ではないか』
と指摘。一方で 『タミフル発売前にインフルエンザで39度の熱を出し、
2階から飛び降りた男子小学生も知っている。タミフルで起きる異常行動
と、インフルエンザで起きる異常行動 の両方があるのではないか。
少なくとも、インフルエンザと診断されないのにタミフルを服用するのは
避けてほしい』 と話している。


重要性高い初事例--山本英彦・大阪赤十字病院救急部長の話

この女児は、インフルエンザではなく、タミフルのために異常行動が起きた疑いが
濃い例だと考える。タミフル服用後の異常行動で、インフルエンザウイルス不在
との検査結果が出た例は初めてで、重要性は高い。


◇タミフル影響疑い--加藤達夫・国立成育医療センター病院長の話

検査で陰性でも、実際にはウイルスがいた可能性は残る。一方、従来問題に
なっていた異常行動と年齢や異常の内容がよく似ており、検査結果の通りなら
タミフルの影響が疑われる例だ。タミフルの問題を考える上で貴重な例だと思う。

--------------------------------------------------------------------------------

異常行動は、

①インフルエンザウイルスのせい
②タミフルのせい
③インフルエンザ+タミフルのせい
④熱のせい


などが考えられ、いずれのケースもあると思われる。

理由を一つに絞る必要はない。

ただ、次に出るニュースは、インフルエンザでない熱で異常行動を起こした、
というものであろう。


昔からインフルエンザの 『熱せん妄』 はよく知られている。

タミフル発売以前から、1シーズンに何人かは異常行動で受診された。

ただ、タミフルがその症状を増悪する可能性は否定出来ない。

もう最近ではタミフルを欲しがる親御さんは滅多に居ない。

救急で受診される患者さんが減ったのも解り易い減少である。




スポンサーサイト


今回は、タミフル服用した10歳未満の患者さんでも異常行動を起こした
というニュースである。

仮にタミフルが悪いとして、『10歳未満』 『10歳以上』 という年齢で
適応が決めれるはずがない。

当然、10歳以上の未青年でありえるなら、10歳未満にも起こる
と考えるべきである。



インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』
 『タミフル 10代の使用制限』
 『14歳男児 タミフル服用せず飛び降り』 
 

その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

タミフル服用10歳未満でも異常23件
厚労省、調査急ぐ

                   2007.3.24 産経新聞
  http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070324/knk070324001.htm

インフルエンザ治療薬 『タミフル』 を服用した10代の男女が転落などの
異常行動で死亡するケースが相次いでいる問題で、10歳未満でも服用後に
異常行動を含む精神、神経症状を起こしたとの報告が、平成16年4月から
17年末までの約2年間に計 23件 あることが24日分かった。
これらの中に転落事例はなかった。

タミフルとの因果関係は分かっておらず、厚生労働省が調査を急いでいる。
同様の症状はインフルエンザ自体によっても起きるとされているが、
10歳以上の異常行動死が注目される中、10歳未満についても注意を徹底する
必要が出てきた。

タミフル販売元の中外製薬から厚労省所管の独立行政法人 『医薬品医療機器
総合機構』 への報告によると、タミフルを服用した10歳未満の精神、
神経症状が16年4月以降の1年間に9件、17年4月から同年末までに14件あった。
死亡例の報告はなかった。昨年以降分は同機構が集計中。

計23件の男女別の内訳は、不明1件を除き、男児が14件、女児が8件。
具体的には 『幻視』 『譫妄(せんもう)(精神的興奮を伴う意識の混濁)』
『幻覚』 『意識レベルの低下』 『けいれん』 などで、うち17年には
異常行動の報告が2件あった。中外製薬によると、内容は 『足をばたばたさせる』
と 『歩き回る』 で転落ではなかった。

厚労省は異常行動による10代男女の死亡例が相次いだのを受け、今年2月末に
インフルエンザにかかった子供を1人にしないよう注意喚起した。

しかし、その後も異常行動でけがをした10代男子のケースが報告されたことから、
10代へのタミフル投与の原則中止を決定。同省は 『体格が大きく、
親が近くにいても異常行動を止められない恐れがある10代は中止とする一方、
10歳未満はインフルエンザで死亡する危険性が高い ため
対象から外した』 としている。

10歳未満での異常行動を含む精神、神経症状について、厚労省は
『ほかの(10代などの)報告と同様にあらためて詳しく調べる。
タミフルを処方するかどうかは慎重に判断するとともに、処方された子供を
2日間は1人にしないよう注意してほしい』 と強調。中外製薬は
『厚労省の調査に全面的に協力し、今後も広く情報収集に努めたい』
としている。

-----------------------------------------------------------------------------

『10歳以上』 という限定を出して、『幼児には使える』
という逃げ道を作ったつもりであろうが、そう年齢でスパッと切れるものでは
ない事くらい、国民は解っている。

しかし、実際、自分の児が苦しんでいる姿を見ると、『タミフル』 を
使いたくなるのも解る。

繰り返しのタミフル情報、インフルエンザ脳症・新型インフルエンザの
恐怖などをあおり、『インフルエンザはタミフルで治る』 という
洗脳がなされているからである。


『うちの児は10歳未満だから・・・』

そう考える親御さんも居るであろう。

適正な情報無しに、さらに不安におとしいれる。


『インフルエンザはタミフル無しで治りますよ』

何故マスコミはそういう論調にしないのか?

利益が絡んでいるとは思うが、国民に適正な情報を流して頂きたい。





今回は、10代のインフルエンザ患者さんが 『タミフル』 服用なしで
飛び降りてしまった、というニュースである。

インフルエンザそのものに 『せん妄』 という異常行動があり得るので、
特にニュースでは無いが、マスコミにかかるとこうなってしまう。


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』
 『タミフル 10代の使用制限』 
 

その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り
                             2007.3.23 読売新聞
        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000301-yom-soci

西日本で先週末、インフルエンザにかかった男子(14)が、自宅2階から
飛び降り、足を骨折していたことがわかった。
タミフルは服用していなかった

主治医によると、この男子は15日、38度の熱があり、翌日いったん熱が下がったものの、
17日未明に自宅2階から飛び降りたとみられ、玄関先で倒れているところを発見された。

病院搬送時に熱があり、検査で B型インフルエンザ に感染
していたことがわかった。男子は 『夢の中で何かに追われ、飛び降りた』
と話しているという。

タミフル服用後の 『飛び降り』 事例が相次ぎ、薬との因果関係が
疑われているが、服用していない患者の飛び降り例はこれまで
あまり報告がない という。このケースは来月、厚労省研究班会議で
報告される予定。

----------------------------------------------------------------------------------

インフルエンザそのものによる『せん妄』 『異常言動』 は以前から
知られている。

現場では、『熱せん妄』 と 『脳症』 の区別が非常に難しく、
困惑するケースが多い。

『タミフルを服用していない患者の飛び降り例はこれまであまり報告がない』
と言うが、誰がどこに、内服してない患者さんが異常行動を起こしたと
報告するのだろうか?

タミフルが悪いと決め付ける前に、異常行動そのもののデータをきちんと
とって欲しいものである。

これは、全くニュースになる記事ではない。

まさか、『タミフルは悪くない』 なんて論調にはならないであろうし、
薬の恐怖をあおる、今度はインフルエンザの恐怖をあおる、一体そんなに
患者さん・国民を振り回してどうしたいのか?


さらに、次の記事 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』 に続く。





今回は、『リレンザ』 の供給状況についての記事である。

 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』    も参照。


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』
 『タミフル 10代の使用制限』 


その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

『タミフル 10代の使用制限』 にも書いた通り、
事実上、10代の患者さんにタミフルは使用出来なくなった。

すると、『リレンザ』 に飛び付く患者さんが増えるのは容易に想像出来る。

実は、愛知・仙台でタミフル服用後に転落死?の話題の頃から、リレンザの
受注・処方が相次いで既に 在庫が底をついている

市場にはもう殆どないであろう。


タミフルは昨・今シーズンと 1200万人分 を用意していた。

そもそも異常な量である

それに対し、リレンザは昨シーズンは 10万人分
今シーズンは 30万人分 用意した。 

昨年の3倍に増やしているが、タミフルと比べると、まだまだ40分の1である。

リレンザももう使えない


これでやっと、薬無しでインフルエンザに立ち向かう風潮になってくれるか?


過熱な報道に国民が、患者さん達が、右往左往させられていて、非常に
気の毒である。


発熱 ⇒ 元気でもすぐに外来、夜でもすぐに救急外来
⇒ インフルエンザの検査 
⇒ 基礎疾患無くても、元気でも、タミフル・リレンザ


の流れが変ってくれる事を望む。





今回は、10代 の患者さんに対する 『タミフル』 の 使用制限
についての記事である。


 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』 も参照。



インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』    


その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

タミフル服用後の飛び降り・転落の報告は15件 厚労省
                              2007.3.21
    http://www.asahi.com/special/070320/TKY200703210225.html

厚生労働省は21日、インフルエンザ治療薬 『タミフル』 服用後、
自宅2階から飛び降りて大けがをする事故が新たに2件発生したとして、
輸入販売元の 『中外製薬』 に対し、添付文書の警告欄に
10歳以上 の未成年の患者に、原則として 使用を差し控える こと』
を書き加え、医療関係者に緊急安全性情報を出して注意喚起するよう指示した
と発表した。事実上、10代の使用を制限 する措置となった。

また同日までに同省に報告された10代の飛び降り・転落事故は 計15件
あることも判明した。

厚労省は21日午前0時から、同省で緊急記者会見を開いた。中外製薬幹部も同席した。
10代に区切って使用制限したことについて、体の大きい子どもの異常行動を
親らが抑えることが難しいため、などと説明した。

指示のきっかけになった2件の異常行動は20日、同省に報告された。
12歳の男児が2月7日、37.8度の発熱があり、医療機関でインフルエンザB型と
診断された。昼と夜にタミフルを飲み、8日午前2時ごろ、素足で外に出て、
近くの駐車場へ走り出した。父親が家に入れたが、2階の窓から飛び降り、
右ひざを骨折した。入院後、独り言や、突然笑い出すなどの症状があったという。

別の12歳の男児は3月18日に発熱。19日、インフルエンザB型と診断され、
2度タミフルを服用、同午後11時半ごろ、家で就寝したが、約30分後に
突然2階に駆け上がり、母親に連れ戻された。その後もう一度2階に上がり、
家族が追いかけたが間に合わず、ベランダから飛び降りた。右足のかかとを
骨折した。

いずれも、命に別条はないものの、本人に飛び降りた時のはっきりした記憶は
ないという。

同省は 『タミフルカプセル75』 と 『タミフルドライシロップ3%』 の
添付文書の警告欄の改訂を指示した。使用制限のほかに、自宅にいる際には
少なくとも2日間、保護者は未成年者が1人にならない配慮
をするよう患者・家族に説明する』 とも加える。

医師ら向けの緊急安全性情報の配布を同省が指示するのは04年3月以来。
中外製薬の上野幹夫副社長は 『指導にもとづき速やかに実行したい』 と話した。

一方、21日に明らかになった15の飛び降り・転落事故例のうち、同省が公表
していたのは死亡の4例を含む6例。他のケースを公表しなかったことについて、
『愛知県、仙台市で連続して転落死が起き、注意喚起をした2月28日以前の事故
だったため』 と説明している。

------------------------------------------------------------------------------

tamihuru


中外製薬のHPにも 緊急安全性情報 が出ている。

『緊急安全性情報 タミフル服用後の異常行動について』
http://www.chugai-pharm.co.jp/html/info/070321.html


厚生労働省からの、10代のインフルエンザ患者さんへの 『タミフル』 の
使用制限の勧告である。

基礎疾患が無ければ、『タミフル』 は使用すべきではない、というもので、
10歳以下の患者さんの親御さんにも抑制がかかると思われる。

『タミフル』 を避けて、『リレンザ』 の使用が増えていけば、
同様な事が 『リレンザ』 でも起こると思われる。

 
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』  も参照。


やはり、抗インフルエンザウイルス薬は、全身状態、基礎疾患 に応じて、
使用すべきである。







今回は、一休みして、『たまご』 についての雑学である。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

----------------------------------------------------------------------------


『卵』 と 『玉子』 の違いとは?

『たまご』 は漢字で 『卵』 とも 『玉子』 とも書くが、どう違うのであろうか?


一般的に、生物学的な意味 での 『たまご』 = 『卵』
食材として の 『たまご』 = 『玉子』
という使い分けがされているようである。 

かえって(孵化して)育つものは 『卵』 で、魚・虫・蛙などの 『たまご』も
『卵』 となるようである。

それに対して、食用を目的とした 『たまご』 は 『玉子』 である。

そもそも、食用のため大量に生産している 『たまご』 の多くは無精卵であり、
孵化する事は無く、最初から料理用であり、『玉子』 である。


ちなみに、無精卵と有精卵で栄養価の差はない。



『ゆでたまご』 と 『生たまご』、日持ちするのはどっち?


答えは、『生たまご』 である。


生たまごは、細菌に対する防御機能を持っている。その防御機能の一つに
『リゾチーム』 と呼ばれる酵素が含まれており、このリゾチームが、
外部から侵入してくる一部の細菌類を溶かしてしまう働きがある。

しかし、このリゾチームは加熱調理する事で機能が低下してしまうため、
ゆでたまごでは生たまごより日持ちが悪くなる。


『リゾチーム』
坑ウィルス作用、消炎作用、組織修復作用、など、様々な作用があるため、
『塩化リゾチーム』 として、風邪薬、目薬、歯磨、トローチ、殺菌剤など
医薬品に広く使用されている。


『卵酒』 は、『リゾチーム』 の作用と、アルコールの血管拡張作用などが
合わさって、カゼに効くのであろう。






今回は、『仮性アレルゲン』 について、である。


 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの診断』
 『食物アレルギーの治療』 なども参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

仮性アレルゲン

食物アレルギーでは、抗原をキャッチした肥満細胞などから、
『ヒスタミン』 『アセチルコリン』 などの化学物質が放出されるが、
食物自体にヒスタミンなどを多量に含んでいるものもある。

これらを多量に食べると、皮膚が痒くなるなどアレルギーに似た症状が
引き起こされる事がある。

これは、免疫反応を介さない反応であるが、食物アレルギーと似かよった症状を
示すので、一般に 仮性アレルゲン と呼ぶ。


通常は、一度にたくさん食べなければ心配ないので、少しずつ食べる、
食べる頻度を少なくする、などとすれば良い。

ゆでこぼしをする と仮性アレルゲンを減らす事が出来る、
魚介類では鮮度が落ちると仮性アレルゲンの量が増える、と言われている。

体調が悪い時 には、こうした食品は、避けた方が良い。



仮性アレルゲンの食品例

ヒスタミン
ホウレンソウ、トマト、ナス、トウモロコシ、セロリ、タケノコ、エノキダケ、
ジャガイモ、豚肉、牛肉、鶏肉、チーズ、鮮度の悪い青魚、など。

アセチルコリン
トマト、ナス、タケノコ、ピーナッツ、ヤマイモ、サトイモ、ソバ、栗、など。

セロトニン
トマト、バナナ、パイナップル、キウイフルーツ、メロン、など。


その他、冷凍のタラなどに含まれるノイリン、甲殻類などにに含まれる
トリメチルアミン、などといった仮性アレルゲンもある。






今回は、『小児科医の過労死』 についての裁判の記事である。


詳細は、『小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会』 参照。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

----------------------------------------------------------------------------


小児科医自殺、過労が原因の労災と認定
                             2007.3.14
   http://www.asahi.com/national/update/0314/TKY200703140402.html

東京都内の民間病院の小児科に勤めていた中原利郎医師(当時44)が
うつ病にかかり99年に自殺したのは、過労やストレスが原因だとして、
妻が労災を認めるよう訴えた訴訟の判決が14日、東京地裁であった。

佐村浩之裁判長は、小児科医が全国的に不足していた中、中原さんが
当直医の確保に悩み、自らも多いときは月8回にも及ぶ宿直で睡眠不足に
陥ったと認定。自殺は過労が原因の労災と認め、遺族に補償給付金を
支給しないとした新宿労働基準監督署長の決定を取り消した。

過労死弁護団全国連絡会議によると、小児科医の過労死はこれまで2件が
労基署段階で認められたが、自殺した医師の認定例はなかった。
医師の自殺を労災と認めた判決としても、全国で2例目という。

原告側代理人の川人博弁護士は、
『判決は小児科医の深刻な労働条件に警告を発した。
政府や病院関係者は事態を改善すべきだ』
 と話している。

佐村裁判長は、小児科の当直では睡眠が深くなる深夜に子どもを診察する
事が多く、十分な睡眠は困難だと指摘。 『社会通念に照らし、
心身に対する負荷となる危険性のある業務
と評価せざるを得ない』 と述べた。

判決によると、中原医師が勤めていた立正佼成会付属佼成病院の小児科では、
医師の転職や育児による退職が相次いだ。中原医師が部長代行に就いた
99年2月以降は少ない時で常勤医3人、非常勤1人にまで落ち込んだ。
同年3月の勤務状況は、当直8回、休日出勤6回、24時間以上の連続勤務が7回。
休みは2日だけ だった。

新宿労基署は、うつ病を発症した同年6月までの半年間の時間外労働は
月平均約50時間で、 『当直中は仮眠や休養も可能』 であり、
実際に働いた時間はさらに下回る として、発症の原因は、
中原さん個人の 『脆弱性』 だと主張していた。

---------------------------------------------------------------------------

そもそも裁判に至る行政の考え方が問題である。

行政が、『当直は勤務時間ではない』 
『発症の原因は中原さん個人の脆弱性』 などと考えている以上、
これ以上の医療問題の解決はない。


『小児科医の遺言状』 には亡くなる前の状況、その 『遺志』 が書かれており、
是非一読されて欲しいが、その中にある 『妻として、母として』 から一部抜粋する。

         --------------------------------

『労働基準監督署は働きすぎでは無い、という判断を下しました。
当直は労働時間ではない、過酷な長時間勤務は無かった
という理由でした。勤務先の病院からは 『労災申請は詐欺罪だ』 と
言われる始末で、もしかすると私の言い分は違っていたのかもしれない、
とも思うようになりました。『医者であれば、月8回の当直は常識
もっと頑張っている医者もいる』 とか、『医者のくせに自ら命を絶つのは
許しがたき行動。心が特別弱かった』 という仲間の声まで聞こえてきました』

         -------------------------------

こんな風に考えている人が居る世の中では、一生懸命、身を削って、
仕事をしても、全く報われない。

医者の間では、貧乏自慢のように、月10回当直した、とか、1週間帰ってなかった、
などと苦労自慢をして、他の医者にもっと働けと促す風潮がある。

自分も月13回当直をした事があるが、信号待ちで寝てしまった事がある。

冴えない頭で考える事で、薬を間違える、処置を誤る、診断の見落としをする、
など自分の体だけでなく、多くの人を危険にさらす事になる。


病院勤務医の過酷さについては、
 『医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②』
 『病院勤務医の過酷さ』               なども参照。


『医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②』 の中には、中原先生の娘さんの記事もある。
いろいろ考えた結果、彼女も、小児科医になった



『当直について』 でも紹介した新聞記事である。

         ---------------------------------

『ほとんど眠れず、神経を張り詰める当直勤務。 それでも当直あけの翌日も
午後7時までは通常の外来診察をこなす。 小児科の勤務医には 『よくある』
連続34時間勤務 だ。

当直は勤務時間にはカウントされない。勤務医ももはや、
それを望もうともしない。勤務時間に入れると、『労働基準法上、残りの週の
半分は働けなくなってしまうから』 だ。小児科の救急は、まさに
医師の善意と良心に 『おんぶにだっこ』 が実態なのだ。

だが、それで救急が維持されるのも限界 に来ている。
新人医師が入らなくなっている からだ』

         -----------------------------------

一般の方にも、過酷な勤務を理解して頂きたいと思う。

決して楽をしようと考えている小児科医は居ない。

ただ、適正な勤務、適正な評価、を求めている。  

『医師不足』 『医療問題』 の早期解決を望む。 







今回は、『食品表示義務』 について、である。

 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの診断』
 『食物アレルギーの治療』 も参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------


食品表示義務

数年前までは、アレルギーの 原因食物がわかっても それを避ける事は
容易では無かった

それは、多くの加工食品(ハム、ソーセージ、練り物や種々惣菜など)が広く
一般の家庭に入り込んでいるにも係わらず、原材料表記がなされていなかったため、
原因食物が材料として含まれているか否かを知ることが出来なかったからである。

舐めただけ、というような極微量の原因食品を摂取しただけでも、
アレルギーを発症することがあるため、患者さんにとっては大問題であった。

今日加工食品には卵、牛乳など5品目の特定原材料の表示が 義務化 され、
他の20品目についても表示が 推奨 されている。

ショックを引き起こす食物のうち、ウメ、ブリを除いた総ての食物
が含まれている。

食物アレルギーの患者さんにとっては本当に有り難い表示である。


71






今回は、『食物アレルギーの治療』 について、である。

 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの診断』 も参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

自然寛界

乳幼児期に原因となる食物を口に出来なくても、成長とともに食べられる
様になる事を 自然寛界 と言う。

乳幼児の即時型食物アレルギーの主な原因は、鶏卵、乳製品、小麦 が多く、
その後、加齢とともに 80-90%は耐性を獲得 していく。

例えば、卵・牛乳アレルギーでは、3歳で約50-60%、6歳で約75%、
9歳で約85%、12歳で約90%が 自然寛界 をしている。

学童・成人で新規発症してくる食物アレルギーの原因は、
甲殻類、小麦、 果物、魚類、ソバ、ピーナッツ が多く、
耐性は得られにくい

つまり、乳幼児期に発症した食物アレルギーは加齢とともに耐性を獲得し
食べられるようになるケースが多いのに対し、成長してから発症した
食物アレルギーは治り難い。


食物アレルギーの治療

<原則>
正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去

・除去の程度は患者ごとの個別対応である。
・食物日誌を活用する。
・成長・発達の評価(母子手帳を利用して成長曲線の経過観察)をする。


症状が発現している患者さんに対しては、抗ヒスタミン薬やステロイド薬
などの投与により症状軽減を図る。

しかし、食物アレルギーの治療の基本は 原因食物を食べさせない事
であり、これは 除去食療法 と呼ばれる。

むやみに除去するのではなく
『正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去』 を基本とすべきである。


除去食療法のゴールは、
『除去により症状を発現させないで普通の生活を送り、
やがて耐性を獲得して除去を解除すること』
 にある。

症状の程度は患者さんごとに異なるものであり、したがって除去の程度も
患者さんごとの個別対応 が原則である。

特異的IgE検査や皮膚テストで陽性にでたからと言って、むやみに
陽性となった食物を除去してはいけない

食物制限は患者さんや家族に 精神的な負担 を強いる
ことになるし、患者さんが小児の場合には 身体的な成長にも悪影響
を与えてしまう危険性がある。

除去する場合でも、完全に除去 すべきなのか、
加熱 すれば食べても良いのか(生卵は不可だがゆで卵は可など)、
部分的 には摂取可能か(白身は不可だが黄身は可)、を考慮すべきであるし、
食物によっては低アレルゲン化米や低アレルゲン化乳などが市販されており、
これらの活用を考えることも大切である。

患者の年齢・疑わしい原因食物の種類や数・特異IgE抗体価などの要素に加え、
必要に応じて食物除去試験や負荷試験などを行い 総合的に判断 すべきである。

除去食療法を実施する上では、成長をモニターし、除去食を中止できる可能性を
常に考慮 すべきである。


また、『インタール内服』 をしている児も居て、先生によっては
これを多用しているが、正確な原因究明、除去療法が基本である。

原因が多岐に渡るなどで、症状を抑えるのが困難な場合は使用するが、
実際、インタールを使わなければならない患児は殆ど居ない。




アレルギー情報センター
ガイドライン 『食物アレルギー』 の項 参考




今回は、『食物アレルギーの診断』 について、である。

 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの治療』 なども参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

食物アレルギーの診断

食物アレルギーの診断方法としては、問診・特異的IgE検査・皮膚テスト・
食物除去試験や食物負荷試験が挙げられるが、具体的な食物アレルギー診断の
フローチャートを以下に示す。


フロー2



まず、血液検査で原因食品に対する特異的IgE抗体があるかどうかを調べる
のが一般的で、必要に応じて、スクッチ・テスト、プリック・テストなども行う。

検査データで原因食物かどうかのおおよその推測をするが、それのみでは
完全では無く、検査が陽性でも食べられる場合が少なくない

そのため、不要な食物制限を避けるため、最終的には食物負荷試験で確認する。

症状があり、かつ、IgE RASTが上がっている場合は可能性が高い。



問診

症状、発症の状況(疑われる食物、発症までの時間など)や家族歴等は、
診断の基本 となる。症状の変化を確認するために食物日誌をつける
ことも診断に役立つ。注意すべき点は、患者さんが 思い込み で
原因食物を報告してしまう場合や、別にある重要な原因食物が見逃されている
場合がある事である。

体調に関わらず、複数回症状が出たものは疑わしい

即時反応なら数分から2時間程度以内であるが、遅延型反応であると、
1日以上かかる事もあり、食物の関与を疑うのは難しい。

症状が複数回出た場合には、重なってくる状況・食物などで推察する事が出来る。


特異的IgE検査(キャップ法など)

食物アレルギーの多くは、IgE抗体が関与しているため、血中に存在する個々の
食物(アレルゲン)特異IgE抗体を測定する検査も活用されている。

この方法は問診以外では最も広く日常臨床の場で行なわれている検査である。

一度の採血で、食物アレルゲンのみならず、吸入アレルゲンも含めて10種類以上の
項目について検査出来、薬剤の影響も受けない再現性に優れた検査である。

しかし、本検査はアレルゲンに感作されたことを示す血中特異IgE抗体の有無を
調べる検査であり、食物アレルギーの発現とは 必ずしも一致しない
ことに注意が必要である。

特異的IgE検査結果が陽性となったものは総て食べてはいけないというのは
かなり乱暴 である。

しかし、抗体検査結果が陽性となった食物には 注意すべき であり、
食物の種類によって程度に違いはあるが、抗体価が高いほど原因食物である
可能性は高いと言える。

総IgE値の高さ、抗体価の推移、なども、原因かどうかの参考になる。

 『IgEについて』 も参照。


皮膚テスト(プリックテスト)

患者さんの皮膚に傷をつけアレルゲンを負荷し、発疹の有無やその大きさを調べる
方法である。直接患者さんの身体を使って調べる優れた方法であるが、
薬剤や患者さんの 体調により結果が異なってくる 事や
検査に手間がかかるなどの問題がある。食物アレルギーの関与が疑われる
乳児アトピー性皮膚炎において特異的IgE検査では陰性であっても、
本試験では陽性となる場合もある。


食物除去試験

問診・特異的IgE検査等で疑わしい原因食物が見つかった場合に行われる。

疑わしい食物(複数食物でも可)を約2週間程度完全に除去して症状がなくなるか
どうかを確認する。症状がなくなれば、その食物あるいは除去した複数の
食物の中のどれかが原因であると推察できる。


食物負荷試験

実際に患者さんに疑わしい原因食物を食べさせて症状が出現するか否かを調べる
もので非常に 信頼性が高い 検査であるが、当然のことながら
アナフィラキシーなどの過敏症状が出る危険性がある。

したがって、専門の医師 が 入院設備のある施設 で
少量の負荷から始める のが基本であり、患者さんの体調が良くない
ときには行うべきではない。




アレルギー情報センター
ガイドライン 『食物アレルギー』 の項 参考
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/03.html





今回から数回は、『食物アレルギー』 について、である。

まずは、『食物アレルギーとは』、その後、『食物アレルギーの診断』
『食物アレルギーの治療』、などと続いていく予定である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

食物アレルギーの定義

『原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状
(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシーなど)が惹起される現象』


食物アレルギーの症状

  皮膚症状   :そう痒感、じんましん、血管運動性浮腫、発赤、湿疹
   眼症状   :結膜充血・浮腫、そう痒感、流涙、眼瞼浮腫
口腔咽喉頭症状:口腔・口唇・舌の違和感・腫張、喉頭絞扼感、
            喉頭浮腫、嗄声、喉の痒み・イガイガ感
 消化器症状  :腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便
 上気道症状  :くしゃみ、鼻汁、鼻閉
 下気道症状  :呼吸困難、咳嗽、喘鳴

 全身性症状  :アナフィラキシーショック
            頻脈、虚脱状態(ぐったり)・意識障害・血圧低下


即時型食物アレルギーの最も頻度が高い症状は皮膚症状であるが、
呼吸器症状を呈する例ではアナフィラキシーショックに至ることもあるので、
注意が必要である。


『食物アレルギーの診断』 の所でも述べるが、1回蕁麻疹が出たら、
すぐに食物アレルギー、原因食物、という訳ではない。

蕁麻疹はカゼなどでも引き起こされるし、消化機能は体調にも左右される。

つまり、普段は大丈夫でも、体調不良時には蕁麻疹が出る食物もある。

繰り返し症状が出る食物は、まず間違いなく原因であり、除去する方が良い。

ただし、アナフィラキシーなどの強い症状を呈した場合は、疑わしい段階でも
除去せざるを得ない場合が多い。


乳児の食物アレルギー患者の多くは、アトピー性皮膚炎を合併 している。

このような食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎では、
治療ガイドラインに即したアトピー性皮膚炎の治療と食物アレルギーに対する
治療を並行して行う必要がある。

ただし、年長児になるにつれ、食物が原因で湿疹が悪化する事は少なくなり、
環境要因 が主体となる。

むやみに、食物制限をすべきではない


食物アレルギーの疫学

わが国における食物アレルギー有病率調査は諸家の報告より、
乳児が5-10%学童以降が1.3%程度 と考えられ、
全年齢を通して、わが国では推定1-2%程度の有病率であると考えられる。

欧米では、フランスで3-5%、アメリカで3.5-4%、3歳の6%に既往がある、
とする報告がある。


グラフ1

                    【全年齢における原因食物】



        表1

                    【年齢別主な原因食物】



グラフ2

                        【症状】



           『今井孝成、海老澤元宏:平成14年度厚生労働科学研究報告書』 より



乳幼児の即時型食物アレルギーの主な原因は、鶏卵、乳製品、小麦が多く、
その後加齢とともに 80-90%は耐性を獲得 していく。

学童・成人で新規発症してくる食物アレルギーの原因は、
甲殻類、小麦、 果物、魚類、ソバ、ピーナッツ が多く、
耐性は得られにくい

つまり、乳幼児期に発症した食物アレルギーは加齢とともに耐性を獲得し
食べられるようになるケースが多いのに対し、成長してから発症した
食物アレルギーは治り難い。

学童・成人の甲殻類・小麦アレルギーに食物依存性運動誘発アナフィラキシーの
関与する例が存在する。




アレルギー情報センター
ガイドライン 『食物アレルギー』 の項 参考
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/index.html




今日は、『はしか・風しん混合ワクチン』=『MRワクチン』 についてである。

はしか・麻疹については、『麻疹の現状』 も参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------


予防接種:昨年開始 『はしか・風しん混合ワクチン』、
2回目接種率わずか30%

                              毎日新聞 2007.3.5
  http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070305ddm013100050000c.html


◇今春、流行の懸念

国が定めた予防接種の方法が変わり、昨年6月から各地で、はしかと風しんの
混合ワクチン(MRワクチン)の 2回接種 が始まった。
1回目が1歳、2回目が小学校入学までの1年間に受けることになったが、
国立感染症研究所が全国調査した所、2回目 の接種率がわずか 約30%
と伸び悩んでいる。今年は、はしかの流行が懸念されており、同研究所などは
『入学式まであと1カ月。無料で受けられる31日までに接種を
と呼びかけている。


◇免疫、1回では不十分

『予防注射の案内状が来たけど、うちの子は前に1回受けたから、いいんですよね』。
こうした母親からの問い合わせ電話が、同研究所に頻繁にかかってくるという。
2回必要な理由が十分知られていないためでは
と多屋馨子・感染症情報センター第3室長は話す。


◇安全性も確認

多屋室長によると、1回の接種では免疫がつかない人が 数% いるほか、
接種から数年で 免疫力が落ち、発症する人もいるという。
特に最近は患者自体が減ったため、接種後にウイルスに触れて免疫力が
増強される機会も減り、免疫力の低下が目立つようになった。
これが2回接種に改められた理由だ。欧米は2回が一般的 で、
日本小児科学会も安全性を認めている。

ところが、同研究所が全国の1843市区町村を対象に調査したところ、
80%以上の自治体が接種時期の子を持つ保護者に個別に通知したにも関わらず、
2回目の平均接種率は昨年10月現在、約30% にとどまった。
都道府県別では、トップの徳島県42.2%から、最下位の沖縄県12.1%まで
ばらつきが大きかった。


◇自治体も対応混乱

中には、調査で初めて接種方法の変更を知ったという自治体も幾つかあった。
はしかか風しんにかかり、混合ワクチンではなく一方の予防接種だけが
必要な人の扱いなどをめぐって制度変更が二転三転した混乱を理由に挙げる
自治体があったほか、年度途中のため予算補正に時間がかかり、接種開始が
遅れた自治体もあった。

対象年齢を過ぎても接種はできるが、費用は 個人負担 になる。
接種率は昨年末段階でも 50%程度 とみられ、一時的な措置で対象を
7歳半まで延長 する自治体もある。


◇毎年数十人が死亡

はしかは、熱や発しんなどの症状のほか、肺炎や脳炎などの合併症が悪化して、
毎年数十人が死亡 している。昨秋から今年にかけても、関東、東海地方を
中心に発生が目立っており、『卒業式や入学式を機に感染が広がり、4~5月に
流行の危険がある』 と多屋室長は指摘している。


◇多種実施の欧米--日本は予防対策に遅れ

世界保健機関(WHO)によると、はしかによる全世界の死者は05年に
34万5000人 で、WHOは日本を含む西太平洋地区で2012年までの
『排除(根絶に近い状態)』 を目指している。日本は1歳児のはしか単独の
ワクチン接種率が00年の45%から05年に82%まで伸びた が、
予防のために必要と考えられている 95%以上 の接種率には届かず、
予防対策の遅れが目立っている

米国でははしか、風しん、おたふくかぜの3種混合(MMRワクチン)が
使われるほか、水痘やB型肝炎、肺炎球菌など、小学校入学前により多くの
予防接種がある。生後2カ月で両腕、両ももに計5本の注射を受けるという。

ミシガン州では全住民の接種歴を登録。転校やスポーツクラブ加入の際に
証明書を発行 するほか、学校に接種率の向上を促す という。
米医師会のロナルド・デービス次期会長は2月の来日時、
『米国はこれらの対策で 20世紀に10種類の感染症を制圧 した』
と強調した。

欧州では接種回数を減らすため5、6種の混合ワクチンが使われ、
韓国でもB型肝炎や細菌性髄膜炎など、日本より多い予防接種を求めている。

           ==============

◆MRワクチン2回目の接種率◆ (国立感染症研究所調べ)

【上位】
1位 徳島県 42.2%
2位 香川県 40.9%
3位 石川県 40.2%
4位 新潟県 40.1%
5位 福井県 39.5%

【下位】
47位 沖縄県 12.1%
46位 大分県 18.0%
45位 宮崎県 19.2%
44位 北海道 20.7%
43位 秋田県 20.8%

----------------------------------------------------------------------------------

麻疹は怖い病気である

インフルエンザなどとは比べものにならない重症度・死亡率を誇る。

特効薬もない。

予防接種の効果は非常に高い


とすると、予防しない理由が解らない。

行政・マスコミがもっと叫ばない理由も解らない。

麻疹については、日本は明らかに 『後進国』 である。

健康者には自然に治る可能性が高い 『インフルエンザ』 には、
莫大な医療費をかけているのに。


2回打つことで個人個人の麻疹の感染の可能性が減るが、集団として、
最低1回の接種率を 95%以上 に上げる必要もある。

それにも、まだまだ遠い。


1歳過ぎたら1回目小学校入学までの1年間に2回目
をしっかり受けて頂きたい。






今日は、『ひな祭り』 である。

ひな祭りは女の子の日であるが、女の子は 『血液型占い』 も好きである。

今回は、『血液型』 と 『性格』 について、である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

理系白書’07:第1部 科学と非科学/3
根拠ない血液型性格判断
                            毎日新聞 2007.2.14
  http://www.mainichi-msn.co.jp/science/rikei/news/20070214ddm016070128000c.html


◇ 『信じたい心』 に響く

昨夏、『怖いくらい、よく当たる』 と、インターネットで話題になったサイトがある。
『究極の血液型心理検査』
指示に従っていくつかの質問への答えと血液型を入力すると、
『あなたの性格』 が表示される。6~9月の97日間に483万人が訪れ、
9割近い432万人 が検査結果を 『当たっている』 と答えた。

実はこれは 『だまされる心理』 を巧みに使った ニセ検査 だった。
現在は、ニセ検査であることも含めて 『種明かし』 が載せられている。
仕組みは占いの本に出ている 『性格』 を適当に組み合わせ、
回答者の答えに関係なく表示するだけ。このように、誰にも該当するような
あいまいな内容を 『自分に当てはまる』 と思い込む現象は、
心理学用語で 『バーナム効果』 と呼ばれる。

サイトを作った作家の松岡圭祐さんは昨年6月、新作 『ブラッドタイプ(血液型)』
を出版した。血液型性格判断ブームが過熱し、 『協調性がない』 とされた
B型の人への偏見や差別が広がった近未来の社会を描いたフィクションだ。
人の性格は多面的で、血液型だけで 『こういうタイプ』
と決めつけ、判断の基準にすることは間違い

と作品で訴えた。

『首相官邸のホームページで安倍晋三首相のプロフィルに血液型が書いてあるが、
輸血時に必要だからという理由ではないはず。血液型と性格に関係がある
という非科学的な考えが根強く残っているのは、科学技術立国として
恥ずかしい』 と松岡さんは話す。


血液型と性格に関係がある、という説は昭和初期、日本の心理学者の研究から
生まれたとされる。70年代、関連本が相次いで出版された。

佐藤達哉・立命館大教授によると、テレビでは 『発掘!あるある大事典2』
などが取り上げ、2004年には血液型性格判断を前提にした番組が
70本以上放映 された。これに対し、第三者機関
『放送倫理・番組向上機構(BPO)』 は04年12月、
『根拠は証明されておらず、血液型で人を分類、価値づけ
する考え方は社会的差別に通じる危険がある』

として、こうした見方を助長しないよう放送局に要望し、
現在は下火 になっている。

なぜここまで根付いたのか。松岡さんは 『星座占いなどに比べ、
血液型は医学的な根拠がありそうに見える』 と分析する。

『厳密に言えば、ニセ検査で多くの人がだまされただけでは、
血液型と性格は関係ないことの証明はできない。ただ、自分の判断の根拠が
ぐらついた経験を、疑問を持つきっかけにしてほしい
と松岡さんは期待する。


立命館大の安斎育郎教授(66)は約10年前、京都の中心部を流れる鴨川の河原に
『四柱推命と西洋占星術 占いの館』 と看板を掲げたテント小屋を開いた。
安斎さんは占師ではないが、事前に 占いのコツ を学び、占ってみせた。
2日間で206人の老若男女が訪れ、『皆、信じて帰った』 という。

この試みの理由は 『占いに解決を求める人々の 『心模様』 を知りたい』
という思いだった。安斎さんは 『問題を解決しようと思えば
現実や原因を直視することが必要 だが、占いはそれをしなくても
不運や不幸を楽に処理 してくれる』 と分析する。
血液型性格判断を信じる人の心模様も同じ だと見る。

そんな 『信じたい心』 にどう向き合うか。

安斎さんは 『科学や合理性を振り回すだけでは駄目だ』 と言う。
占いを信じる人たちに、占いを否定した瞬間、彼らは耳を傾けなくなるだろう。

科学でも分からないことは山のようにある
人々が なぜそのような心境になったかを理解する ことが
最初の一歩だ。そのうえで、一時的な安心や簡単な解決法だけを
求めるのではなく、別の見方や何が問題の本質かを
じっくり立ち止まって考える姿勢を示す
 ことが必要です』


◇ABO式以外に数十種類

『血液型と性格との関連について、科学的な根拠はありません』 と、
産業技術総合研究所の成松久・糖鎖医工学研究センター長は説明する。

一般に 『血液型』 と呼んでいるのは、赤血球の細胞膜にある 『糖鎖』
と呼ばれる分子の構造の違いだ。1900年、A型、B型などのABO式血液型が
最初に見つかり、その後の研究でABO式以外にも数十種類の血液型が見つかった。
成松さんの研究チームは、ルイス式とIi式の血液型の遺伝子配列を解明した。

血液型は輸血や臓器移植などの医療現場では極めて重要だ。A型はA抗原、
B型はB抗原、AB型はA抗原とB抗原、O型はH抗原を持つ。異なる型の血液が
体内に入ると、抗体が抗原を認識して免疫反応が起き、血液が固まったりする。
この抗原は内臓の細胞上にも存在し、ウイルスや細菌への感染に影響を及ぼす。
神経細胞にも抗原が存在する可能性 がある。
だから性格にも関係する との主張があるが、証拠はない』 と成松さん。

ABO式の一種に 『ボンベイ型』 という血液型がある。A、B、Hすべての
抗原を持たない。非常に少ないが日本人にもこの型の人がいる。
成松さんは 『A、B、AB、Oのいずれにもあてはまらないボンベイ型の人は、
どんな性格なのでしょうか』 と話す。

-------------------------------------------------------------------------

『究極の血液型心理検査』
http://www.senrigan.net/bloodmind/


是非一度見て頂きたい。

個人的には、『血液型別の性格の違い』 を否定する気もないし、
『占い』 も全く否定しない。

当たっていると思う事も多い・・・。

ちなみに阿部総理は 『B型』 『乙女座』 である。

それらは、良い風に過ごせるように活用すべきである。

むしろ、それで、ポジティブに生きられるなら、問題が解決するのなら、
大賛成 である。


しかし、それに縛られてマイナスに作用する事は良くないと思う。


『人は弱い』

そこにつけ込んで商売する・・・そういうものは許せない。

『高額な占い』 『霊感商法』 『アトピービジネス』 ・・・などである。

 『アトピービジネスとは』 も参照。 


証拠が無い物を否定するというのは間違っているが、『本に書いてあるから』
『テレビで言ったから』 で信じるのは、難しい世の中である。

自分で情報を取捨選択しなければならない

それがなかなか難しい。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。