上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回もしつこく、またもや、『タミフル』 と 『異常言動・転落死』
についてのニュースである。



インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』         


その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

タミフル:転落死との因果は未解明
では、どう付き合えば

                            毎日新聞 2007.2.28
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070228k0000m040149000c.html

インフルエンザ治療薬の 『タミフル』 を服用後に、中学生がマンションから
転落死した例が、愛知県と仙台市で相次いだ。同様の例は以前にもあり、
服用による副作用の可能性が指摘されてきたが、厚生労働省は
『因果関係は否定的』 との立場 だ。
同省研究班は今冬、1万人規模での調査を進めている。
タミフル服用についてどう考えるべきか、現状をまとめた。

◇患者の異常言動は、タミフル発売以前から

インフルエンザ治療薬 『タミフル』 は01年2月に国内販売が始まった。
輸入販売元の中外製薬によると、インフルエンザ治療目的で延べ
約3500万人 が使用した。

タミフルは感染を予防するワクチンと異なり、ウイルスの増殖に欠かせない
酵素の働きを阻害して、ウイルスが全身に広がるのを防ぐ。
その結果、熱などの症状が、服用しないよりも平均して1日程度早く治まる。

流行すると多数の死者が出る恐れが指摘されている新型インフルエンザにも
有効な可能性があるとされ、国や自治体が備蓄を進めている。

一方、腹痛や下痢、発しん、吐き気などの副作用があり、臨床試験では 28% 
の患者で発生した。肝機能障害や肺炎など8種類が 『重大な副作用』
として挙げられている。

厚生労働省によると、タミフル服用後の異常行動死が最初に確認されたのは04年。
インフルエンザ治療中の17歳の男性が服用後に自宅を飛び出し、トラックにひかれた。
同省によると服用後に死亡したのは昨年10月までに 54人
うち3人が転落など異常行動死 で、残りは肺炎や肝機能障害などだった。
16歳以下に限ると死亡は16人、異常行動死は2人だった。

中外製薬は05年末、医療機関を通して、患者やその家族らに注意を呼びかける
文書を配布した。それによると、まれに意識がぼんやりしたり、
とっぴな行動を取るなど精神神経系への症状が出る。

しかし、インフルエンザ患者が異常な言動を見せる例は
タミフル発売前から知られており、転落死などの異常行動が
インフルエンザによるのか、タミフルによるのかは解明されていない。

◇夏には結論…厚労省研究班

厚労省安全対策課は 『専門家の見解からみて、タミフルと異常行動の因果関係は
否定的だと判断している』 と話す。ただ、愛知県蒲郡市と仙台市で相次いだ
転落死については情報不足を理由に判断を保留中で、輸入販売元の中外製薬に
服用状況などの報告を求めている。この2例を加味した場合に
『判断がどう変わるかは分からない』 という。

同省研究班は06年10月、『タミフルと異常言動との関連は確認できなかったが、
さらに調査が必要だ』 との報告書をまとめた。

研究班は05-06年に、主に小学生以下のインフルエンザ患者2800人余りを対象に、
タミフル服用とおびえ、幻覚、理由なく怒るなど 『異常言動』 との
関連を調べた。

患者の 9割 がタミフルを服用しており、タミフルを飲んだ後に
異常言動が出た率は 11.9%
飲む前や全く飲まずに出た率の 10.6%より高かった が、
統計的には差がない範囲だとされた。

しかし、異常言動が服用後に起きたか、服用前かが不明な例がかなりあった、
10代のデータが足りなかった--など 調査手法に課題が残った

このため、研究班は今冬、インフルエンザ患者約1万人を対象に、新たな調査を始めた。
年齢幅を0-18歳まで広げ、異常言動と服用との前後関係を確認できるように
調査法を工夫した。3月末で調査を終え、夏には結論を出す見通しだ。

◇飲んでも飲まなくても、2日程度は患者に注意を!

患者はタミフルとどう付き合えばよいのか。

厚労省研究班長の横田教授は 『異常行動がタミフルの影響か
インフルエンザ脳症のためかは調査中だが、どちらにしても異常行動が
出るのは 熱が出てから1、2日目がほとんどだ
飲んでも飲まなくても、2日程度は家族が患者を注意深く見守ってほしい』
と話す。

国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は
『すぐに使用を禁止すべきだというほど服用と異常行動に強い関連が
あるとは思わないが、服用者は多く、調査が必要だ』 との見解を示した上で、
『タミフルは病状を早く楽にする薬で、飲まなければ命を落とす薬ではない
副作用を心配するなら、その不安を押し殺して飲む必要はない
と話す。

一方で、新型インフルエンザ流行時については 『もし致死率が高く、
タミフルが効くなら、不安に耐えてでも飲むべきだ。
今のインフルエンザとは別問題だ』 と言う。

これに対して、タミフル服用後の転落死などを学会発表してきた、浜六郎・
医薬ビジランスセンター理事長は 『インフルエンザの人が脳症で入院・死亡する
例はあったが、タミフル使用以外で自殺や転落死など聞いたことがない。
全く新しい例がこれだけ積み重なったのだから、服用と異常行動の関連は明らかだ』
と指摘する。
『インフルエンザは通常、自然に治る病気 で、
死ぬ副作用がある薬を使う理由はない』 として
『タミフルは飲むべきではない』 と訴えている。

-------------------------------------------------------------------------------

前回も書いた通り、『タミフル』 が原因かどうかは解らない。

詳細な状況が解らない中で、 意見・感想を言うのは良くないが、
インフルエンザそのものによる 『異常言動』 のせい
の方が可能性が高い、と考える。

ただ、これは可能性の問題であって、『タミフル』 を使用しなければ、
その心配は払拭出来るのも事実である。

タミフルの副作用であるケースも無い訳ではない。

副作用を心配するなら、その不安を押し殺して飲む必要はない

タミフル自体がが極めて危険であるとは思えないが、多くの人にとって、
不必要な薬 である事はいえる。

自然に治せる人が殆ど である。

矛盾しているようであるが、実際問題、インフルエンザA型にはタミフルは
非常に効果が高い、のも事実である。

症例を選んで使用すべき であろう。


患者の 90% もの人がタミフルを服用していた、事が問題の1つである。

輸入販売元の中外製薬によると、約3500万人 が使用している。

2006年7月までの異常行動やけいれんなどを起こしたと分かった患者さん
103人の内、95人は日本の患者 である。

また、異常行動は服用直後が多く、米食品医薬品局(FDA)の分析では
6時間以内がほとんど だった、との報告があるため、
タミフル服用後数時間は監視下にしっかり置いておくべきである。


『インフルエンザはタミフル無しで治る』
『タミフルはじめ薬には副作用がある』
『これ程タミフルを使用するのは日本だけである』
という事を広めていく必要がある。


その上で、
タミフルは症状・基礎疾患などを考慮して使用する
使用する場合は内服後数時間、出来れば2日間程は
 精神症状の発現に注意する

という事を啓蒙していくべきである。




スポンサーサイト


今回は、またもや、『タミフル』 と 『異常言動・転落死』 についての
ニュースである。

今回は、2つ紹介する。


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』

その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

タミフル:中2が服用後に転落死
自宅マンション11階から--仙台
                           毎日新聞 2007.2.27
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070227dde041040063000c.html

27日午前1時20分ごろ、仙台市宮城野区のマンション(13階建て)で、
11階に住む中学2年の男子生徒(14)が通路から30.3メートル下の中庭の
駐車場に転落、頭などを強く打って間もなく死亡した。
生徒はインフルエンザ治療薬 『タミフル』 を服用しており、
宮城県警仙台東署は転落との関連を調べている。

調べでは、生徒は26日朝に同区内の病院でインフルエンザと診断され、
医師からタミフルなどを処方された。この日は学校を休み、午前9時半と
午後6時半、タミフルを1錠ずつ服用した。夜中に具合が悪くなって目を覚まし、
母親(41)がもう1錠与えようとしたが、服用から8時間たっていない
ことに気付き、やめたという。その直後、生徒は 『トイレに行く』
と言ってそのまま玄関の扉を開けて外に出て、通路外壁(高さ1.26メートル)
を乗り越え転落したという。生徒が悩みを抱えていた様子はなく、
遺書も見つかっていないことから、自殺の可能性は低いとみている。

厚生労働省によると、タミフル服用後に16歳以下の子供が死亡した例は、
06年10月までに16件報告されている。厚労省はタミフルについて
『安全性に重大な懸念があるとは考えていない』 との見解を示しているが、
2月16日には服用したとみられる愛知県の中学2年の女子生徒(14)が
マンション10階から転落死したことを受け、処方や服用の実態調査に
乗り出していた。

-------------------------------------------------------------------------------
タミフル服用 被害者の会 『注意喚起を』 
                       2007.2.27 産経新聞
    http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070227/knk070227001.htm

インフルエンザ治療薬 『タミフル』 を服用後、異常な行動を起こして
未成年者が死亡するケースが相次いでいる。16日にも愛知県蒲郡市で
タミフルを服用したとみられる中学2年の女子生徒(14)が転落死している。
タミフル薬の副作用との指摘 もあるが、
厚生労働省は因果関係に 否定的 だ。インフルエンザの流行時期を迎え、
遺族らでつくる 『薬害タミフル脳症被害者の会』 は
『因果関係が証明されていなくても、医師は投与の際に注意喚起をしてほしい。
親は服用した子供から目を離さないで』 と訴えている。

被害者の会の軒端晴彦代表(49)は、17歳だった長男が平成16年、
タミフル服用直後に自宅から国道に飛び出して交通事故で死亡した。
17年に愛知県でマンションから転落死した14歳の少年と、
18年に沖縄県のマンションから転落死した12歳の少年も含め
『副作用による異常行動だ』 と主張する。

厚労省研究班は昨年11月、約2800人を対象にした調査で
『タミフル服用の有無によって異常行動などのあらわれ方に差はない』
との結果を公表した。また、13年2月のタミフル発売以降、
厚労省に報告された服用後の患者死亡54例(今年1月末現在)の中には、
因果関係が認められるような異常行動のケースはなかった。

タミフルの添付文書は16年5月、副作用の精神・神経症状の欄に
『意識障害、異常行動』 が追加されたが、販売元の中外製薬は
『予防、警告的な意味』 と説明。厚労省安全対策課も 『現段階で
異常行動だけを強調する必要性はない』 としている。

これに対し、薬害に詳しい医薬ビジランスセンター理事長の浜六郎医師は
『研究班はデータの取り方に問題がある。服用直後に限定すれば、
異常行動を起こす割合は 約4倍 になる』 と指摘する。

研究班は現在、服用からの経過時間を明確にした上で、新たに1万人を対象とする
調査を実施している。『タミフルとの因果関係をしっかり見極めたい』
と主任研究者の横田俊平・横浜市立大大学院教授。結果は秋にもまとまる予定だ。

『処方の際、丁寧に説明してくれる医師もいれば、
飲むか飲まないかを尋ねるだけの医師もいる』。
被害者の会のメンバー、京都府の新井隆司さん(50)は厚労省の担当者に、
医療現場の実情をこう伝えた。17年冬、中学3年の長男がタミフル服用後に
自室で暴れ、かろうじて押さえ付けた経験を持ち、医療機関に対し、
患者への十分な情報提供を求めている。
------------------------------------------------------------------------------

前回も書いた通り、『タミフル』 が原因かどうかは解らない。

詳細な状況が解らない中で、 意見・感想を言うのは良くないが、
インフルエンザそのものによる 『異常言動』 のせい
の方が可能性が高い、と考える。

ただ、これは可能性の問題であって、『タミフル』 を使用しなければ、
その心配は払拭出来るのも事実である。

タミフルの副作用であるケースも無い訳ではない。

タミフル自体がが極めて危険であるとは思えないが、多くの人にとって、
不必要な薬 である事はいえる。

自然に治せる人が殆ど である。

矛盾しているようであるが、実際問題、インフルエンザA型にはタミフルは
非常に効果が高い、のも事実である。

症例を選んで使用すべき であろう。

また、『リレンザ』 を処方するという選択肢もある。

ただ、『リレンザ』 についても副作用の可能性は否定出来ず、何せ、
使用するのはインフルエンザ患者さんのため、多くの人が服用すれば、
『タミフル』 と同様、叩かれる日もいずれ来るであろう。

厚労省研究班の調査では、異常行動はタミフル無しでも 1割 に現れる
との事である。


『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 にも書いたように、
患者の 90% もの人がタミフルを服用していた、事が問題点の一つである。

2006年7月までの異常行動やけいれんなどを起こしたと分かった患者さん
103人の内、95人は日本の患者 である。


また、異常行動は服用直後が多く、米食品医薬品局(FDA)の分析では
6時間以内がほとんど だった、との報告があるため、
タミフル服用後数時間は監視下にしっかり置いておくべきである。

報告で多くの医師がタミフルの影響を疑っていた理由としては、
病状の回復が非常に早くインフルエンザ脳症とは考えられなかった、
熱がない時に異常行動が起きた、などであった。


インフルエンザはタミフル無しで治る
タミフルはじめ薬には副作用がある
という事を広めていく必要がある。


その上で、
タミフルは症状・基礎疾患などを考慮して使用する
使用する場合は内服後数時間は精神症状を注意する
という事も啓蒙していくべきである。





今回は、世界最小の超低出生体重児についてのニュースである。

 『低出生体重児 分類』『低出生体重児 原因・症状』 なども参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

身長10インチ未満の世界最小の超未熟児、順調に成育
                       マイアミ/米国 2.20 AFP
                     http://www.afpbb.com/article/1352228

マイアミの病院で、21週6日 の早産で生まれた世界最少の超未熟児が、
新生児集中治療室で順調に成育、誕生から4か月後、20日に退院する運びとなった。

この超未熟児はアミリア・テイラーちゃん。マイアミのバプティスト小児病院
によると、母親のソーニャ・テイラーさんへの早産防止処置が失敗。
急きょ帝王切開に切り替えられ、アミリアちゃんは2006年10月24日に産まれた。
誕生時には、体重280グラム
身長はボールペンよりやや長い9.5インチ(約24センチメートル)
しかなかったという。

誕生直後のアミリアちゃんは、人工呼吸器の力を借りなくとも自発呼吸があり、
産声をあげようとする動きも数回みられたという。

母親のソーニャさんは 『この子がこんなに良く育ってくれるとは、
出産直後には思いもしなかったけど、今では普通の赤ちゃんらしくなってきた』
と喜びを語った。

アイオワ大学によると、23週以下の超未熟児の生存例はなく、
アミリアちゃんは世界最少記録になるという。

しかしソーニャさんは、現在、1800グラムのアミリアちゃんも、
『十分に、ふくよかな赤ちゃん』 と嬉しげだ。

同病院の新生児担当医師、ウィリアム・スモーリングさんによると、
誕生時、頭部裂傷があったアミリアちゃんだが、傷はすぐに治り、
今では両親の世話のもと、自宅で暮らせるまでに順調に成育したという。

スモーリング医師にとって、アミリアちゃんは正に 『奇跡のベビー』 だ。

アミリアちゃんの治療について、同医師は 『地図のない航海』 のよう
だったと語る。『こんなに小さな新生児の 『正常』 な血圧値なんて、
誰も知らないんだからね』

また、米国小児科学会が、一般的に 23週以下で400グラム未満 の
新生児には生存能力がないとの見解を発表していることについて、
スモーリング医師は 『アミリアの例を考慮して、未熟児の生存能力基準を
再度見直す必要がある』 との考えを示した。

『時を経て、医療技術はアミリアのような超未熟児を救えるほどに
目覚ましい発展を遂げた。10年前には生存不可能だった未熟児も、
今なら我々の手で救うことができる』

--------------------------------------------------------------------------

わずか21週で出生の女児退院へ
                       2007.2.20 共同通信
    http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070221-OHT1T00164.htm

米フロリダ州マイアミのバプテスト子供病院は20日、同病院で昨年10月に
妊娠わずか21週の段階で生まれた女児が順調な成長を続け、数日内に
退院できる見通しになったことを明らかにした。生まれたときの体重は
284グラムしかなかった。

同病院によると、低体重児のデータを集めているアイオワ大のまとめでは、
妊娠23週以降 に生まれた赤ちゃんが育つ事例しかなく、世界記録
とみられている。

現在の体重は約2040グラム。母親は 『いまだに驚いている。
このように大きくなるとは想像もできなかった』 と話しているという。

女児はアミリア・ソニア・テーラーちゃん。昨年10月24日、帝王切開により誕生、
身長は 『ボールペンよりやや長い』 約24センチ。妊娠期間は21週と6日だった。

妊娠期間は通常37―40週で、日本の厚生労働省などによると、
2500グラム未満で生まれた赤ちゃんを 『低出生体重児』 と呼ぶという。

アミリアちゃんの成長は、病院も 『奇跡』 と呼ぶほどで、
病院はあくまで 例外的な事例 だと強調。
『多くのことがうまくいった場合にあり得るだけで、
新たな(医学的)傾向を確立したとは考えないでほしい』
と くぎを刺している


------------------------------------------------------------------------------

mijyukuzi1

mijyukuzi2


21週6日体重280グラム・・・。


日本の法律では、22週からは、『赤ちゃん』 とみなされる。

記事には、23週未満での成長記録は無いとあるが、日本の多くの有名な
NICUでは、22週台での退院は既に何例もある。

自分自身も数人は見た事がある。


ただ、『21週台』 はないであろう。

というのも、21週台での出生は、『早産』 では無くて、『流産』 と
考えられるからである。

ヨーロッパでは、『24週以上』 としている所が多い。

神経学的後遺症などが全く無く育つ確率は低く、普通は小児科医が
立ち会う事はない。


2つの記事の結びが少し異なる。

『アミリアの例を考慮して、未熟児の生存能力基準を再度見直す必要がある』
『時を経て、医療技術はアミリアのような超未熟児を救えるほどに
目覚ましい発展を遂げた。10年前には生存不可能だった未熟児も、
今なら我々の手で救うことができる』


『多くのことがうまくいった場合にあり得るだけで、新たな(医学的)
傾向を確立したとは考えないでほしい』 とくぎを刺している。


助かった例があるからといって、より幼弱な赤ちゃんを救おうと考えるのは
間違っている。

確かに、赤ちゃんには無限の可能性がある。

しかし、それ以上に、後遺症の残る赤ちゃんを多く生み出す可能性があり、
医療費も莫大にかかることになる。

医療の限界に挑む必要は無い。


現在、未熟児が増えて、NICUがパンクし、助かるはずの赤ちゃんも
入院出来す、遠くまで搬送されるケースがある位である。

まず一歩ずつ、普通のお産、普通の赤ちゃんが産める環境を整えた後に、
より未熟な赤ちゃんを助ける範囲を拡げるべきである。


ただ、この赤ちゃんの事は応援したい





日本医療労働組合連合会による約1000人の 勤務医 を対象にした調査で、
『過酷な勤務』 と 『医師不足』 が改めて浮き彫りになった。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

勤務医の5割 『職場辞めたい』 医労連が千人調査
                          asahi.com 2007.2.20
               http://www.asahi.com/life/update/0220/004.html

病院の勤務医の 9割が医師不足 を感じ、5割が職場を辞めたい
と考えている。

日本医療労働組合連合会(医労連)が19日発表した約1000人の勤務医を
対象にした調査で、過酷な勤務と人手不足で疲弊する勤務医の実態が
改めて浮き彫りになった。

昨年11月から今年1月、医労連加盟の医療機関や自治体病院など
全国150施設の勤務医1036人から、前月の労働状況などを聞いた。

1人あたりの労働時間は1日平均10.5時間で 4割以上が12時間以上
宿直勤務は平均2.9回だったが、4回以上がほぼ4分の1 に上り、
大半は宿直前後も通常勤務に就く 32時間労働 だった。

休んだ日数の平均は3.3日で、1日も休めない医師は4分の1を超えた
連続で勤務した日数は最長で 平均19.5日間 だった。
健康状態に 『不安』 『病気がち』 と感じているのは半数近く。
翌日や休日後も疲れが抜けない 『慢性疲労』 を訴えたのはほぼ6割だった。

過酷な勤務状況から、『職場を辞めたい』 と考えた勤務医は、
『稀に』(20.8%)を除いても 52.9% に達し、働き盛りの30~40代では約6割に上った。

isi


『医師不足』 を感じている勤務医は全体の 90.0% だった。

対策として、『賃金・労働条件の改善』 が最も多く、
『診療科の体制充実』 『看護師などの充実で医療体制のレベルアップ』
『医療事故防止対策の充実』 などが続いた。

------------------------------------------------------------------------------

医師不足:病院の勤務医9割が実感 妊娠時に異常、6割経験
  ―医労連調査―

                           毎日新聞 2007.2.19
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20070220ddm003100096000c.html

病院の勤務医の 90.0%が 『医師不足』 と感じ
9割以上の人が 『疲れを感じている』 ことが、
日本医療労働組合連合会のアンケート調査で分かった。

時間外労働は月平均63.3時間で、過労死認定基準の目安である
『月80時間』 を超える人が31.2% に達していた。
女性医師の97.9%は生理休暇を取れず、6割近くが妊娠時に 『切迫流産』
などの異常を経験していた。

日本医労連加盟の医療機関の勤務医らを対象に、昨年11月~今年1月に調査。
回答を寄せた神奈川、愛知など25道府県約150施設の計1036人について分析した。

宿直の月平均は2.9回で、当直明けの勤務は 『ある』 人が74.5%
最長の連続勤務時間は平均32.3時間に上り、36~41時間が36.8%で最も多く、
30時間以上が71% を占めた。
出産経験のある女性医師のうち、妊娠の状況が 『順調』 だったのは
42.6%しかなかった。

『疲れの回復状態』 については、『別に疲れを感じない』は
わずか6.5%にとどまり、『疲れが翌日に残る事が多い』(40.2%)が最多。

自由記載欄には 『患者の要求の高まる中で医師不足、労働条件が改善
されておらず、医師への責任、負担が増していることが医師不足をさらに
悪化させている』、『こんな状態でミスが起きないほうがおかしい』 など、
改善を求める声が寄せられている。

---------------------------------------------------------------------------------

これが、勤務医の実態である。

過酷な当直を月何回もこなし、当直明けも仕事があり、長時間連続勤務、
休み無しの生活、夜も24時間体制で呼び出される・・・。

これ程、休めない、辞めたい、と、皆が思っている職業はあるのだろうか?


何かあると過失が無くても患者さんからは訴えられ、マスコミに叩かれ、
逮捕される事すらある・・・。


何のために働いているのだろうか・・・?


こう考える医者があとをたたない。

そして辞めていく・・・。

誰かが辞めると、残った医者はさらに業務がきつくなり、潰れていく・・・。


今の医者はあまりに報われない職業である。




その他の、『医師不足』 『地方医療の崩壊』 の記事についても、
参考にして欲しい。

 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・医師不足②
 ・全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医師の偏りまざまざ 東北不足深刻
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②


当直については、

 ・『当直』について
 ・病院勤務医の過酷さ         参照。





『我々は福島事件で逮捕された、
産婦人科医師の無罪を信じ支援します』


この記事は、『新小児科医のつぶやき 2.18企画』 に賛同した記事である。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


『大野事件』 については、下記の2つのサイトが非常に詳しい。

『周産期医療の崩壊をくい止める会のホームページ』

『ある産婦人科医のひとり言』


簡単に書くと、

2006年2月18日、福島県立大野病院 産婦人科医師が福島県警に逮捕拘留された。
逮捕のきっかけは全前置胎盤のため帝王切開を行った所、癒着胎盤となっており、
担当医師は最善を尽くしたが、妊婦さんは亡くなられたというものである。
癒着胎盤は稀な疾患であるが、その対処法を誤った訳ではない。

当初、死因は出血が多い事によるものと思われていたが、どうも手術中に
突然起こった致死性不整脈により亡くなられた可能性が高いようである。

この事故について、予見が不可能である、胎盤を剥離する事は適切な処置、
大出血に際して適切な処置を行っている、などの理由により、医療関係者の
間の意見では、過失は存在しないと考えてられている。

この事件により、少ない人数の産婦人科では分娩を中止する、産婦人科の
希望者が減る、医療への不信感が高まる、などにより、『お産難民』 が
多くなる事態が加速している。


産婦人科 分娩休止一覧が、『健康、病気なし、医者いらず』
に書かれているが、これも一部である。


この事件により、明らかに 『医療崩壊』 が加速度的に増している。






その他の、医療問題についても、たくさん書いてあるので参考にして欲しい。

 ・日本の、これから 医療 安心できますか?
 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・初期臨床研修:医師1年生は大学病院敬遠
 ・女性医師働きやすく:宿直、呼び出し免除
 ・『奈良の妊婦死亡問題』 から
 ・医師不足②
 ・『奈良の妊婦死亡問題』に対する個人的な意見』
 ・医療機関整備で県外派遣産科医の撤収へ
 ・小児科医の新人、2県で0人 26都府県で減少
 ・『新医師確保総合対策』 について
 ・全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻
 ・ 日赤和歌山医療センター、医師の乳幼児の預かり開始
 ・『奈良の妊婦死亡問題』 についてのコラム①
 ・『奈良の妊婦死亡問題』 についてのコラム②
 ・ 出産時事故:患者に『無過失補償』導入へ
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医師の偏りまざまざ 東北不足深刻
 ・産婦人科医希望2割減
 ・産科医不足、大阪の都市部でも深刻
 ・分娩取り扱い終了のご案内 オーク住吉産婦人科
 ・奈良・大淀病院、分娩対応中止へ
 ・『お産ピンチ』 首都圏でも
 ・崩壊の瀬戸際 減る産科医
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②






『花粉症』 についての記事の続きである。

今回は、『花粉症の治療』 について、である。

これまた、一般的な事だけであるが。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

花粉症の治療

①アレルゲンの回避
②薬物療法
③特異的免疫療法
④手術療法



①アレルゲンの回避
『花粉症の対策』 を参照して頂くが、
花粉症情報を参考にしながら、花粉の飛散が多い時は外出を控える、
外出時には、マスク・メガネ・帽子を使用する、
帰宅したら洗顔・洗眼、うがい、鼻かみを行い、出来ればシャワーをあびる、
衣類を着替える、
窓や戸を閉めておく、洗濯物や布団を外に干さない、
部屋の掃除をこまめにする、などがある。


②薬物療法
抗ヒスタミン剤などのアレルギー物質抑制剤の内服・局所投与(点鼻・点眼)、
ステロイド剤の内服・局所投与(点鼻・点眼)、などがある。

 『抗ヒスタミン剤』 も参照。

無症状の時期から、粘膜の過敏性の亢進を防ぐために、
花粉の本格的な飛散の前から、薬物の投与を開始する
『初期療法』 が定着している。

『初期療法』 は、『季節前投与』 とも呼ばれ、『予想花粉飛散開始日』 の
2週間前から 薬物の投与を開始する事が多い。

『花粉飛散開始日』 は、1平方cm当たり花粉が1個飛散した日が連続2日続いた時、
はじめてその1日目を花粉飛散開始日と定義するため、開始日前の花粉が
鼻粘膜を少しづつ刺激して鼻粘膜の過敏性を亢進させていく。

『初期療法』 は、この鼻粘膜過敏性亢進を抑制する目的がある。

第2世代の抗ヒスタミン剤、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、
抗ロイコトリエン薬、などが使用されるが、長期にわたって使用するため、
眠気の少ない薬が望まれる。

また、抗ヒスタミン剤の服用により、 『眠気』 を自覚しなくても、
作業効率の低下など中枢神経機能の抑制による認知機能の障害がみられる。

この事を、『インペアード・パフォーマンス(impaired performance)』 と呼ぶ。

 『抗ヒスタミン剤と眠気』 参照。

インペアード・パフォーマンスは、多忙な現代社会において、
仕事、学業、家事に多大な影響を及ぼすという点で十分に考慮すべき事である。

抗ヒスタミン剤を飲むと、『グラス4杯分のウイスキー』 を飲んだのに
匹敵するほどの能率低下をもたらす、と指摘する専門家もおり、
その弊害は私達の想像以上に大きいと認識しなければならない。


③特異的免疫療法
いわゆる 『減感作療法』 であるが、以前に比べ、治療成績は向上している。

長期に渡るので稀に副作用が出る事と、効果が出るまでに時間がかかる、
事が欠点である。


④手術療法
レーザー治療・下甲介粘膜切除などがある。

レーザー治療は、鼻粘膜の表面を焼くため、花粉が飛散するまでに
鼻粘膜が修復されていなくてはならない。

そのため、12月の終わりから1月の初めまでにやっておかなければいけない。






今回は、また 『タミフル』 と 『異常言動・転落死』 についての
ニュースである。


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』  
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』                  


その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで
                         2007.2.17 asahi.com
               http://www.asahi.com/health/news/NGY200702170008.html              


愛知県蒲郡市のマンションから転落死したとみられる中学2年生の女子生徒(14)が、
死亡した16日に市内の病院で インフルエンザと診断 され、
治療薬 タミフルを服用 したとみられることが、蒲郡署の調べで分かった。

調べでは、生徒はこの日、『インフルエンザかもしれない』 などと中学に
届けて欠席し、市内の病院でインフルエンザと診断された。
その際、タミフルを含む複数の薬を処方された。自宅にあったタミフルには
服用した形跡があったという。

タミフルは、インフルエンザ治療薬として日本では00年に承認され、
01年2月から販売されている。
服用後、異常言動で死亡 した例などが報告されているが、
厚生労働省の研究班の調査では、
『タミフルの服用と異常言動の関連性は認められない』
としている。

一方、両親は調べに対し、生徒がインフルエンザと診断されたことで、
『(19日から予定されていた)期末試験を欠席しなければならないと心配
している様子だった』 などと話しているという。

同署は、これらの状況が転落に結びついた可能性もあるとみて調べている。

----------------------------------------------------------------------

タミフル が原因かどうかは解らない。


インフルエンザによる全身状態・発熱の状況、本児の置かれてた環境、
タミフル内服状況、タミフルが必要であったかどうかも解らない中で、
意見・感想を言うのは良くないが、個人的には、やはり、
インフルエンザそのものによる 『異常言動』 のせい
の方が可能性が高い、と考える。

タミフルが極めて危険であるとは思えないが、人によっては、
不必要な薬 である可能性がある。

タミフルは効果が高い

しかし、副作用、体制ウイルス、新型インフルエンザ、などの問題もある。

だからこそ、症例を選んで処方すべきであろう。

自然に治せる人が殆ど である。

また、『リレンザ』 を処方するという選択肢もある。


これまでのように何百万人もタミフルを内服すれば、同様な事態になるのは、
当然である。







引き続き、『花粉症』 についての記事の続きである。

今回は、『花粉症の対策』 について、である。

一般的な事だけで、あまり詳しくないが。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

花粉症の対策

花粉症対策の第一は、原因となる 花粉を避ける 事である。

kahun5


花粉シーズンには、なるべく外出を避ける。

特に、風の強い日は、出来るだけ、外出しないようにする。

また、買い物などは、なるべく、午前中にすませ、外出時には
メガネ・マスクなどで、花粉を寄せ付けないようにする。

帰宅したら、洗顔・洗眼、うがい、鼻かみを行い、出来ればシャワーをあびる、
衣類を着替える。

花粉の多い日には、窓を閉め切り、開けるときは風下の窓を開ける。

このような日には、大量の花粉を家の中に持ち込む事になるため、
屋外に布団・洗濯物を干すのはやめる。

花粉のまったくない部屋を一つ作っておく事は、花粉症の患者さんにとって
症状の改善に強い味方となる。

この部屋に入る時は、花粉の付いていない服に着替える。

スギ花粉は、湿気を含むと重くなってすぐに落下するため、部屋の中は
加湿し乾燥しないようにする。

床の掃除には、電気掃除機を使わずに、濡れた雑巾で拭き取り、
花粉をまき散らさないようにする。

花粉ゼロ地帯の作り方は、

 ・部屋は乾燥しないようにする=加湿する。
 ・送風式の暖房は花粉をまき散らすので避ける。
 ・花粉ゼロ地帯に入る時は着替える。
 ・床は電気掃除機を使わずに濡れた雑巾を使う。


花粉症の症状は、鼻の他に目にも現われる。

『マスク』 と同様に活用したいのが 『メガネ』 である。

レンズの周りに花粉が入り込まないようにプロテクターのついた
花粉症用メガネもあるが、普通のメガネ・サングラスでも効果はある。


『モイスチャーエイド』
ドライアイ対策に用いるもので、自分の眼鏡のフレームに付けるカバーである。
カバーの内側に湿らせた綿を取り付ける事で、眼表面の乾燥防止に有効である。
kahun6



普通のメガネをかけるだけで、目に入る花粉を 1/3 ぐらいに減らす事が出来る。

さらに、花粉症用メガネでは、大幅に花粉を減らすことが出来る。

花粉シーズン中は、普段、メガネの必要がない人も、是非、メガネを
かけるようにする。


『マスク』 は、花粉が体内に入らないようにする最も効果的な方法である。

花粉の粒子の大きさは、普通のガーゼの目よりも小さいため、
マスクをしていても無駄のように思えるが、花粉用でなくても
マスクをしていると、効果がある

普通のガーゼマスクに水をしめらせたガーゼを中に挟むだけで、
90パーセント以上 の花粉をブロックする事が出来ると言われている。

特に目の細かい 『防塵用マスク』 を使用すれば、効果が高い。






『花粉症』 についての記事の続きである。

今回は、『花粉症』 対策は早めにする事が重要である、という事についてである。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

花粉症対策は早めに 


花粉は、『花粉飛散開始日』 より前に、微量の飛散が始まっている。

 『花粉飛散開始日』=1平方㎝当たり1個以上の花粉が連続2日以上観測された初日


花粉症は、吸い込んだ花粉がある 許容量を越える と発症するため、
吸い込む花粉量を少しでも減らすよう早い時期から予防をする事が重要である。

また、一度乾燥や抗体・異物で損傷を受けてしまった粘膜は、
アレルギー症状を起こし易いため、花粉シーズン前から粘膜の保護に
心掛けることも重要である。

無症状の時期から、粘膜の過敏性の亢進を防ぐために、
花粉の本格的な飛散の前から、薬物の投与を開始する
『初期療法』 が定着している。

kahun4



喘息の治療と同じで、予防 が大切である。



花粉症の対策・治療については、 『花粉症の対策』『花粉症の治療』 も参照。






『花粉症』 についての記事の続きである。

今回は、『花粉症と天気』 について、である。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

花粉症と天気


花粉が多く飛ぶ気象条件は、

・晴れて気温が高い。
・空気が乾燥。
・風が強い。
・雨上がりの翌日。


kahun3



また、スギ花粉が多く飛ぶかどうかは、天気・気温の予報からだけではなく、
天気図からも予想出来る。

花粉が特に多く飛ぶのは、この2つである。

『高気圧に覆われた、晴れて暖かい日』
『日本海に低気圧があって、あまり日差しが出ないとき』


しかも、高気圧に覆われるよりも、日本海に低気圧がある時の方が
より多く飛ぶことがある。

日本海を低気圧が進むと、南から暖かい空気がどんどん日本付近へ流れ込み、
気温がグングン上がって、スギから多くの花粉が飛び出してくる。

この飛び出した花粉は、低気圧によって吹く南からの強風に乗って、
スギが少ない都市部まで飛んでいく。

kahun1




花粉は風によって遠方からも運搬されるため、スギ・ヒノキがない都市部でも、
花粉症に悩まされる。

都市部はアスファルトジャングルであり、乾燥している時は地面に落ちた
花粉は再度、風で巻き上げられ、飛散する。


都市における一日の花粉の飛散量は、『午前から昼頃』 と
『夕方』 にピーク
 がある。

午前から昼頃のピークは、スギ・ヒノキが花粉を飛ばし、それが
都市まで風で運ばれたため、夕方のピークは、一度地面に落ちた花粉が、
交通量が増える夕方に巻き上げられて増えると言われている。

kahun2








既に 『花粉症』 の季節が始まりつつある。

今回は、『今年の花粉量の予測』 について、である。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

全国の花粉量の予測については、『日本気象協会』 の 『tenki.jp』 の
『花粉情報』 コーナーで連日詳しく公開されている。
 http://www.tenki.jp/kfn/index.html


そもそも、スギの花芽は、夏に作られる。

前年の7月の気温が高く、日照時間が長い、と雄花の芽が、多くつく。
そして、翌年の春には、花粉が豊作となる。

そのため、夏季が暑かった翌年は、スギ花粉症の人は、気を付けなくてならない。

さらに、早春が暖かいと、開花も盛んになり、多量の花粉が、いっせいに
飛び出すことになる。

また、空気が乾燥して、風が強い日には、花粉は風に乗って遠くまで飛ぶ。

スギが近くにないからといって油断は出来ない。


今年はスギ花粉の飛散は少ない と言われている。

昨年の7月は、気温は平年並みであったが、日照時間は短かった。

ただし、安心は出来ない

例え、花粉の飛散量が10分の1になっても、
症状は2分の1程度にしかならない
 と言われている。

十分な花粉症の対策、治療が必要となる。

 『花粉症 早めの対策が重要』 『花粉症の対策』
 『花粉症の治療』                      なども参照。





既に 『花粉症』 の季節が始まりつつある。

今回は、『花粉症』 について、である。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。
 
  ・花粉症とは
  ・今年の花粉症予測
  ・花粉症と天気
  ・花粉症 早めの対策が重要
  ・花粉症の対策
  ・花粉症の治療            など
 



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


花粉症


現在、日本人の 約20% が花粉症だといわれている。

地域・年度によっては、『40-50%』 との報告もあるくらいである。

花粉症とは、スギ・ヒノキなどの植物の花粉が原因となって、
くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気である。

人体には、体内に入り込んだ異物(抗原)に対抗する物質(抗体)を作って、
これを排除しようとする働きがある。アレルギー症状とは、この働きが
過剰な状態 を指す。

花粉症の場合、体内に取り込まれた花粉抗原が、ある一定量に達すると、
取り込まれた抗原に対する IgE抗体 が作られるようになる。

 『IgEについて』 参照。

その抗体が様々な症状の原因となる。

具体的には、花粉を体内にこれ以上入れないよう、『くしゃみ』 で吹き飛ばす、
体内に進入した花粉を 『鼻水』 や 『涙』 で体外に排出する、
『鼻詰まり』 を起こす事で花粉が体内に入れないようにする、
『痒み』 を発生させ、掻く事によって体外に追い払う、などの症状である。

花粉症は、季節性のアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎とも呼ばれていて、
原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状が出る。

日本では、約60種類の植物により花粉症を引き起こすと報告されており、
春にはスギ・ヒノキ、夏にはイネ科の植物であるカモガヤ、
秋にはキク科の植物であるブタクサ・ヨモギ、などが有名である。

症状は、鼻の症状だけでなく、目の症状(痒み、涙、充血、など)を
伴う場合が多く、その他にノドのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じ、
などの症状が現れる事もある。

一般的に、関西よりも関東の方がその被害が大きく、20年前にはこどもでは
あまり見られなかったスギ花粉症が、近年では珍しくなくなってきている。

植林政策によるスギの増加、地球の温暖化、
ディーゼル排気を中心とする大気汚染、食生活の変化

など、様々な原因が組み合わさって増加していると考えらている。

今後は、ヒノキの花粉症も増えることが予想されている。


スギの開花は春であり、九州では2月上旬、東北は4月上旬、その他の地域では、
2月下旬から 花が咲く。

ちなみに、北海道・沖縄にはスギが殆どない。

花が開くと雄花から、花粉を飛ばす。

スギの花粉が、空中を飛散する期間は、およそ 2ヶ月 に渡る。


アレルギー性鼻炎と気管支喘息との関連について言うと、
アレルギー性鼻炎における喘息合併頻度は、成人で2割、小児で 6割 である。

さらに、喘息にアレルギー性鼻炎を合併する頻度は、成人で6割、
小児で 7-8割 といずれも小児で高率である。






サイバーキッズクリニック    

アレルギー 花粉症 目次
 ・花粉症とは
 ・花粉症と天気
 ・今年の花粉症予測
 ・花粉症 早めの対策が重要
 ・花粉症の対策
 ・花粉症の治療
 ・花粉症とカゼ
 ・花粉症とコンタクトレンズ



明日、2月3日は節分である。

今回は、『節分』 についての記事である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

節分:豆知識 なぜ鬼が登場? 豆まきにはどんな意味が? 
                                  毎日新聞 2007.2.2
           http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20070202ddm013100166000c.html


3日は節分。年中行事だが、なぜ鬼が登場するのか。
豆まきにはどんな意味があるのか。太巻きを食べるのはなぜか。
知っていそうで知らない節分について調べてみた。


●もとは宮中行事

節分とは年に4回ある立春、立夏、立秋、立冬の前日を指した。
そのうち、かつては立春が正月だったこともあり、特に節分を指すようになった。

一方で 『追儺(ついな)』 と呼ばれる中国の風習が7世紀末に
伝わり、宮中の大みそかの年中行事となった。
悪魔を払い、疫病を除く厄よけの儀式で、次第に寺社に広がった。
江戸時代には両者が結び付き庶民の行事として定着した。

日本で最初に厄よけ祈願の節分行事 『節分会(え)』 をした壬生寺は
御所から見て、裏鬼門の方角にある。壬生寺の松浦俊昭副住職は
『裏鬼門を守るために、900年以上前に白河天皇の発願で始まった。
鬼は古来、厄をもたらすものとされてきたため、節分に登場するのです』
と説明する。 鬼=災いの象徴 というわけだ。


●なぜ太巻き?

では、豆をまき、太巻きを食べるのはなぜか? 

豆については、諸説がある。

『魔を滅する=まめ』 や 『魔の目(まめ)に豆を投げる』
が代表的だが、同寺の節分会で演じられる狂言 『節分』 には
『人は、まめになる(勤勉に精進する)ことで不幸を追い払う』
との教訓が込められている。

太巻きを食べるのは大阪海苔協同組合によると、江戸時代後期、
大阪・船場の商家で幸福祈願として始まったと言われる。
一度は廃れたが、約30年前にのり店経営者らが節分のイベントとして
のり巻きの早食い競争を始めたりして広がったという。

太巻きは、正確には恵方巻きと呼ぶ。恵方とは歳徳神のいる方角で、
その年の 『えと』 によって代わり、 今年は北北西 だ。


●多様化する節分

伝統行事の節分だが、最近は家庭でカジュアルに楽しむ傾向が強い。
サントリー次世代研究所が東京、大阪など4地域の約170世帯を対象に
年中行事について01-02年に調べたところ、節分の実施率は正月、
クリスマスなどに次ぐ、6番目の 74.7% だった。

調査を担当した狭間恵三子課長は
『子どもは、豆まきや、無言で恵方巻きを食べることでゲーム的に楽しめ、
主婦も晩ご飯は恵方巻きとお手軽。さらに、鬼役の父親が主役になる
数少ない行事。いろいろな面でやりやすいイベント』 と分析する。


◆意外に怖い、豆の誤飲 

◇膨らんで気道が詰まることも--きちんと掃除を

楽しい節分だが、まいた豆を乳幼児が誤って飲み込む事故には注意したい。

子どもの誤飲事故は気管支などの気道に詰まらせる場合と、
食道、胃、腸など消化管に入る場合に分けられる。

豆類やおもちゃの小さな部品などは 気道に詰まる 場合が多く、
たばこ、医薬品、化粧品などは消化管に入る例が多いという。

『豆は意外に怖い』 と子どもの事故に詳しい小児科医の
池谷優子さんは警告する。
『子どもは大人に比べて呼吸が速いので気道が開いている時間が長く、
豆が気道に入り、詰まることがある』

豆が危険なのは体内の温度や湿度により 膨らむ からだ。

赤ちゃんの気道の太さは小指程度のため、膨らんだ豆なら気道が
詰まってしまうこともある。池谷さんは
『ハイハイを始めた赤ちゃんのいる家庭は豆まきの後、
きちんと掃除しましょう』 と呼びかける。

誤飲事故全体で見ると、最多はたばこ
厚生労働省が8病院の小児科からの報告をまとめた05年度の調査では、
全725件中たばこが3割強を占め、27年連続でトップ
続いて医薬品類が100件、おもちゃ69件。

ダスキンの家事代行サービス、ダスキンメリーメイドの藤川和子さんは
清掃に訪れた家庭で何度か 『危ない』 と思ったことがある。
藤川さんは 『ハイハイの赤ちゃんの 低い目線 からは
ベッドやソファの下はよく見える。コインなどが落ちていると危険』
と話す。

もしも子どもが異物を飲み込んだら、無理に吐かせようとすると、
気道を傷つけたり、揮発性の液体の場合、肺炎を起こす場合もある。
池谷さんは 『飲んだと思われる物を持って、
すぐに救急科に連絡した方がいい』
 とアドバイスする。

-------------------------------------------------------------------------

様々な行事を家族で楽しむ事は重要である。

節分の由来でも話しながら、是非、家庭で、『節分』 を楽しんで欲しい。


ただ、『誤飲』 『誤嚥』 には十分に注意して頂きたい

 『異物誤飲について』 参照。
 誤飲の対処に役立つHPはLINKも張ってある。

 タバコの誤飲についても、『タバコ誤飲』 参照。





今回は、今シーズンのインフルエンザの近況について、である。


インフルエンザの情報については、

 『インフルエンザ』 
 『インフルエンザ 感染の予防』  


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、

 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』         


その他のインフルエンザ関連の記事では、

 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』        など参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


MLインフルエンザ流行前線情報DB
http://ml-flu.children.jp/


2007.1.26-2.1までの分である。

有志で自主的に報告して作製されているが、最も情報が早く、
現在の状況を最も反映していると考えられている。


inhuru5


⇒全国的に流行の兆しが見える。


大分遅くなったが、ついに、インフルエンザシーズンに突入すると思われる。


過去10年間のインフルエンザ発生状況のグラフを見ると、今シーズンの
患者発生数の動向は、2000/01シーズンのそれに酷似していることが分かる。

同シーズンは、過去10年間で最も患者数が 少なかった が、
それと同時に、報告数の ピークが3月初旬と最も遅かった
のが特徴だ。

仮に、今年、2000/01シーズンと同じ経過をたどるとすれば、
3月半ばのピークに向けて、これからまだまだ患者数が増えることも
考えられる。


インフルエンザウイルスのタイプに関しては、シーズン当初はB型が多かったが、
12月後半からA型(AH3亜型)が増加しており、全分離報告件数のうち
半数以上をA型が占める状況になっている。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。