上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『薬』 には、抗アレルギー剤、けいれん止め、抗生剤、などのように
『病気そのものを治すための薬』 と、
カゼ薬、解熱剤のように 『症状を和らげるための薬』 がある。


『症状を和らげる薬』 なら 『飲めれば飲む』 といったスタンスで良いが、
『薬を飲まないと治らない』 といった場合、薬を飲ますのに苦労する。


さらに、定期的に時間通り飲んで血中濃度(血液中の薬の濃度)を保つ薬なのか、
飲めば飲んだだけ飲んだ時に効く薬なのか、という違いもある。


実際、多くの薬は、毎食後とか、朝・夕食後などと出されているが、
食後に必ず飲まなければいけないという薬は少ない。


抗けいれん剤、免疫抑制剤などの 『血中濃度を保つ必要がある薬』 は、
しっかり指示通り、定期的に飲まないといけない。


また、食事との関係では、殆どの薬は、食欲が無い場合、

食事が摂れなくても飲んで良い


ただ吐き気が強い時には、飲んでも吐くだけなので飲まない方が良い。


薬を飲む事を忘れないように、『食後』にしているだけであり、
食事との関係より、
決められた回数を確実に飲む事が大切
である。


また、1回薬を飲むのを忘れたからといって、
2回分をいっぺんにあげてはいけない


薬の飲み方、絶対に飲まないといけない薬かどうか、などは、
事前に医師に確認しておく必要がある。


実際の 『薬の上手な飲ませ方』 は、こども毎で異なり
その日の 機嫌・気分にも左右される 事も多い。

  『こどもの薬の飲ませ方』 参照。


特に薬を飲む時は 病気の時 なので飲まない事も多い。

普段からいざという時のためにこどもの好みを把握して、
薬を飲ませる方法を探っておくと良い。


粉薬が良い、水薬が良い、座薬が苦手、錠剤が飲める、などと、
飲み易い薬剤の情報をもらえると医師は大変助かる。





 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   


スポンサーサイト


こどもの薬一般については、『こどもの薬について』 参照。

ここでは、具体的な薬の飲ませ方について述べる。

-----------------------------------------------------------------------------


水薬・シロップ剤の飲ませ方

軽く振って中身を均一にする。

指示されている量をきちんとを測り、スプーンやスポイトなどで
頬の内側に少しずつ 垂らして飲ませる。

その後、水やぬるま湯を飲ませる。

一気に飲めるこどもならコップで飲ませても良い。



粉薬の飲ませ方

 薬を粉のまま指などにとり、薬を頬の内側や口の中の上あごに塗りつけた後、
   水分を飲ます。

 粉のままヨーグルト、アイスクリーム、ジャムなどに混ぜて飲ます。

 数滴の水または湯で溶かし、練って団子状にして口の中に入れる、
   または頬の内側に塗りつけた後、水分を飲ます。

 スプーン数杯の水または湯で溶かし、スプーンで飲ます。スポイトで飲ます。
   スポイトを使って飲ませる場合は、舌の前ではすぐ吐き出されてしまうので、
   奥歯の付近で、のどの奥へ薬が流れていくようにそっと流し込む。

 数mlの水または湯で溶かし、空乳首・コップなどで飲ます。

 数10mlのジュースなどに溶かし飲ます。


などと、多くの方法がある。

これらの内で、こどもにあった、出来そうな方法で飲ます。


ミルクに混ぜるのは、
ミルクの味が変わってミルク嫌いになる、
ミルクを飲み残して薬が全量飲めない、

などの恐れがあり、お勧め出来ない。

もちろん、薬を混ぜたジュースも飲み残さない量にする事が大切である。


ジュースの種類によっては、混ぜると余計に苦味が増す
組み合わせもあり、要注意である。

 『苦い粉薬の飲ませ方』 参照。


事前に、薬同士、他の飲料などと、
混ぜてよいかどうか、確認 しておく必要がある。


幼児以上のこどもには事前にちゃんと
薬が必要な理由を説明する。
そして薬が飲めた時は必ず褒めてあげる
 事も大切である。


『薬の上手な飲ませ方』 は、こども毎で異なり、
その日の機嫌や気分にも左右される事も多い。

特に薬を飲む時は病気の時なので飲まない事も多い。


普段からいざという時のためにこどもの好みを把握して、
薬を飲ませる方法を探っておくと良い。


粉薬が良い、水薬が良い、座薬が苦手、錠剤が飲める、などと
飲み易い薬の情報をもらえると医師は大変助かる。




 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。