上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



段々マニアックになるが、今回は 『赤ちゃんの呼吸障害』 についてである。

親御さんが判定したり、気付いたり、という事は、まず無いと思うが、
こんな風に呼ばれる、こんな感じの症状があると言う位で見て欲しい。

実際の赤ちゃんの呼吸障害の病気については、別項を参照してもらう。

赤ちゃんの呼吸障害は小児科医でも、新生児医療に慣れていないと、
なかなか重症度の判定は難しい。

-------------------------------------------------------------------------------

多呼吸  たこきゅう

呼吸が速くなる・呼吸数が多くなる事を言う。

赤ちゃんでは通常1分間に30-40回と、もともと成人の倍の呼吸数である。
1分間に60回以上の呼吸数の時、多呼吸と判定する。

新生児は、肺の換気面積が少なく、成人の約1/2である。

また、呼吸筋の発達が未熟であり、肋骨の走行も平行であるため、
1回換気量を増加させる事が困難である。

そのため、呼吸障害時には、少ない1回換気量を補うため、
呼吸数を増加させる事になる。

『喘息発作』などでも多呼吸は起こるが、学童では30-40/分以上である。



陥没呼吸  かんぼつこきゅう

前胸部、胸骨の下、の辺りが息を吸う時(吸気時)に、
苦しくてへこむ(陥没する)呼吸の事を言う。

赤ちゃんは胸郭が柔らかいので陥没呼吸は起きやすい。



呻吟  しんぎん

息を吐きだす際にうめくような音を出す事である。

息を吐く時(呼気時)に声帯を狭くするために聞こえる音で、呼気時に口をすぼめて気道を狭くする事で陽圧をかけ、肺が潰れない・しぼまないようにする。



尾翼呼吸  びよくこきゅう


吸気時に鼻の穴(鼻孔)を広げて一生懸命に空気を吸おうとする事を言う。

新生児の呼吸は生後1ヵ月頃までは鼻呼吸が主である。

これは経口哺乳時にも呼吸が出来るという新生児特有の利点であるが、
鼻は狭く、口呼吸に比べ、呼吸障害時には不利である。

そのため、少しでも鼻腔を広げようと吸気時に鼻を大きく開かせようとする。


その他、口唇のチアノーゼ、全身皮膚色の不良、などを呈する。



チアノーゼ

皮膚が青みがかった色になる事である。

肺での酸素化が充分でないため、血液中の酸素の濃度が低くなる事で起こる。

血液は酸素を組織に送っている。

赤血球中の『ヘモグロビン』という物質のうち、
酸素と結合したものを 『酸化ヘモグロビン』 、
酸素を離したものを 『還元ヘモグロビン』 という。

酸素の供給が少ないと 『還元ヘモグロビン』 が増える事になる。

チアノーゼの本質は血液中の 『還元ヘモグロビン』 の増加による。

『還元ヘモグロビン』 の増加により血液は黒っぽくなり、
皮膚のチアノーゼが現れる。

皮膚の色にもよるが一般に 『還元ヘモグロビン』 の量が5 g/dl以上にならないとチアノーゼは認められない。

相対的な増加のせいではなく、
『還元ヘモグロビン』 の絶対量の増加によりチアノーゼが現れる。

したがって、多血症(血が濃い)の場合には、
貧血の場合に比べて血液の酸素飽和度が高くてもチアノーゼが認められる。




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。