上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アトピー性皮膚炎におけるスキンケアの基本は2点ある。


1つは、皮膚を清潔に保つ事、もう1つは、乾燥を防ぐ事、である。


皮膚を清潔に保つためには入浴が大切である。

 『アトピー 入浴時に注意すること』 参照。


乾燥に対するスキンケアについてだが、
いわゆる『アトピックドライスキン』では外からの刺激物質に過敏になるとともに、
アレルゲンや微生物などの侵入が容易となるため、
スキンケアにより皮膚の『バリア機能』を回復する
事が大切となる。


軽微な皮膚炎は、保湿剤のみで改善 する事もある。


皮膚を清潔に保つためのスキンケアを 過度 に行うと、
皮脂、セラミドなどの角質細胞間脂質、尿素やアミノ酸などの
天然保湿因子などを失ってしまうために、乾燥を助長 しかねない。


この2つのスキンケアは 相反 する面があるのだが、
入浴後、まだ皮膚の角層に水分が残っているうちに急いで保湿剤を塗って
水分を閉じ込めるようにするのが良いとされている。


その他、室内を清潔にする、
洗剤は出来れば界面活性剤の含有量の少ない物を使用する、
爪を短く切りなるべく掻かないようにする、
新しい肌着は使用前に水洗いする、なども重要である。





 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。