• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



卵アレルギーを有する児でも予防接種は大切であり、どんどん接種すべきである。
個人的にも御家族と相談の上、どんどん接種を勧めている。

インフルエンザワクチン接種にあたり、相談も多い。

今回は、卵アレルギー児のワクチン接種について、である。



 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

----------------------------------------------------------------------------

卵アレルギーを有する児が予防接種をする場合、
次のワクチンがこれまで問題とされてきた。



麻疹、ムンプスワクチン

厚生労働省作製の予防接種ガイドラインの中に、

『現行の麻疹及びムンプスワクチンは、
ニワトリ胎児線維芽細胞を用いた組織培養由来で、
卵白と交叉反応を示す蛋白は殆ど含まれていない。

このため、米国では、重度の卵アレルギーを有する小児でも、
麻疹及びムンプスワクチン接種児にアナフィラキシー反応のリスクは低く、
事前の皮膚テスト無しに接種出来る』、 と書かれている。

これらはまず問題にならない。



インフルエンザワクチン

極微量の卵白蛋白が含まれているが、年々精製技術は上がっていて、
製薬会社によっても多少異なるが、
卵白アルブミン量は 『0.3-0.5 ng/0.5ml』 と報告されている。

ただし、海外のインフルエンザワクチンは数十から数百ng/mlと日本に比べるとかなり多い。

ちなみに、μgはmgの1/1000、さらにngはμgの1/1000(つまりmgの1/1000000)である。

これは、前述の麻疹・ムンプスワクチンと同程度の量である。

さらに、実際の接種量は対象となる小児では0.1-0.3ml程度となるため、
卵白アルブミン量は極めて少なく、実際問題となるとは全く思えない。

卵の加工品を食べれている児では、
『卵』 という点では全く気にする必要はない



問題となるのは、卵摂取後にアナフィラキシーを起こした事がある児 位である。


卵白RASTスコア5-6でも、過去に卵でアレルギー症状を呈した事が無いような児で、
たまたまアトピー性皮膚炎などがあって発覚したような児では問題にならない。


アナフィラキシーを起こした事がある児では、
ワクチンの他の成分に反応する事もあり、
皮内テストをした方が無難
 である。

しかし、実際、稀にショックを起こす児は居るので (卵アレルギーで無くても)、
ショックに備えた体制無しで安易に打つべきではない。


ちなみに一般にアレルギー症状を誘発する抗原量は、
総タンパク量としてmg/mlレベルでは確実、
数μg/mlレベルでは個人差で出たり出なかったり、
ng/mlレベルではほぼ誘発しないと考えられている。

つまり、ng/ml程度ではアレルギーは起こらないと考えられている。

特に、1 ng/ml以下では考えにくい。


実際、卵などの表示義務のある特定原材料でも総タンパク量が、
数μg/mlレベルに満たない場合は、表示の必要性は無いとされている。
(現在10μg/ml以上で表示されている)

今のインフルエンザワクチンにはその程度の量しか含まれていない。


(実際の接種については主治医とよくご相談されて下さい。
 もし解らなければ地域のアレルギー、予防接種の専門の先生をお尋ね下さい)




スポンサーサイト


今回は、『仮性アレルゲン』 について、である。


 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの診断』
 『食物アレルギーの治療』 なども参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

仮性アレルゲン

食物アレルギーでは、抗原をキャッチした肥満細胞などから、
『ヒスタミン』 『アセチルコリン』 などの化学物質が放出されるが、
食物自体にヒスタミンなどを多量に含んでいるものもある。

これらを多量に食べると、皮膚が痒くなるなどアレルギーに似た症状が
引き起こされる事がある。

これは、免疫反応を介さない反応であるが、食物アレルギーと似かよった症状を
示すので、一般に 仮性アレルゲン と呼ぶ。


通常は、一度にたくさん食べなければ心配ないので、少しずつ食べる、
食べる頻度を少なくする、などとすれば良い。

ゆでこぼしをする と仮性アレルゲンを減らす事が出来る、
魚介類では鮮度が落ちると仮性アレルゲンの量が増える、と言われている。

体調が悪い時 には、こうした食品は、避けた方が良い。



仮性アレルゲンの食品例

ヒスタミン
ホウレンソウ、トマト、ナス、トウモロコシ、セロリ、タケノコ、エノキダケ、
ジャガイモ、豚肉、牛肉、鶏肉、チーズ、鮮度の悪い青魚、など。

アセチルコリン
トマト、ナス、タケノコ、ピーナッツ、ヤマイモ、サトイモ、ソバ、栗、など。

セロトニン
トマト、バナナ、パイナップル、キウイフルーツ、メロン、など。


その他、冷凍のタラなどに含まれるノイリン、甲殻類などにに含まれる
トリメチルアミン、などといった仮性アレルゲンもある。






今回は、『食品表示義務』 について、である。

 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの診断』
 『食物アレルギーの治療』 も参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------


食品表示義務

数年前までは、アレルギーの 原因食物がわかっても それを避ける事は
容易では無かった

それは、多くの加工食品(ハム、ソーセージ、練り物や種々惣菜など)が広く
一般の家庭に入り込んでいるにも係わらず、原材料表記がなされていなかったため、
原因食物が材料として含まれているか否かを知ることが出来なかったからである。

舐めただけ、というような極微量の原因食品を摂取しただけでも、
アレルギーを発症することがあるため、患者さんにとっては大問題であった。

今日加工食品には卵、牛乳など5品目の特定原材料の表示が 義務化 され、
他の20品目についても表示が 推奨 されている。

ショックを引き起こす食物のうち、ウメ、ブリを除いた総ての食物
が含まれている。

食物アレルギーの患者さんにとっては本当に有り難い表示である。


71






今回は、『食物アレルギーの治療』 について、である。

 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの診断』 も参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

自然寛界

乳幼児期に原因となる食物を口に出来なくても、成長とともに食べられる
様になる事を 自然寛界 と言う。

乳幼児の即時型食物アレルギーの主な原因は、鶏卵、乳製品、小麦 が多く、
その後、加齢とともに 80-90%は耐性を獲得 していく。

例えば、卵・牛乳アレルギーでは、3歳で約50-60%、6歳で約75%、
9歳で約85%、12歳で約90%が 自然寛界 をしている。

学童・成人で新規発症してくる食物アレルギーの原因は、
甲殻類、小麦、 果物、魚類、ソバ、ピーナッツ が多く、
耐性は得られにくい

つまり、乳幼児期に発症した食物アレルギーは加齢とともに耐性を獲得し
食べられるようになるケースが多いのに対し、成長してから発症した
食物アレルギーは治り難い。


食物アレルギーの治療

<原則>
正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去

・除去の程度は患者ごとの個別対応である。
・食物日誌を活用する。
・成長・発達の評価(母子手帳を利用して成長曲線の経過観察)をする。


症状が発現している患者さんに対しては、抗ヒスタミン薬やステロイド薬
などの投与により症状軽減を図る。

しかし、食物アレルギーの治療の基本は 原因食物を食べさせない事
であり、これは 除去食療法 と呼ばれる。

むやみに除去するのではなく
『正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去』 を基本とすべきである。


除去食療法のゴールは、
『除去により症状を発現させないで普通の生活を送り、
やがて耐性を獲得して除去を解除すること』
 にある。

症状の程度は患者さんごとに異なるものであり、したがって除去の程度も
患者さんごとの個別対応 が原則である。

特異的IgE検査や皮膚テストで陽性にでたからと言って、むやみに
陽性となった食物を除去してはいけない

食物制限は患者さんや家族に 精神的な負担 を強いる
ことになるし、患者さんが小児の場合には 身体的な成長にも悪影響
を与えてしまう危険性がある。

除去する場合でも、完全に除去 すべきなのか、
加熱 すれば食べても良いのか(生卵は不可だがゆで卵は可など)、
部分的 には摂取可能か(白身は不可だが黄身は可)、を考慮すべきであるし、
食物によっては低アレルゲン化米や低アレルゲン化乳などが市販されており、
これらの活用を考えることも大切である。

患者の年齢・疑わしい原因食物の種類や数・特異IgE抗体価などの要素に加え、
必要に応じて食物除去試験や負荷試験などを行い 総合的に判断 すべきである。

除去食療法を実施する上では、成長をモニターし、除去食を中止できる可能性を
常に考慮 すべきである。


また、『インタール内服』 をしている児も居て、先生によっては
これを多用しているが、正確な原因究明、除去療法が基本である。

原因が多岐に渡るなどで、症状を抑えるのが困難な場合は使用するが、
実際、インタールを使わなければならない患児は殆ど居ない。




アレルギー情報センター
ガイドライン 『食物アレルギー』 の項 参考




今回は、『食物アレルギーの診断』 について、である。

 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの治療』 なども参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

食物アレルギーの診断

食物アレルギーの診断方法としては、問診・特異的IgE検査・皮膚テスト・
食物除去試験や食物負荷試験が挙げられるが、具体的な食物アレルギー診断の
フローチャートを以下に示す。


フロー2



まず、血液検査で原因食品に対する特異的IgE抗体があるかどうかを調べる
のが一般的で、必要に応じて、スクッチ・テスト、プリック・テストなども行う。

検査データで原因食物かどうかのおおよその推測をするが、それのみでは
完全では無く、検査が陽性でも食べられる場合が少なくない

そのため、不要な食物制限を避けるため、最終的には食物負荷試験で確認する。

症状があり、かつ、IgE RASTが上がっている場合は可能性が高い。



問診

症状、発症の状況(疑われる食物、発症までの時間など)や家族歴等は、
診断の基本 となる。症状の変化を確認するために食物日誌をつける
ことも診断に役立つ。注意すべき点は、患者さんが 思い込み で
原因食物を報告してしまう場合や、別にある重要な原因食物が見逃されている
場合がある事である。

体調に関わらず、複数回症状が出たものは疑わしい

即時反応なら数分から2時間程度以内であるが、遅延型反応であると、
1日以上かかる事もあり、食物の関与を疑うのは難しい。

症状が複数回出た場合には、重なってくる状況・食物などで推察する事が出来る。


特異的IgE検査(キャップ法など)

食物アレルギーの多くは、IgE抗体が関与しているため、血中に存在する個々の
食物(アレルゲン)特異IgE抗体を測定する検査も活用されている。

この方法は問診以外では最も広く日常臨床の場で行なわれている検査である。

一度の採血で、食物アレルゲンのみならず、吸入アレルゲンも含めて10種類以上の
項目について検査出来、薬剤の影響も受けない再現性に優れた検査である。

しかし、本検査はアレルゲンに感作されたことを示す血中特異IgE抗体の有無を
調べる検査であり、食物アレルギーの発現とは 必ずしも一致しない
ことに注意が必要である。

特異的IgE検査結果が陽性となったものは総て食べてはいけないというのは
かなり乱暴 である。

しかし、抗体検査結果が陽性となった食物には 注意すべき であり、
食物の種類によって程度に違いはあるが、抗体価が高いほど原因食物である
可能性は高いと言える。

総IgE値の高さ、抗体価の推移、なども、原因かどうかの参考になる。

 『IgEについて』 も参照。


皮膚テスト(プリックテスト)

患者さんの皮膚に傷をつけアレルゲンを負荷し、発疹の有無やその大きさを調べる
方法である。直接患者さんの身体を使って調べる優れた方法であるが、
薬剤や患者さんの 体調により結果が異なってくる 事や
検査に手間がかかるなどの問題がある。食物アレルギーの関与が疑われる
乳児アトピー性皮膚炎において特異的IgE検査では陰性であっても、
本試験では陽性となる場合もある。


食物除去試験

問診・特異的IgE検査等で疑わしい原因食物が見つかった場合に行われる。

疑わしい食物(複数食物でも可)を約2週間程度完全に除去して症状がなくなるか
どうかを確認する。症状がなくなれば、その食物あるいは除去した複数の
食物の中のどれかが原因であると推察できる。


食物負荷試験

実際に患者さんに疑わしい原因食物を食べさせて症状が出現するか否かを調べる
もので非常に 信頼性が高い 検査であるが、当然のことながら
アナフィラキシーなどの過敏症状が出る危険性がある。

したがって、専門の医師 が 入院設備のある施設 で
少量の負荷から始める のが基本であり、患者さんの体調が良くない
ときには行うべきではない。




アレルギー情報センター
ガイドライン 『食物アレルギー』 の項 参考
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/03.html





今回から数回は、『食物アレルギー』 について、である。

まずは、『食物アレルギーとは』、その後、『食物アレルギーの診断』
『食物アレルギーの治療』、などと続いていく予定である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

食物アレルギーの定義

『原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状
(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシーなど)が惹起される現象』


食物アレルギーの症状

  皮膚症状   :そう痒感、じんましん、血管運動性浮腫、発赤、湿疹
   眼症状   :結膜充血・浮腫、そう痒感、流涙、眼瞼浮腫
口腔咽喉頭症状:口腔・口唇・舌の違和感・腫張、喉頭絞扼感、
            喉頭浮腫、嗄声、喉の痒み・イガイガ感
 消化器症状  :腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便
 上気道症状  :くしゃみ、鼻汁、鼻閉
 下気道症状  :呼吸困難、咳嗽、喘鳴

 全身性症状  :アナフィラキシーショック
            頻脈、虚脱状態(ぐったり)・意識障害・血圧低下


即時型食物アレルギーの最も頻度が高い症状は皮膚症状であるが、
呼吸器症状を呈する例ではアナフィラキシーショックに至ることもあるので、
注意が必要である。


『食物アレルギーの診断』 の所でも述べるが、1回蕁麻疹が出たら、
すぐに食物アレルギー、原因食物、という訳ではない。

蕁麻疹はカゼなどでも引き起こされるし、消化機能は体調にも左右される。

つまり、普段は大丈夫でも、体調不良時には蕁麻疹が出る食物もある。

繰り返し症状が出る食物は、まず間違いなく原因であり、除去する方が良い。

ただし、アナフィラキシーなどの強い症状を呈した場合は、疑わしい段階でも
除去せざるを得ない場合が多い。


乳児の食物アレルギー患者の多くは、アトピー性皮膚炎を合併 している。

このような食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎では、
治療ガイドラインに即したアトピー性皮膚炎の治療と食物アレルギーに対する
治療を並行して行う必要がある。

ただし、年長児になるにつれ、食物が原因で湿疹が悪化する事は少なくなり、
環境要因 が主体となる。

むやみに、食物制限をすべきではない


食物アレルギーの疫学

わが国における食物アレルギー有病率調査は諸家の報告より、
乳児が5-10%学童以降が1.3%程度 と考えられ、
全年齢を通して、わが国では推定1-2%程度の有病率であると考えられる。

欧米では、フランスで3-5%、アメリカで3.5-4%、3歳の6%に既往がある、
とする報告がある。


グラフ1

                    【全年齢における原因食物】



        表1

                    【年齢別主な原因食物】



グラフ2

                        【症状】



           『今井孝成、海老澤元宏:平成14年度厚生労働科学研究報告書』 より



乳幼児の即時型食物アレルギーの主な原因は、鶏卵、乳製品、小麦が多く、
その後加齢とともに 80-90%は耐性を獲得 していく。

学童・成人で新規発症してくる食物アレルギーの原因は、
甲殻類、小麦、 果物、魚類、ソバ、ピーナッツ が多く、
耐性は得られにくい

つまり、乳幼児期に発症した食物アレルギーは加齢とともに耐性を獲得し
食べられるようになるケースが多いのに対し、成長してから発症した
食物アレルギーは治り難い。

学童・成人の甲殻類・小麦アレルギーに食物依存性運動誘発アナフィラキシーの
関与する例が存在する。




アレルギー情報センター
ガイドライン 『食物アレルギー』 の項 参考
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/index.html




もうすぐクリスマス。

こどもにとってとても楽しい時期も、ケーキ、お菓子が食べられないと、
寂しいシーズンになってしまう。

今回は、クリスマスケーキを食物アレルギー持つ子に食べさせたい、
という記事である。

----------------------------------------------------------------------------


クリスマスケーキ:食物アレルギー持つ子に食べさせたい
                                毎日新聞 2006.12.5
                     http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi


クリスマスまであと20日、ケーキの受注もピークを迎えている。
食物アレルギーを持つ子どもにも、ケーキを食べさせたい・・・。
そんな親の声に応えて、アレルゲンを除去したケーキを作り、
宅配する店が徐々に増えている。

大阪府豊中市にある手作り焼き菓子の店 『カドー』 は、
2年前から 『アレルギー対応ケーキ』 を作っている。
卵・乳製品不使用、卵・小麦不使用、卵・小麦・乳製品すべて不使用、
など全部で11種類を、一般の菓子を作る工房とは別の工房で作り分ける。
小麦の代わりに大麦や米粉、生クリームの代わりに天然植物油が
原料の乳化剤などで作ったクリームを使っているが、
見た目は通常のケーキと変わりない。

昨年、全国配送が可能な冷凍ケーキを考案し、クリスマスケーキの販売を
始めたが、口コミで知ったアレルギーの子を持つ親から注文が殺到。
製造可能な500個が11月中旬までに売り切れた。店長の倉内和巳さんは
『北海道から沖縄まで、全国から注文が来る。今年はスタッフを増やして、
すべてに対応できるようにしたい』 と意気込む。

三重県伊賀市の 『メルヴェイユ』 は、卵抜き、卵・牛乳抜き、
卵・牛乳・小麦粉抜き、の3種のホールケーキ 『ガトーノーエッグ』 を販売。
ロールケーキ 『カフェロール』 (卵、牛乳抜き)は、
ブッシュ・ド・ノエルのようなクリスマスらしいケーキが楽しめそうだ。
『自分で豆乳ホイップクリームがデコレーションできる、
割安な手作りキットもある。お子さんと一緒に飾り付けを楽しんでほしい』
と、同店の山中俊明シェフは話す。

流通大手のセブン&アイ・ホールディングス(東京)は今年のクリスマスから、
セブン-イレブン(千葉と埼玉の店舗限定、店頭渡しのみ)など
グループ各店で、アレルギー対応ケーキの予約を受け付けている。

グループのスーパー、イトーヨーカドーが卵や乳製品などの
5大アレルゲンを使わずに作った 『米粉と豆乳クリームのケーキ』 の
販売を始めて3年目。今年4月からは、一年中購入できるようになった。
クリスマス時期はグループの共通商品として、1万個を予約販売する。
『アレルギーの方からだけでなく、豆乳が好きな健康志向の方にも
支持されている』 と、同グループ広報センターは話す。

厚生労働省の調査によると、
国民の3人に1人が、何らかのアレルギー症状 を有するという。
卵や乳製品などの食べ物が原因で食後に症状を起こす 『食物アレルギー』
の患者は子どもが多く、約8割が6歳以下 の乳幼児だ。

『食物アレルギーの子を持つ親の会』 の武内澄子代表は、
『食物アレルギーのある子は、洋菓子が食べられないことが多いので、
いろいろなお店が努力してケーキを作ってくれることは大変ありがたい』
と歓迎する。ただ、『個人差が大きい 疾患なので、
他のアレルギーの子が食べて大丈夫だったからうちの子も大丈夫、
とは限らない。注文時に製造状況や原材料などを細かく確認して欲しい』
と話す。

こうした店の多くは、卵や乳製品を使った普通のケーキも販売している。
アレルゲンの混入を防ぐため通常のケーキと違う道具、時間帯で作っているが、
すべてのアレルゲンを100%除去できているとは限らない
そのため、殆どの店で、重いアレルギー症状の 『アナフィラキシーショック』
を起こす人や、極微量でも反応の出る人などは購入しないよう呼びかけている。

また、作れる数に限りがあるため
注文締め切り日前に完売することも少なくない。
冷凍ケーキの場合は20-22日ごろ届けられることもあるので、
クリスマスまで自宅冷凍庫で保管することが必要だ。

食物アレルギーの子どもは、市販の菓子が食べられないこともあり、
親は手作りすることが多い。
アレルゲンを除去したケーキを手作りするための参考になるレシピ本も
何冊か出版されている。

11月に出版されたばかりの 『卵・バター・牛乳・砂糖なしだから美味しい!
華やかケーキと素朴お菓子』 (河出書房新社)では、木綿豆腐を使った
ホールケーキ 『華やかいちごのケーキ』 が紹介されている。
本のタイトル通り、砂糖の代わりにメープルシロップを甘みにした一品だ。

『卵を使わないと、泡立てなどの面倒なプロセスがなく作りやすい。
アレルギーの人だけでなく、美容や健康のために甘いものを
我慢していた人にも作ってほしい』 と編集担当者は話す。

      ---------------------------------------

アレルギー対応のクリスマスケーキを全国配送する主な店

店名(所在地と電話番号)
宅配向け商品の種類、価格(税込み、送料・手数料別)、注文締め切り日

・カドー(大阪府豊中市、06-6848-3312)
冷凍11種類、直径12センチ2940円、同15センチ3465円、12月10日

・メルヴェイユ(三重県伊賀市、0595-23-0121)
冷凍7種類、直径15センチ3360円、同18センチ4410円、
カフェロール1本2835円、12月15日

・洋菓子しおんボンバイエ(仙台市太白区、022‐242-2619)
冷凍3種類、直径15センチ3300円、同18センチ4300円、12月10日

・ミニヨン手作り工房カワムラ(山口県周南市、0834‐29‐1194)
冷蔵6種類、直径15センチ2835円、同18センチ3885円、同21センチ4935円
同24センチ6405円、12月20-22、25、26日到着の各日70個限定で、
達し次第注文締め切り

・イトーヨーカドー(全国176店)
冷蔵1種類、直径15センチ4000円、12月14日

----------------------------------------------------------------------------------

食物アレルギーは比較的多く、幼稚園・保育園での調査で、
0歳 11.6%、1歳 6.7%、2歳 4.7%、3歳 2.0%、
4歳 1.8%、5歳 1.7%、全体 2.26%
、というデータがある。

卵・牛乳アレルギーは、統計的には、3歳で50-60%
6歳で75%前後9歳で85%前後、が自然寛界する。

消化能力が成長とともに発達 する事、
腸のパイエル板からのIgA分泌量が増える事、
免疫力が増強される事、などにより、自然寛界すると考えられる。

しかし、『食べられる』 と判断するのはなかなか難しく、
親としては怪しい食べ物は、ついつい制限する事が多くなる。

こどもにとって、行事に参加出来ない、ケーキを食べられない、などは、
かなり大きな出来事である。

こういう風に、アレルギー児にも、通常生活が送れる社会、工夫を、
是非考えて頂きたいものである。

食べ物の 『除去』、『解除』 については、アレルギーに詳しい、
小児科医の指示の元、行う事が望ましい。




 ↓1日1クリックにて、更なる応援宜しくお願い致します。
   







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。