• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、いわゆる 『夏カゼ』 の中の 『手足口病』 について、である。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
   

-----------------------------------------------------------------------------

手足口病

手足口病(hand, foot and mouth disease:HFMD)は、その名が示すとおり、
口腔粘膜・手・足などに現れる水疱性の発疹を主症状としたウイルス感染症で、
幼児を中心に夏季に流行が見られる。

コクサッキーA16、Aコクサッキー10、エンテロウイルス71、などの
エンテロウイルスの仲間により起こる。

幼児中心に流行し、2歳以下が半数を占めるが、学童でも流行がみられる事がある。

また、学童以上の年齢層の大半は既にこれらのウイルス感染を受けている
場合が多いので、成人での発症はあまり多くない。

3~5日の潜伏期をおいて、口腔粘膜、手掌、足底、足背などの四肢末端に
2~3mmの水疱性発疹が出現する。

HFMD1

HFMD2

HFMD3


時に肘、膝、臀部などにも出現することもある。

手、足、口の全ての部位に発疹が出現する割合は小さいこどもほど高い。

口腔粘膜では小潰瘍を形成する事もあり、口内炎がひどくなると痛くて
食べられなくなる事もある。

特に舌周縁部のものは痛みが強い。

発熱は約1/3に見られるが 軽度 であり、38℃以下の事が殆どで、
出ても大体、3日間以内で下がる事が多い。

その他に、鼻水、咳などの感冒症状、口が痛いために生じる食欲不振、
よだれの増加などがみられる。

通常は3~7日の経過で消退し、水疱が痂皮を形成する事はない。

稀には髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系合併症、心筋炎、などを
生ずる事もある。


鑑別診断としては、口腔病変はヘルパンギーナ、ヘルペスウイルスによる
歯肉口内炎、アフタ性口内炎などが挙げられる。

手足の発疹に関しては、水痘の初期疹、ストロフルス、伝染性軟疣腫
などが鑑別の対象となる。


刺激にならないよう柔かめで薄味の食べ物を勧めるが、何よりも
水分不足にならないようにする 事が最も重要である。

スポーツ飲料などで水分を少量頻回に与えるよう努める。

時には経静脈的補液も必要となる。


 『こどもの脱水について』 『経口補液療法について』 参照。


元気がない、頭痛、嘔吐、高熱、意識障害、などの場合には髄膜炎、
脳炎などへの進展を注意する。


感染経路は、飛沫感染に加えて、夏カゼのウイルスは腸で増殖するため、
喉・鼻の分泌物以外に糞便からもよく感染する。

予防としては患者に近づかない、手洗いの励行、などである。

手足口病は、学校で予防すべき伝染病1~3種に含まれていない。

主症状から回復した後もウイルスは 長期にわたって排泄 される事が
あるため、急性期のみ登校登園停止を行って、学校・幼稚園・保育園などでの
流行阻止を狙っても、効果はあまり期待が出来ない

通常の流行状況での登校登園の問題については、流行阻止の目的というよりも
患者本人の状態によって判断すれば良いと考えられる。

が、実際は殆どの幼稚園・保育園で、登園許可証が必要となっている。



スポンサーサイト


今回は、こどもに比較的多い、『鼠径ヘルニア』 、いわゆる 『脱腸』
について、である。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

鼠径ヘルニア そけいヘルニア ソケイヘルニア


腹部の臓器(腸、卵巣など)が飛び出し、鼠径部・陰嚢部が腫れてくる病気、
いわゆる 『脱腸』 である。

鼠径ヘルニアの発生頻度は0.8-6%で、男女比は2:1から10:1と報告者によって
開きがあるが、男児が女児を上回る。

大部分が1歳までに発症する。

左右別発生頻度は右側が60%、左側30%、両側が10%程度、である。

これは、まず左精巣が下降を開始し、少し遅れて右精巣が下降し始めるという
下降開始時期のずれによるとされている。


発症機序だが、お腹の壁の一番内側は腹膜という袋に包まれている。

赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる頃、この袋の一部(腹膜鞘状突起)が
お腹の壁にある左右2つの穴を通って陰嚢の方へ伸びていく。

その後、睾丸がこの 『鞘状突起』 に沿って下降し、陰嚢内へ到達する。

そして、この 『鞘状突起』 は自然に閉鎖し、生まれる頃には消えてしまう。

ところが、生まれた時にこの袋がそのまま 残っている ことがあり、
これを 『鞘状突起の開存』 と言う。

これが鼠径ヘルニアの原因となる。

女児に精巣下降は無いが、同じ現象が発生する。

腹膜鞘状突起が閉じずに残り、その袋の中に 腸がおりる 状態が
『ヘルニア』 で、腹膜の袋が細くて 水だけ 入った状態が 『水腫』 である。

herunia



鼠径ヘルニアの症状としては、泣いたり力んだりした時にそけい部に膨隆が現れる。

通常出るだけでは痛みは無い。
手で圧迫すると、お腹の中戻る。

戻らない場合は、『嵌頓 =かんとん』 という状態であり、緊急性がある。

そのまま放っておくと、飛び出した臓器が通り道の狭い場所で締め付けられ
血行障害を起こす。

neru2


この場合、鼠径部の皮膚が赤くなり、触ると痛みがあり、嘔吐を伴う事もある。

ヘルニア嵌頓を起こすと脱出した臓器はむくみ、硬くなり、お腹の中に
戻りにくくなる。


年少児の鼠径ヘルニアは自然に治ることもあると言われているが、
自然に治ることを過度に期待して手術時期を遅らすことは良くない。

嵌頓傾向のないこどもの場合、生後4-6ヶ月以降に予定手術としている
施設が多いが、各施設により手術時期・観察期間は異なる。

嵌頓時の手術の難しさ、幼児期ほど嵌頓を起こす率が高い事から、
3ヶ月以降 であれば発見され次第手術する施設と、
6-35% の自然治癒した報告から、ある程度の年齢まで待機とする
施設とがある。

月齢、年齢が 高くなるほど自然治癒し難くなり
自然治癒は平均 生後8ヵ月時 までに起こっている、
ヘルニアの症状がでてから 6ヶ月以上経つと自然治癒の
可能性は低くなる
、と言われている。

生後8ヵ月時までは外来などで経過を診ても良いが、
自然治癒がみられなかった時は、1才までに治す方が良いと思われるが、
施設により考え方が異なるので、近くの小児外科で相談されるのが良い。


一般に、健康な人の20-50%は鞘状突起が開いたままで残っているが、
ヘルニアの人は1-6%にすぎない。

鞘状突起の開いている人の大部分はヘルニアにならない。

それは腹壁の筋肉・周りの組織が腹壁にある穴を圧迫し、
ヘルニアになるのを防いでいるからである。

つまり、これらの組織が正常であれば、鞘状突起が開いていても、
ヘルニアは起こらない。

発育に伴いこれらの組織が発達、あるいは、鞘状突起そのものが自然に閉じて
ヘルニアが出なくなる。


出生時期が早い事による腹膜鞘状突起の開存の問題、筋肉の未熟性、などで、
低出生体重児にはヘルニアが多い。

治療は、手術により、ヘルニアの起こる穴を閉じる。

比較的簡単な手術であるが、小さいこどもの場合、全身麻酔となる。





『産まれて1番最初の発熱』 となる事が多い病気である。

ほぼ全ての児が罹患するが、症状の出ない児も居る。


症状が出るのは、平均月齢7.3か月で、98%の児で発熱 がある。

発熱の最高体温の平均は39.4度と高く、発熱は平均 4.1日間 続く。


高熱の割には比較的機嫌が良い事が多い。


解熱前後の発疹は98%にあり、平均3.8日 持続する。


特徴的な咽頭の所見(永山班)があれば診断は容易であるが、実際問題、
発疹が出た後に診断が付く事が多い


その他の症状として、下痢68%、咳50%、首のリンパ節の腫れ31%、
大泉門膨隆26%痙攣8%、などがある。

比較的痙攣を起こすウイルスである。

厳密に言うと、ヘルペス属の 『HHV-6』、『HHV-7』 の2種類 の
原因ウイルスが知られており、2回かかる事もあり得る。


『解熱前後』 と言うのには訳があって、
一般的には解熱後に発疹が出るが、なかには解熱前に発疹が出る児も、
解熱後少ししてから発疹が出る児も居る。

しかし、解熱と発疹出現の差は 前後1日以内 が殆どである。


むしろ、解熱し発疹が出ている時の方が不機嫌、食欲不振、夜泣き、
などの症状が出る
 事があるが、時間とともに次第に落ち着く。

明らかには掻かないがきっと痒いのであろう。
そう考えて、痒み止めの飲み薬を出す事もある。


乳児期中期以降に、旅行後などにかかる事が多く、母親からの免疫の低下、
疲労による免疫力の低下のせいだろうと思う。





 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  





全国的に胃腸炎が流行っていると思う。

今回は、『ロタウイルス胃腸炎』 について、である。



 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

ロタウイルス胃腸炎


ロタウイルスは、こどもの重症下痢症の原因となる。

ロタウイルス胃腸炎は、もともとは冬季(11月~4月)に多く、『乳幼児嘔吐下痢症』 として、
『脱水』 を来たす事が多い。
 
 『こどもの脱水について』 参照。

ロタウイルス胃腸炎のため、毎年、アメリカ合衆国では5万人以上のこどもが入院し、
全世界では60万人のこどもが亡くなっている。

乳幼児での発生が多いが、大人もかかる。

ロタウイルス胃腸炎の症例の62%は、2歳未満であり、
生後4カ月から2歳のこどもに、好発する。

冬期に 白色の水様下痢 をみたらロタウイルス胃腸炎を考慮する。

発熱 (1-2日間程)、嘔吐 (2-3日間程)、下痢 (7-8日間程)、
が、ロタウイルス胃腸炎の3大症状である。

多少、咳・鼻水などの上気道症状が出る事もある。

通常の胃腸炎より腹部症状が強く、持続 するため、
乳幼児の場合、入院となってしまう事も多い。

潜伏期間は1-3日 で、感染力は強い


嘔吐の回数は、平均1日2-3回だが、1日5-6回を超える例も多い。

下痢は水様性から泥状で、約半数で白色から黄白色便がみられる。

白色→白黄色→黄白色→白緑色水様→泥状顆粒便、と変化すると言われている。

便が白色下痢便になるのは、はっきりと原因が解っていないが、
一過性の胆汁流出障害のためと言われている。

軽症例では、便は完全な白色にならず、普段より、色が薄い程度に留まる。
なお、アデノウイルス胃腸炎でも、1-2割で白色便が見られることがある。

下痢の回数は、1日平均5-6回だが、10回以上の下痢もみられる。
下痢は、平均4-5日間続くが、3割ほどで6日間以上続く。
乳幼児では1-2週間続く事もある。


薬剤抵抗性の 痙攣が多いウイルス でもある(7.1%)。

急性脳症の合併が見られることがある。

ロタウイルスは、急性壊死性脳症を来たすウイルスとしては、
インフルエンザ、突発性発疹、に次いで、3番目に多い。


ノロウイルス感染症が11月-12月にかけての初冬に多く、その後、
ノロウイルスと入れ替わるようにロタウイルスが2月-4月にかけて流行する。

従って、ウイルス性胃腸炎としては、2峰性のピ-ク、
前半がノロウイルス、後半がロタウイルス、を示す事になる。

ただ、最近はどのウイルス性の病気も通年に渡って出る事が多い。

冬期の腸重積では、ロタウイルスが検出されることが多い。


ロタウイルスが胃腸炎の原因かどうかは、
便中のロタウイルス抗原の有無を検査する事で判明する。


ロタウイルスは、極めて、良くうつる。

ロタウイルス胃腸炎患者から周囲の人達への感染方法は、
接触感染 であり、患者の便中に出てきたロタウイルスが、
手などによって運ばれて、周囲の人達の口の中に入ることによる。

ロタウイルスは体外の環境下でも安定であるため、
ロタウイルスにより汚染された水・食物を飲食したり、
ロタウイルスが付着したおもちゃをしゃぶったりしても、感染する。

水道の蛇口、ドアの取っ手、などを介して、
病院内でも入院患者さんの間で大流行していまう事がある。

オムツの処理の後の手洗い には、十分に注意する必要がある。

 『手洗いについて』 も参照。


ロタウイルス胃腸炎の場合、下痢症状が出る前から、
下痢症状が終わって2-3日後までは、周囲の人達が感染する可能性がある。

ウイルス性胃腸炎のため、『特効薬』 は無く、対症療法にてしのぐ。

 『下痢・嘔吐時の対処法』 参照。

通常のウイルス性胃腸炎より、嘔吐・下痢の持続が長く、要注意である。





しまじろうの中で、『かぜばいきん』 という言葉があった。

『カゼ』 の原因の殆どが 『ウイルス』 であり、『ばいきん』 =細菌
とカゼは結び付かない。

 『いわゆる 『カゼ』 について』 参照。


イメージとしては良いのだが、こういう事で、『カゼ』 は 『ばいきん』
でなると思ってしまうのであろう。


今回は、『細菌』 と 『ウイルス』 との違いについて、である。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

ウイルスと細菌の違い

細菌とは、一般に 『ばいきん』 とも言われている微生物である。

細菌は細胞を持ち、自己複製能力を持つ。
一つの細胞しか持っていないので単細胞生物である。

細菌は、栄養・水分・温度があればいくらでも自己増殖出来る。

つまり、細菌は自分で増殖する能力を持つ


ウイルスは、蛋白質の外壁と内部に核酸(DNA、RNA、つまり遺伝子)を
持った単純な構造体である。

ウイルスは人間の体の中に入ると、細胞の中に入り込み、その細胞に、
自分のコピーを作らせる。

細胞の中で自分のコピーが大量に作られると、やがてその細胞は破裂する。

破裂した時に細胞の中から大量のウイルスが飛び出し、他の細胞に入り込む。
こうしてウイルスが大量に増えていくのである。

ウイルスは、自分自身で増殖する能力はなく、生きている細胞の中でしか
増殖出来ない。

つまり、他の生物を宿主にしないと増殖出来ない


ウイルスの大きさは 20-100nm (ナノメートル)程度と非常に小さく、
細菌は 1-5μm (マイクロメートル)と、ウイルスの 10-200倍程度
大きい
(1nm = 1/1000 μm、1μm = 1/1000 mm)

細胞に取り付くため、ウイルスが小さいのは当然である。


細菌の場合は自分の細胞を持つため、細菌をやっつける薬を造る事が出来る。

『抗生物質』 は、細菌を攻撃する事が出来る薬である。

『抗生物質』 は、細胞の構造を利用して作用するため、
細胞がないウイルスには効かない

もしも、薬剤でウイルスを攻撃しようとすると、ウイルスが入り込んでいる
人間の細胞をも壊してしまう恐れがある。

特定のウイルスの増殖をおさえる薬は存在するが、ウイルスを消滅させる薬はない。

抗ウイルス薬があるのは、インフルエンザウイルス、水痘(ヘルペスウイルス)、
HIV、サイトメガロウイルス、位であり、その他の数百種類のウイルスには
特効薬が無い


日本人の中には風邪にかかると病院へ行き、薬を飲めばカゼが治ると
勘違い している方が大勢居るが、それは全くの間違いである。

ウイルスは、いつも、自分の治癒力で治している。



細菌に対する抗生物質の効果については、

 『細菌と抗生物質』 参照。





今回は、また 『インフルエンザ』 についてである。




 ↓クリックにて応援宜しくお願い致します。
   

---------------------------------------------------------------------------------

インフルエンザ

A型またはB型インフルエンザウイルスの感染を受けてから
1-3日間ほどの潜伏期間 の後に、発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛などが
突然現われ、咳、鼻汁などの上気道炎症状がこれに続き、約1週間の経過 で軽快する。

高熱は 2-5日 位続く事が多く、いわゆる 『カゼ』 に比べて全身症状が強い。

園児・学童の場合は、出席停止となり、解熱後2日を経過するまでは
登園・登校出来ない。


高齢者、呼吸器・循環器などに慢性疾患を持つ患者さん、
免疫機能が低下している患者さんでは、原疾患の増悪とともに、
呼吸器に二次的な細菌感染症を起こしやすくなる事が知られており、
入院や死亡の危険が増加する。

小児では、中耳炎の合併熱性痙攣気管支喘息発作を誘発
する事もある。

毎年50-200人 の インフルエンザ脳症 患者が報告されており、
その 約10-30%が死亡 している。

脳症は稀ではあるが、経過が早く、極めて重症となるため、要注意である。

脳症の症状としては、意識障害、けいれん、精神症状などがある。

インフルエンザでは、『熱せん妄』 といって熱が高い時にうわ言を言ったり、
小学校のこどもでも熱性痙攣を起こしたりする事も多く、『脳症』 の
症状との
区別は極めて難しい。

タミフルを飲む・飲まずに関わらず、1割に異常言動 があったという報告もある。

  『タミフルと異常言動』  参照。

けいれんが長い・繰り返す、意識障害が続く・繰り返す、という場合には
『インフルエンザ脳症』 を疑う必要がある。

残念ながら、今の所、脳症の原因は不明である。


特に、こんな症状のある時は、インフルエンザの疑いが強くなる。
 ・発熱、頭痛、全身倦怠感が突然現れた。
 ・特に高熱(39~40℃)が出た。
 ・関節痛、筋肉痛がいつものカゼよりひどい。
 ・周囲(家庭・学校・職場など)に同じような症状の人がいる。


インフルエンザの検査としては、綿棒で鼻の粘液を拭い取る事で迅速に診断が出来る。

インフルエンザのA型、B型の区別が出来るキットもあり、検査後15-20分位で
結果が出て、キットの種類にもよるが、診断率は9割以上、となっている。

発熱してから半日以内では、陽性率は低く、実際はインフルエンザでも
『陰性』 と出てしまう事も多い。


治療は、安静 が第一である。

小さなこどもの場合は脱水症状を起こし易いので、こまめに水分を取る。

 『こどもの脱水について』 も参照。


症状が強い場合は、インフルエンザ治療薬を使用するのも良いだろう。

 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』   も参照。


タミフルを使用する事で、発熱期間が1-2日短縮する事が解っている。

実体験も含め、確かに良く効く薬である。

問題は、副作用と、薬を使い過ぎの日本の医療事情、である。

基礎疾患などない通常の健康な人なら薬は不要であり、
抗インフルエンザウイルス治療薬を使用しなくても 自然に治る


また、残念ながら、薬剤で薬剤で 脳症を予防 出来るとは考えられていない。


感染の予防は重要 である。

 『インフルエンザ 感染の予防』 も参照。


インフルエンザ後に登園・登校してきても、実際は、まだ 12-15% ほど、
ウイルスが残存しているため、注意が必要である。


解熱時からの経時的ウイルス残存率
inhuru3



また、ある小学校では、インフルエンザ罹患者のうち、11%は有熱で登校 し、
10%は校内で発熱 しているという調査結果がある。

治らずに、登園・登校してくるこどもも多く、注意が必要である。

通勤に関しては、もっとひどい状況と思われる。
社会人はなかなか休めない・・・。

もともと、こどもの場合、インフルエンザでは、発熱が治ったように見えて、
また発熱してくる、いわゆる 『2峰性』 の発熱を示す事がある。


新型インフルエンザについては、よく解らない。






今回は、予防接種以外の方法での、インフルエンザウイルスの感染予防について、
である。



予防接種については、『乳幼児のインフルエンザワクチン』 参照。

感染のリスクが高い患者さんには、インフルエンザ治療薬 『タミフル』の予防内服、
という手段もあるが、普通の人には一般的ではない。

 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』 も参照。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

インフルエンザを予防する方法


帰宅時の手洗い、うがい

咽頭粘膜・手指など、身体に付着したインフルエンザウイルスを
物理的に除去 するために有効な方法である。

まずは、『うがい』 が推奨されるが、
粘膜に付いたウイルスは 20分で細胞に入ってしまう ので、
完全に取り除こうとすると、20分毎に 『うがい』 をしなければならない。

しかし、うがいしない場合より、喉のウイルス量は確実に減るため、
一定の効果はある

外出中でも頻繁にうがいをすることで、感染リスクは下げられる。

それより重要なことは 『手洗い』 である。

手洗いについて、インフルエンザ以外のカゼの多くは 接触感染 であり、
一般的なカゼ予防としても 『手洗いは』 有効である。

 『手洗いについて』 
 『カゼは空気感染?』 参照。


インフルエンザウイルスは 『空気感染』 である。

インフルエンザウイルスは、主に口・鼻を介して体に入るが、空気以上に、
手が仲介する ケースが非常に多い。

ウイルスのついたドアノブ・器具などに触れた手で、口・鼻などに触ることで
感染が生じる。

他のカゼに罹れば、体力を消耗してインフルエンザにも罹りやすくなるため、
カゼ予防という意味でも、手洗い・うがいは習慣付ける方が良い。



適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、喉の粘膜の防御機能が低下 し、
インフルエンザにかかりやすくなる。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、十分な湿度(50~60%)を保つ。

そもそも、インフルエンザはなぜ冬に流行するのか?

インフルエンザウイルスは、乾燥した空気を好む 性質がある。

冬は、気温が低いだけでなく、湿度も低いため、ウイルスが活動しやすい。

低温と乾燥 はウィルスにとっては絶好の環境である。

温度と湿度を高めに保つことで、ウィルスの生存期間を短縮する事が出来る。



十分な休養と栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養と栄養 を日頃から心がける。

これは、全ての病気を予防する上で基本的な事である。

ウイルスが入ろうとしても免疫機構がしっかり働けば、
『カゼ』 でも 『インフルエンザ』 でも感染しない。

免疫機能の低下が起こるのは、疲労、ストレス、不眠、暴飲暴食、
偏った食事、喫煙、など、ごく一般的な日常生活に偏りのある時である。

予防としては、何よりもこれらを避ける事が第一である。



人混みへの外出を控える、外出時のマスク着用

インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控える事、
外出時にはマスクを着用する事も効果がある。

インフルエンザはウイルス感染のため、感染源に近付かない というのは
非常に効果的である。

例えば、電車、病院、混雑するショッピングモール、などはウイルスが多い。



マスクはインフルエンザの予防に有効なのか?

マスクの線維は、ウイルスの粒子と比べると何十倍も大きいため、
ウイルスそのものは、楽々と通過 してしまう。

つまり、ウイルスを防ぐ効果は通常のマスクでは無効 である。

しかし、マスクを付けることで、吸い込む空気が暖かく湿ったものになるため、
喉の粘膜を守り、ウイルスが取り付くのを防ぐ効果はある。

また、痰・唾などの飛散は少なく出来る

実際、マスクでウイルスの侵入の 約3割は減らす と言われており、
空気感染を防止する効果は経験的に認められている。

インフルエンザに感染してしまった場合にも、周囲への 二次感染を防ぐ 為に、
マスクを着用し、ウィルスを撒き散らさないようにする。


ちなみに、インフルエンザウイルスは、1万分の1㎜(100nm)の大きさである。

ウイルスは、細菌やカビなどの微生物と異なり、生きた細胞の中でしか
増える事が出来ないため、空気・土壌中などで増えることは出来ない。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。