• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は紫外線対策について、である。



 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------

紫外線の種類

sigasie


UVA波:波長320~400nmの紫外線
表皮の奥にある真皮まで到達する。
コラーゲン、エラスチン線維を破壊させる、活性酸素を発生させる、遺伝子を障害させる、皮膚免疫力
を低下させる、などする。シミやシワ、ソバカス、たるみといった肌の老化原因となる。
ガラス、カーテン、衣服すら通り抜ける為、知らず知らずのうちにダメージを受けている。
しかも、シミ・シワとして肌表面に影響が現れるのはずっと後になる。
UVA波は雲も通り抜けるため、天気が悪いからといって日焼け止めを怠ったりする場合、
曇り方によっては雲に太陽光が乱反射され、直射光よりも多く紫外線を浴びてしまうことになる。
UVA波を防ぐには 『PA』 の高い日焼け止めを利用する必要がある。


UVB波:波長280~320nmの紫外線
皮膚の奥にある表皮まで到達する。
表皮のDNAや細胞膜を破壊し、表皮に炎症や火傷といった皮膚のトラブルを引き起こす。
UVAのように緩やかに日焼けする紫外線とは異なり、非常に強力で、短い時間でダメージを与える。
UVB波を防ぐにはSPFの高い日焼け止めを利用する必要がある。


UVC波:波長200~280nmの紫外線
UVB波よりも強力な紫外線。
通常、オゾン層で吸収されるため地表には届かないのだが、近年のフロンガス等によるオゾン層破壊
によっては影響が出てくる可能性もある。



紫外線が多い季節・時間
紫外線が多い季節といえば、『夏』 というイメージがあるが、紫外線が一番多い季節は5月から6月
にかけてである。
紫外線が特に多い時間帯は午前10時から午後2時となっている。



日焼け止め

紫外線を防止する成分には、有機系の紫外線吸収剤と無機系の紫外線散乱剤がある。
こども用の日焼け止めには、安全性を考慮して、紫外線散乱剤が配合されているものが殆どである。
これは、肌の表面で紫外線を乱反射させることによって、紫外線が肌の中に入るのを防ぐ。
紫外線散乱剤は、白く見える無機粉体から出来ているため、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを
つけると白く見える。最近では、以前のものよりかなり白さが目立たなくなっているが、完全に透明に
することは出来ない。

sigaisenn



SPF・PA

SPF
SPFとは、『Sun Protection Factor』 の略で紫外線防御指数とも言う。
UVB波の防止効果を表す指標である。
紫外線を浴びた際に皮膚に赤い斑点が出来るまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものである。
SPF30の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばす事が出来る。
現在の日本では、SPFの上限は50+となっている。測定方法に限界があるため50以上の数値は
信用性が低いと言うことで上限が設定されているが、実際にははSPFが30以上の製品の効果には
変わりがない。


PA
PAとは、『Protection Grade of UVA』 の略でUV-A防御指数とも言う。
UVA波の防止効果を表す指標である。
SPFが肌が赤くなる原因を防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぐ指数である。
PAは、日本化粧品工業で効果により、3段階に分かれている。

  PA+ :PFA2以上4未満、UV-A防御効果がある。
  PA++ :PFA4以上8未満、UV-A防御効果がかなりある。
  PA+++:PFA8以上、UV-A防御効果が非常にある。


SPF・PAに対する注意点

・日焼け止めを正規の量以下で塗った場合、日焼け防止は本来の効果を発揮しない。
・暑い日などは汗で日焼け止めが落ちてしまうこともあり、こまめに日焼け止めを塗る事が必要である。
・PAやSPFの高い日焼け止めは、吸収剤や散乱剤を多く含み、紫外線に対する効果は大きい反面、
 肌への負担も大きくなる可能性がある。PAやSPFの高い日焼け止めは海水浴や屋外でスポーツを
 する場合だけに使用し、日常生活であまり日に当たらない場合には、PAやSPFの数値の低い
 日焼け止めを使うといった、使い分けをする必要がある。

sigaisen




こどもに対する日焼け止め

・紫外線吸収剤は、アレルギーの原因になる可能性が比較的高いといわれているため、
 紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶ。
・SPF・PAの低いものを利用する。
 短時間外で遊ぶ場合や日常生活ではSPFが10から20のものを使用する。
 日差しが強い海や山、長時間紫外線を浴びる場合でもSPF30以下のものを使用する。
・汗をかきやすいので、頻繁に日焼け止めを塗る。
・帰ったらすぐに日焼け止めを落とす。



日焼け止め以外の紫外線対策

木陰、日陰を選んで歩く
非常にシンプルだが、普段から意識するのと、しないのでは、効果は大きく違ってくる。

つばの広い帽子をかぶる
野球帽やサンバイザーでは直射熱やまぶしさを避けるためには有効的ではあるが、つばが前にしか
ないため、顔の側面を紫外線守る効果は期待出来ない。
首まですっぽり覆うことの出来る帽子であれば、より良い。

日傘をさす
あまり高く持ち上げると周囲の散乱紫外線が入りやすくなるため、柄の部分を短くもってさす。

サングラスをする
選ぶときには紫外線防御効果のあるレンズが使われているか否かを確認する。
完全にシャットアウトしたい時にはゴーグルタイプを選ぶ。

肌の露出の少ない服装
長袖のシャツや手袋、襟のあるシャツ、長ズボン、丈の長いボトムなど、できるだけ肌の露出が
少なくなるような服装をすることでかなりの紫外線カットが期待出来る。

紫外線をカットしやすい素材を選ぶ
羊毛、ポリエステルが紫外線を透過しにくい。 ポリエステルは繊維そのものが紫外線を吸収しやすい
構造になっている。しかし、通気性や吸湿性には劣りますため、汗をすい、洗濯がきき、丈夫で
着心地のよい、綿とポリエステルの混紡素材を選ぶと良い。

窓ガラスで紫外線カット
家や車の中にも紫外線は入ってくる。窓ガラスには紫外線カットフィルムがお勧めである。
厚さ5ミリ以上のガラスなであれば紫外線Bはカットされる。

紫外線の強い時間帯を避ける
10時から16時というのは紫外線が強い時間帯である。



スポンサーサイト


またまた前の記事の使い回しで申し訳ないが、最近育児記事を書いてないので・・・。

育児において、こどもを 『甘えさせる』 のは良いけど、
『甘やかしてはいけない』、という話がある。

『甘え』 と 『甘やかし』 どう違うのだろうか?

そこで、お勧めの本がある。





 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

--------------------------------------------------------------------------------



『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』
               山崎雅保・著  リヨン社

amae1



【目次】

PART 1 子どもって、どこまで甘えさせればいいの?
      『甘えさせ』 と 『甘やかし』 の違いがわかる30のQ&A

 1 子どもが抱っこをせがんできたら
 2 が忙しいときに、子どもがまとわりついてきたら
 3 夜、一人で寝かせたいのに 『一緒に寝て』 といわれたら
 4 おやつ以外の時間に、お菓子を欲しがったら
 5 子どもがケガをしそうな遊びをしていたら           など


PART 2 なぜ、子どもの甘えを受け止められないの?
      『甘えさせ下手な親』 が抱えやすい15の思い込み

親の心を不自由にする 『15の思い込み』
 1 自分のことは自分でできなければならない
 2 どんな友達とも仲良くしなければならない
 3 何事もがんばって取り組まなければならない
 4 苦手を克服する努力を怠ってはならない
 5 お手伝いをしなければならない          など

きちんと育てるほど、『手に負えない子ども』 になるのはなぜ?
『甘やかし』 はワガママのもと、『甘えさせ』 は自信のもと


PART 3 どうすれば、もっとハッピーな子育てができるの?
      『甘えさせ上手な親』 になる7つのステップ

今すぐに始める 『甘えさせ上手な親』 になる7つのステップ
 1 子どもの要求に、『はい、いいよ』 と応じる
 2 子どもが駄々をこねたら、ゆっくりと観察してみる
 3 子どもを上手に甘えさせられなかったら、『ゴメンね』 と謝る    など

あなたには、『愛という力』 があります

--------------------------------------------------------------------------

『「甘えさせ」 と 「甘やかし」 の違いがわかる30のQ&A』 は、
なかなか良い質問ばかり30個もあって良い。

『甘えさせ』 と 『甘やかし』 の違いを解った上で、さあどうするか、
が書いてあって、大変参考になる。



次回では、本の内容について、少しだけ紹介する。

 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』② へ。







今回は兄弟げんか、同胞葛藤について、である。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

----------------------------------------------------------------------------

兄弟げんか



『八王子市 子育てQ&A』 きょうだいげんか (子育てでよくある質問) から

兄弟関係は、こどもの年齢と年齢差、そして性の組み合わせにより相互作用の中身が
微妙に違う。

男同士の場合は他の組み合わせの兄弟に比べ、対立的になりやすくハラハラさせられる
事が多い。

生活時間を工夫して、親と兄弟で過ごす時間とともに、親と子それぞれ1対1で過ごす時間を
作りましょう。

その中で、上の子は上の子なりに、話をゆっくり聞いてあげたり、甘えさせてあげたり、
認めてあげる言葉かけをしてあげましょう。

『お兄ちゃん・お姉ちゃんだから』 ということで我慢させるのではなく、時には、
『あなたは○○できる年齢になってる。○○する力があるのだから』 ということで我慢することも
必要でしょう。

下の子にもお兄ちゃんのいないところで充分甘えさせて、受け入れてあげると良いでしょう。

時には、兄の意思や要求を尊重し、『お兄ちゃんも○○したいんだよね』 ということで下の子に
我慢させることも必要になるでしょう。

けんかは、子どもの自我の要求のぶつかり合いである。

そこで我慢をしたり、譲ったり、という気持ちのコントロール法を学んでいき、
人間関係の能力が磨かれていく。

とはいえ、友達との間では、なかなか派手なけんかもしにくいものである。

自分の要求を思いっきりぶつけてけんかできるには、相手が兄弟だからこそ。
むしろ兄弟の良い所は、こうして遠慮なく、思いっきりけんかできるところだと思う。

家では毎日けんかばかりしている兄弟でも、外で他の子に弟がいじめられたりすると、
心配したりかばったりするものである。

こどものけんかは、人間関係のトレーニングのひとつと思い、『するのが当たり前』 と
ドンと構えていきましょう。

          -----------------------------------------------------

『朝日新聞』 の記事から

幼児教室 『りんごの木子どもクラブ』 代表の柴田愛子さん

『原則はこどもたちのけんかには介入しないこと。仲裁に入って大人の論理で
裁こうとするから、ややこしくなる』 と言い切る。

いつも上の子ばかり怒っていると、『お母さんは、いつも下の子ばかり味方する』
と思ってしまう。

『いくら理由を説明しても、こどもの興味は、どっちの味方をしたか、ということだけです』




精神科医 明橋大二さん

『注意しないといけないのは、上の子のSOSのサインが隠れているケースです』 と指摘。

上の子が、学校でいじめられたり、虐待を受けたりしていて、そのストレスが、
下の子への暴力につながっている場合だ。

『攻撃の仕方が、いつもと違いすごい執拗だな』 と感じたら、SOSのサインでは、
と疑ってほしい。

そういうときに仲裁に入る場合は、弟の側について兄と対峙する形は避け、兄の側につき、
弟を別の部屋に連れて行く形をとった方がいい。




NPO法人日本子育てアドバイザー教会講師 幸島美智子さん

『小さいけんかは見てみぬふり。大きいけんかは2人とも叱るのがコツ。怒る際は、
変な理由付けをせず、素直に 『うるさいからやめろ!』 と言うほうが効果的です』

子ども時代に兄弟げんかする意義について、
『他人との摩擦は社会の出て、たくさん経験する。自分の中で嫌な思いを消化する訓練を
しておけば、大人になってからも役に立ちます』 と指摘。


          -----------------------------------------------------


『一般小児科医のための子どもの心の診療テキスト』 から

兄弟げんかは大人にとって些細な事も原因で毎日のように起こる。

親が不適切に関わる事によって、嫉妬や不満が積み重なる。
兄弟げんかは当事者同士でおさまっている事も少なくない。

親が大人の論理でおさめると双方に不満が残る場合が多く、兄弟げんかに介入する場合は
双方の言い分に耳を傾ける態度が必要。

そして聞き手は自分の考え(結論や指示・命令など)を言わない事がコツ。

兄弟げんかが当事者同士で解決するのに、この言い分を聞いてくれる第3者の存在は大きい。

けんかはソーシャルスキルを体験・学習する上でも大切な事であり、
むやみに避ける事は良くない。

しかし、兄弟間で 『けんか』 ではなく 『いじめ』 が起きている場合がある。

兄弟は親の愛を奪い合う同胞競争と嫉妬を生じさせる。
下に兄弟が生まれた時の年長児の赤ちゃん返りや赤ちゃんなんかいらないといった
子どもの言動は典型的なものである。

幼児や学童期の同胞葛藤や嫉妬は一般的には正常な反応であるが、親からの
『男だから、女だから』 『おにいちゃんだから、弟だから』 といった親の価値観の一方的な
押し付けが激しい場合や、同胞を常に比較対照させていると、指しゃぶり、チック、
自尊感情の低下、暴力などの問題を生じさせる。


アドバイス
・子どもも人格を持った一人の人間として認め、あるがままを受け入れる。
 (子どものいいなりになることとは違う)
・しつけに兄弟の競争意識を利用しない。
・どの子も同じように可愛い、かけがいのない存在だというメッセージを伝える。

             -----------------------------------------------------


まとめると、

 ・ささいなけんかはこども同士の解決を期待して口を挟まない。
 ・口を出す時は親が双方の言い分に耳を傾ける、
  自分の考え(結論や指示など)を言わない。
 ・『男・女だから』 『兄・弟だから』 といった親の価値観を押し付けない。
 ・兄弟を比較しない、競争意識を利用しない。







今回は、『ペアレントトレーニング』 について、である。

『ADHDのペアレントトレーニング』 という本から紹介する。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

ペアレントトレーニング


日本では、注意欠陥多動性障害(ADHD=Attention Deficit Hyperactivity Disorder)
のこどもの育児法・対処法のように思われているが、もともとはそうではない。

簡単に言うと、こどもに対してではなく、『親御さんのとるべき行動を練習する』
と事である。

ペアレントトレーニングは、ストレス・深刻な悩みを抱える家族を支援する
方法の一つとして、アメリカ・UCLA神経精神医学研究所のハンス・ミラー博士に
よって1974年に開始された。

ペアレントトレーニングは親が子どもの行動変化における心理やパターンを
理解・分析し、問題行動を適切な対応で減少する事の出来る技術を獲得する
事を目的としている。



『ADHDのペアレントトレーニング』  シンシア・ウィッタム

d


原著も特にADHDのこどもを持つ親のために書かれた訳ではないが、
日々しつけに困惑しているADHDのこどもを持つ親御さんに大変参考になるだろう
との事で翻訳された。


簡単にその内容を紹介する。


『注目こそ力である』

私達は皆注目を必要とし、それを求めている。

自分の努力あるいは自分自身が皆に無視された日は悲しい1日になってしまう。

こども達も同じように注目を必要 としている。

注目されることで、その行為は増えていく

こどもは、良い振る舞いをする事で 肯定的な注目 を得るより、
トラブルを引き起こして 否定的な注目 を得ようとする事がある。

あなたの注目を得られるという、最もてっとり早い方法を見つけたからである。

親にかまってもらえない子が、親の気をひきたくて、わざといたずらなどをする。
親が怒ると、さらに何度もいたずらを繰り返す。


1人で遊んでたり、悪い事をしていない時は注目せず、こどもが意地悪したり、
悪い事をすると、すぐさまとんでいったりする。

私達は、常に望ましい行動よりも望ましくない行動に注意を向け、
こども達が褒められるより叱られるように向かうように
『訓練』 しているのである。


『肯定的な注目を与える』 =褒める、事は、
あなたがして欲しい、もっとして欲しい行動を増やす。

『注目を取り除く事』 =無視、は、
して欲しくない行動、少なくなると良いと思う行動を減らす。


その方法の第一歩はこどもの行動を分析する事から始まる。


『こどもの行動を3つのカテゴリーに分類してみる』

 ①してほしい行動、もっと目にしたいと思う行動
 ②して欲しくない行動、目にするのがもっと少ない方が良い行動
 ③許しがたい行動、やめさせたい行動

行動を分類する事で、落ち着いてこどもをより肯定的に見る事が出来る。

『してほしい行動』 に対しては、肯定的に注目する、つまり、褒める。

具体的な褒め方については、『こどもの褒め方②』 参照。


『して欲しくない行動』 に対しては、注目を取り去り、他の注意を向ける、
つまり、無視する 事になる。

『無視する』 というのは、こどもを無視するのではなく
こどもの行動を無視する という事である。

こどもがが望ましくない行動を止めたとたん、無視するのをやめる。

無視するためには、上手に褒める事が出来なければならない。

無視によってその行動を止めて、望ましい行動を始めたら、即座に褒める。

無視というのは、褒めるためのタイミングを待つ という事である。

これについては、なかなか難しく、誤解される危険 があるため、
本をしっかり読んで頂きたい


『許しがたい行動』については、断固たる制限 を設ける事になる。



『してほしい行動』 は、ほんのささいな事で良い。

 何かを貰った時、『ありがとう』 と言う
 読書をする
 1人で遊ぶ
 自分で靴を履く
 友達とおもちゃを一緒に使う
 元気良く目を覚ます
 家の中で大声をあげて話さない
 怒っている時にたたかないで言葉で言う
 呼ばれたらすぐに来る
 夕食の準備を手伝う


『して欲しくない行動』 は、

 やるべき事をなかなかやろうとしない
 兄弟と口喧嘩をする
 不平を言う
 悪い言葉を使う
 車の中でうるさい
 すねる
 爪を噛む


『許しがたい行動』 は、

 車道に飛び出す
 他の児に怪我をさせる
 乱暴、卑劣な行動
 唾を吐く


その際に注意しなくてはいけない点としては、

 ・出来るだけ具体的にあげる。
 ・目に見える事、聞こえる事、数えられる行動を選ぶ
 ・親の願望ではなく、実際のこどもの行動をあげる

『片づけをした』 ではなく、『おもちゃをおもちゃ箱に3個入れられた』
とか 『おもちゃ箱を所定の場所に戻せた』 などである。


肯定的な注目の与え方には、褒める、励ます、感謝する、興味・関心を示す、
などがある。

褒め始めると、こどもはその行動をいっそう頻繁にするようになる。
相対的に 『して欲しくない行動』 が減り始める。






今回は、良い絵本の紹介である。

『いいこってどんなこ?』


自問してみる。

『良い子ってどんな子の事なのであろうか?』


こどもをたくさんたくさん怒ってしまったような日には、
この本を読んだら、きっと泣いてしまうであろう。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------


『いいこってどんなこ?』


iiko

冨山房
ジーン・モデシット:文
ロビン・スポワート:絵
もき かずこ:訳
初版発行:1994年10月


『ねえ、おかあさん、いいこってどんなこ?』

うさぎのバニーぼうやがたずねた。

『ぜったいなかないのがいいこなの?
 ぼく、なかないようにしたほうがいい?』

『じゃぁ、いいこってつよいこのこと?』

『おこりんぼはいいこじゃないよね』

『ばかなことばかりしてると、
 おかあさん、いやになっちゃうよね?』


うさぎのバニーぼうやは、おかあさんに次々にたずねる。

おかあさんは、その質問のひとつひとつに優しく答えていく・・・・。



『じゃあ、おかあさんはぼくがどんなこだったらいちばんうれしい?』



おかあさんの答えは、単純明快



『こんな親で居たい』 と再確認する一冊。


親にとっても、こどもにとっても、きっと宝物になる絵本である。






今回も、『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』 の中から。

『参考になるなあ』 と思った部分を紹介する。

しつこいが、今回で最後の予定である。

是非、買って読んで頂きたい。

 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』①
 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』②
 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』③ 
 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』④   も参照。




 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

--------------------------------------------------------------------------------


集中力は達成感を積み重ねる中で高まります

つまり、どんなに小さいことでもいいから
『やり遂げられたうれしさ・満足感』 を重ねるほどに、
何事にも意欲的に取り組む集中力が培われるのです。

大事なのはハードルを下げてやること

低いハードルでいいから、少ない量でいいから、クリアーするたびに
『盛大に!』 ほめましょう。


     ----------------------------------------------


子どもはもともと 『愛』 に満ちた存在です。

親が与えてくれた 『愛』 を、何倍もの大きさにして返してくれる 『愛』

親が犯した過ちを、広い心で許してくれる 『愛』。

そんな子どもと 『愛』 を交し合うことで、あなたの 『愛の力』 は
ますます力強く、大きなものになっていくでしょう。

自分と子どもに授けられた 『愛の力』 を信じて、これからますます
『幸せな子育ての日々』 を送ることができるよう、心から祈っています。

----------------------------------------------------------------------------

結局、『子育て』 は 『愛情』 である。

その 『愛情』 を上手く表現出来るヒントになれば幸いである。






『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』 の中のある例から。

こんなに書いて良いのだろうか?
育児で困っている人に是非知って頂きたくて、つい書き過ぎてしまう。

是非、買って読んで頂きたい。

 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』①
 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』②
 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』③ も参照。




 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------


盲導犬を例にあげてみましょうか。

盲導犬になるまでに犬が受ける訓練は、驚くほどに厳しいものです。
社会に迷惑をかけないための 『きちんとしたしつけ』 は不可欠。
盲導犬の役割は、状況に応じた適切な判断を重ねて盲人をリードする
ことですから、身につけなければならない自律レベルの高さには、
もしかしたら人間並み以上の部分があるのかも知れません。

けれど、犬に詳しい方ならご存知のように、盲導犬になる犬の子供時代は、
『存分な甘え』 に満ちています。
盲導犬になる犬は、生後2ヶ月から約1歳までの10ヶ月間、
犬が大好きな家族の一員として育ちます。

この盲導犬候補の子犬時代の世話をする家族を
パピーウォーカー (puppy walker=子犬と歩む人)』 といいます。

犬も、ほかの動物も飼っていない家族でなければ、パピーウォーカーには
なれません(そうでない場合もあるようですが)。
しかも、旅行などにも犬を連れて行けるほどに心のゆとりを持っている家族であり、
もちろん家の中で犬と暮らすことを喜べる家族であることが求められます。

そんな家族の中で、盲導犬候補の子犬はみんなから愛され、
みんなと戯れながら育てられます。子犬は、存分に甘えを満喫しながらの
子供時代をすごすのです。

この子供時代に、『厳しい訓練』 に類するものは一切ありません。
ただただひたすら甘え戯れながら、排泄などのごく基本的なルールだけを
身につけてすごすのです。

こうして育つ子犬は、人間に甘え、人間と戯れる喜びを体のすべてで知ります。
人間への信頼感を深め、人間と心を行きかわして過ごす幸せを味わいます。
互いに心を感じあいながら、生きることを心底楽しめる犬に育つのです。

生きることが好き。心を感じあい行き交わすことが好き

たっぷり甘えて育った 『甘え上手』 な心

それらが、1歳以降に行われる 『きちんとリードするための訓練』 や
『厳しいトレーニング』 を受け入れる 土台 であり、
訓練に伴うストレスに耐えられるだけの 器を培うプロセス です。



『甘え・許される心地良さ』 を知らない心は、
社会適応力を培う土台がない心です


『きちんと』 や 『しっかり』 や 『厳しさ』 を求めすぎるのは、
『甘え上手』 の土台が十分に培われていない心にとっては有毒でありがちです。

時には厳しさも愛ですが、忘れてはならないのは、
『存分に甘えることで培った土台のない心』
『ストレスに耐えられる力がはぐくまれていない心』 に対しての
『厳しさ』 は ネガティブ に作用しがちだという点です。

上手に甘えさせてもらって
『愛されている。守られている。認められている。
 受け入れられている。許されている。大事にされている』
 と
実感できるようになった心 にこそ、『厳しさ』 はポジティブに作用
するのです。

-----------------------------------------------------------------------------

『子犬とこどもは違う』 と言う人が居るかも知れないが、
人に当てはめても、非常に納得出来ると思う。

難しいが、『甘やかし』 と 『甘えさせ』 は違う。

 『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』③


このシリーズ最後の記事、『子どもって、どこまで甘えさせればいいの?』⑤ へ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。