• 10<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こどもは様々な原因で嘔吐しやすい。

今回は、『嘔吐・下痢時の対処法について』、である。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
   

--------------------------------------------------------------------------------

嘔吐・下痢時の対処法について


嘔吐・下痢は、悪さをしている病原体を早く体の外に出そうとする防御反応である。

嘔吐の最も多い原因は、ウイルス性の胃腸炎であるが、
この場合、『時間薬』 で自然に治る。

吐き気は2-3日程、強い吐き気は半日から1日でおさまる事が多い。

下痢は数日から1週間程続く事が多い。


嘔吐・下痢などの症状がある場合、
脱水にならないように、水分を補給する 事が重要である。

 『こどもの脱水について』 参照。


最近では乳幼児の胃腸炎の治療に関して大きな変化が見られている。


近年、欧米・日本などの先進国では急性下痢症が 軽症化 しているためである。

これには、乳幼児の栄養状態が向上した、早目に病院に受診するようになった、
親御さんの脱水症に対する知識が向上した、などの理由が考えられる。


このような胃腸炎の軽症化のため、
以前言われていたような食事の制限は必要無い、
という意見が出てきている。


これまで日本では、感染症が原因で下痢を起こしている時には、
栄養分・水分を消化・吸収する能力が落ちている事が多いと言われ、
下痢がある時には、体の負担を軽減するために、
消化のよいものを取るようにする、油分の多いものや乳製品は避ける、
ミルクは1/2-2/3に希釈する、などを行うことが推奨されてきた。


現在では、

・脱水時の水分補正に積極的に『経口補水液』を用いる。
・食事の再開は早く行い、固形食を含む正常食とする。
・希釈乳(ミルクの希釈)は不要である。
・母乳栄養児では母乳を続ける。
・不必要な薬物は使用しない。


事が推奨されている。


『経口補液療法』 (ORT、oral rehydration therapy) とは、
点滴からではなくて、積極的に口から適切な内容の水分
(経口補水液=『ORS』 Oral Rehydration Solution)補給を試みる事を言う。

 『経口補液療法について』 参照。


『ORS』 は、WHO(世界保健機構)、AAP(米国小児科学会)で
推奨されている胃腸炎の治療法で、塩分(ナトリウム)、糖分 が
適切な割合に調整されていて、点滴に比べ、
水・電解質が過剰に投与される危険が少ない事、
点滴しなくてすむため、こどもの痛みも、医療者の技術も、
経費も、軽減出来る事、
 などが特徴である。



具体的には、

吐き気が強い時

『水を飲む度に吐く』 というような場合は、
『何も飲ませない』
 ようにする。


吐き気が強いうちは、胃の中に物が入る度に吐いてしまうため、
まずは何も飲ませずにお腹を空っぽにする。

この時期に無理に飲ませようとすると再び吐いてしまい、悪循環になるため、
最低でも1-2時間位、何もあげないようにする。

もし、また吐いたら、再度1時間位何もあげないようにするが、
極少量の水分でも吐くようなら、救急受診 する方が良い。

胃腸炎以外の重篤な病気、例えば、髄膜炎、腸重積などの可能性がある、
脱水に陥る危険があるためである。

こどもは水分を見ると、どうしてもグイグイ飲んでしまうため、
お茶やジュース類をこどもに見せないようにする。



吐き気が少し落ち着いてきた時

吐き気がおさまったようなら、最初はスプーン1杯から始め、
これを1-5分おきに少しずつ繰り返し飲ませる。

少量ずつ、何回にも分けて与える。

5ml程度であれば、胃が相当に攣縮していない限り、吐く事はない。

少しずつ1回の量を増やしていくが、あまり急激に1回量を増やすと再度嘔吐し、
かえって状態が悪くなる事もあるので注意が必要である。


吐く事でのどが渇くが、吐き気が多少改善しても、お腹がついてこれない事も多く、
少しずつ水分をとっていく。


下痢だけになった時

便の様子を見ながら少しずつ消化の良いものを与えていく。

食事の再開は早く行い、固形食を含む正常食とする。

ただし、やはり 『正常食』 といっても消化の良いものから始めたほうが良い。


下痢時のABC=Apple(リンゴ)、Banana(バナナ)、Carrot(ニンジン)は良い。

ご飯・パンなどの炭水化物、果物、ヨーグルト、野菜は推奨されている。




スポンサーサイト


こどもの 『発熱時の対処法』 は非常に重要な事であるが、その具体的な方法
については、外来診療中に細かく指導出来ていないのが現状である。


今回は、『発熱時の対処法について』 である。





 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------

こどもが発熱したら


こどもが発熱した時は、暖めず、むしろ、着ている服を脱がせて
薄着 にする。

『寒そう』 と気を利かせて、おばあちゃんがたくさん服を着させてくれたりするが、
こどもにとって 逆効果 となる事が多い。


汗をかく事で熱が放散されて、一時的に体温が下がる事も多いが、

汗をかく事による体力の消耗、
熱がこもって余計に体温が上昇する、
水分蒸発による脱水の危険、
  などがある。


こどもは薄着にして熱を外に逃がすだけで、体温が下がる事も多い。


暖めなければいけないのは、病気に伴い体温が上がりかけの時で、
悪寒(震え)がある時、こどもが寒がっている時、だけで良い。


その場合もいったん体温が上昇してしまい悪寒が無くなれば、
また薄着にしてあげる。その繰り返しとなる。


アイスノンなどで冷やす場合は、
大腿(太もも)、脇の下、首の周り、などを冷やすと
大きな血管が走っていて効果的
 である。


おでこを冷やしても殆ど体温は下がらないが、こどもが
『ひんやりして気持ち良い』 と言うなら、してあげれば良い。


あとは、しっかり水分を取らせる。
休養を取らせる。安静にする。




解熱剤は元気なら必要無い。

  『解熱剤について』 も参照。


これも汗をかかせる事と同じで、
病気が治るまでは座薬で熱を下げても
その後また体温が上がってくる事が多く、
体温の上げ下げが体力を奪う。



通常の熱そのもので頭がおかしくなる事は無い。


真夏の車中に長い時間、閉じ込められた、などで、
体温が43℃以上になったという事態とかは別である。


熱そのもののせいではなく、熱の原因が髄膜炎・脳炎などによるもの、
あとはひどい痙攣、ショックなどが重なると頭に障害が残る事がある。

これらは症状が強く、すぐ判別が付くと思われる。


こどもの発熱時は、
元気かどうか、水分が充分摂れているか、
嘔吐・咳・痛みなどが強くないか、
今までに出た事が無い症状(発疹、出血など)が無いか、

などに注意する。


発熱時の入浴については、『発熱時の入浴』  を参照。





今回は、救急受診、問い合わせ、の多い 『異物誤飲』 について、である。

下記の参考の4つのホームページは、リンクに貼っておく。




 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------

異物誤飲


食物以外の物を誤って口から摂取することを 『誤飲』 と言う。

こどもの誤飲は乳児に好発し、1歳児で全体の50%、
3歳未満が90%
 をしめる。

誤飲する物は、タバコ、硬貨が最も多く、
次いで医薬品、化粧品、洗剤、文具などで、
約12%に嘔吐などの中毒症状、または、有害な兆候が見られている。

硬貨、指輪、プラスチックの小物などは、殆どが、
数日中に便と一緒に排出される

縫い針、くぎ、などの尖った物は、途中で刺さったり、引っかかる事があるため、
危険である。

食道、胃、腸などの消化管に入った異物を 『消化管異物』 と言うが、
消化管異物のうち、『食道異物』 は速やかに除去する必要がある。

『食道異物』 は、食道に穴をあける(穿孔)事があるためである。


異物が、気管・気管支に達する場合、吸入直後に 激しく咳き込む

そういう時は、要注意である。

その後、全く無症状になってしまう事もあるし、
喘息のようなゼーゼー(喘鳴)、咳が出る、呼吸困難に陥る、などの場合もある。

ピーナッツなどの豆類、リンゴ片、スイカなどの種、小さなおもちゃ、などを、
喉の奥・気管に詰まらせた場合、異物の位置によっては、
空気の流れを遮断して窒息し、直接生命に関わる事もある。

異物による窒息死は、小児の不慮の事故死の上位を占める。


タバコ、殺虫剤、薬物、などでは胃腸から吸収されるため、中毒症状をおこす。

 タバコについては、『タバコ誤飲』 参照。

ボタン電池を誤飲した場合、食道に詰まる、胃に長く停滞すると、
化学的に腐食をおこすため、消化管の壁に孔が開いて重症になる事がある。


こどもの口に入りそうなもの、たばこ、薬、などを、
こどもの手の届かないところに片付ける様にするなど、
日頃からの予防が最も重要
 である。


危険な場合は、

中毒が出そうな薬品、防虫剤、などを飲んだ場合
尖った異物を飲んだ場合
・硬貨・ボタンなどで物体としては危険でないが、食道にひっかかった場合
・同様にプラスチック、豆とか、危険が無い物体だが、気管支に入った場合

などは病院に行く必要がある。


あとは、咳き込む、ゼーゼーする、嘔吐がある、元気が無い、など、
いつもと違う場合もかかる必要がある。


つまり、病院に行かなければならない場合は、次の3つの場合である。

 ①中毒が出るような物体、尖った物体を飲んだ場合。
 ②気管支異物・食道異物の場合。
 ③何かいつもと違う時。

具体的な物体に対する注意点などは、下記のHPが詳しく参考にして頂きたい。




日本中毒情報センター
http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf
日本中毒情報センターの 『中毒情報データベース』 では、
家庭用品・自然毒・細菌性食中毒の名前から、詳しい対処法などが検索出来る。
また、『中毒110番・電話サ-ビス』 も行っている。
http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf



中毒データベース検索システム
http://endai.umin.ac.jp/cgi-open-bin/hanyou/lookup/search.cgi
山口大学医学部附属病院薬剤部によるデータベースである。
個々の商品(商品名)に対して治療の概要を知る事が出来るため、
より具体的な対応を知りたいときに便利である。



こどもの誤飲・誤食110番
http://www.okiyaku.or.jp/goin/irui.html
沖縄県薬剤師会のwebサイトで、日常生活の身近なものを中心に解説している。



Bungu Bunka 文具文化
http://www.bungu.or.jp/08.html
東京文具工業連盟のwebサイトで、この中の 『中毒110番』 では、
文具についての詳しい情報が得られる。






こどもは、体のバランスとして頭が大きく、情況判断も悪いため、
転倒して頭を打つ事が多い。

今回は、頭を打った時の対処法について、である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

------------------------------------------------------------------------------

こどもが頭を打った時


どういう時には病院へ行った方が良いのか。

・けいれん(ひきつけ)を起こした場合。
・出血が多いなど傷の手当てが必要な場合。
・意識がおかしい、呼びかけに反応しない、元気が無い場合。
・呼吸、脈が変な場合。

このような場合は迷わず病院へ行くので、ある意味危険ではないのかもしれない。


その他、病院へかかった方が良い症状 とは、


・起こしてもすぐに眠ってしまう。起きていられない場合。
・気持ちが悪いのが続く。何度も吐く場合。
・一時的にでも意識を失った可能性が高い場合。
   頭を打った前後のことをよく覚えていない時、小さなこどもの場合は、
   頭を打った後すぐに泣いたかどうかで気を失っていたかどうかを判断する事が多い。
・頭をひどく痛がる、頭の痛みが次第に強くなる場合。
・物が二重に見える、焦点が合わない、見えにくい場合。
・片方の手足が動きにくくなったり、歩きにくくなったり、しびれたりする場合。
・話が混乱している、何となく普段と違う行動をする場合。
・左右の瞳孔(黒目)の大きさが異なる場合。
・耳・鼻から出血がある場合。
・頭蓋骨骨折が疑われる場合。

  
骨折を疑う場合についてだが、
骨折をすれば必ず強い痛みがある。


骨折があるかないかは頭部レントゲンを撮るより、
注意深くこどもの頭を触り、
痛みの程度がひどくないか診る方がはるかに解る



このような症状がある時は、病院にて頭のCTスキャンを撮るのが望ましい。


頭部レントゲンで頭の骨折が解るかも知れないが(そもそもこどもの頭の
レントゲン写真での骨折かどうかの判断は難しいが)、頭の中の出血は解らない。


先ほども書いたが、骨折をしているどうかは頭を触り、
痛みの程度で判断出来る
 事が多い。


問題は頭の中に出血をしているかどうかであり、
骨折していても頭蓋内出血(頭の中の出血)が無い場合も、
骨折無しで頭蓋内出血している場合もあり、
頭部レントゲンのみで判断するのは大変危険である



乳幼児は普通の状態では嫌がって暴れて頭のCTなど撮れない事が多い。


どうしても撮りたい場合は眠り薬を使用してでもCT撮影をするが、
注射の眠り薬は深く寝入り、呼吸が浅くなる。

そもそも、元気で症状のない赤ちゃんを薬で寝かせてまで
CT検査をする必要は無い。

逆に、薬無しでCTが撮れそうな赤ちゃんは要注意
である。

もちろん、病院の先生がCTを撮った方が良いと言われた場合は是非撮りましょう。


症状の観察は、2-3日間(48-72時間) 必要となる。


頭を打った直後には異常が無くとも、遅れて頭蓋内出血・脳浮腫(脳のむくみ)
により症状が生じてくる場合もある。


また、『こぶ』 が出来ていたら濡れタオルや氷嚢などで冷やす。

『こぶ』 は頭蓋骨の外側に出来た血腫(血の塊)で、
冷やすと数時間のうちに小さくなる事が多い。


プヨプヨしたものの場合、その下に骨折 が有る場合もあり、
注意が必要である。


かなり強く打った場合、何と無く心配な場合は、症状が無くても病院に
かかる事をお勧めする。






『キズ』 の手当て、については大体解って頂いたと思う。

今回は、『キズ』 の手当ての実際の方法である。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

『キズ』 の手当ての実際


実際の手順は、

『家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療 -皮膚外傷のラップ療法- 』 
を参照して頂くと良いが、


①出血している場合は傷口を直接押さえて圧迫止血


②傷周囲の汚れ(泥や砂)は水道水で湿らせたガーゼなどで拭いて落とす。
 汚れている傷であっても 消毒は厳禁 である。
 傷口の中に砂や泥が入っていなければ、傷の中は無理に洗わなくてもよい。


③ラップを傷よりやや大きめに切り、もし白色ワセリンがあれば、
 それをラップに塗り、ワセリンの付いた面を傷に当てる。


④ラップの周囲を絆創膏で固定。


⑤傷が浅かったら、その上を直接包帯で巻く。
 傷が深そうだったら浸出液が多く出るので、それを吸い取るために
 ガーゼかタオルをあて、その上から包帯を巻く。
 ラップの上を覆うのではなく、端から滲出液は漏れてくるため、
 ラップの端を覆うようにガーゼを当てる。


⑥暑い時期ではあせもが出来易いため、1日に2回以上取り替える。
 寒い時期では1日に1回の交換でよい。


⑦痛くなければ入浴は可能。痛かったらシャワーで流す程度にする。


治療は、上皮化が完了したら終了


具体的には 『ピンクでツルツルぴかぴかの赤ちゃんみたいな皮膚』 になり、
浸出液が出なくなれば上皮化終了で、それ以上はラップを張る必要はない。


貼るものとして、ジョンソン&ジョンソンの、キズパワーパッドという、
ちょっと高価なもの、などもある。
『湿潤治療』 をコンセプトに開発された商品である。


 『薬局で買える創傷被覆材』 参照







運動会シーズンが近づきつつある。

練習で転んだりして 『キズ』 が出来る事もある。

今回は、『キズの手当て』 について、である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


『キズ』 の手当て


『キズ』の手当てについて、『湿潤療法』 という方法が広まりつつある。


簡単に言うと、

『キズを乾かしてはいけない』

『キズを消毒してはいけない』



例えば、転んで膝を擦りむいた時、誤って包丁で指を切ってしまった時、
消毒してはいけない。ガーゼを当ててはいけない。

傷を水道水でよく洗って、台所用のラップでも何でもいいから、
とにかく傷が乾燥しないようにする。

もちろん、出血していれば止血は必要である。


もともと皮膚には 乾燥は大敵 であり、
ましてや怪我をして外に露出した細胞を乾かすことは有害でしかない。


乾燥した状態では、どんな細胞も生きていけない。
再生出来ない。



キ○ドライをふきかけたり、バンドエイドを貼る事は本当は良くない。

乾燥させると、傷を治そうとしている細胞が死んでしまう。

そのため、常に滲出液を出して湿潤を保つか、
自らの死骸で 『カサブタ』 を形成して乾燥から身を守るのである。


また、傷口の 『ジクジク』 は、炎症を抑えたり、
傷を治す成分そのもの
 であり、
体自身が自分を治そうと必死で 『ジクジク』 させている。

要するに 『ジクジク』 した状態というのは、
傷口を治す細胞にとって 最も働きやすい状態 であり、
まさに働いている最中でもある。


『化膿している』 『ばい菌が入ってジクジクした』 訳ではない。


ガーゼでこの 『ジクジク』 を吸い取ると、治るのが遅れるし、
ガーゼが傷口にくっつくと、剥がす時に痛いし、
せっかく再生した表皮が剥がれてしまう。


さらに 『消毒』 が不要な理由としては、
もともと傷口に毎日バイ菌をなすりつけても治る、という事がある。


実際、唾も便もバイ菌だらけにも関わらず、口の中の傷もお尻の傷も普通に治る。


そもそも、傷口を 滅菌(菌を0にする事)する事は不可能 である。


滅菌するためには非常に強力な消毒方法を用いる必要があり、
とても人体には使用出来ない。

また、仮に一度滅菌出来たとしても、
傷口の周囲には無数のばい菌が存在しており、すぐに傷口で繁殖する。


つまり、普通の消毒薬の殺菌力では、傷口のばい菌を取り除けない。
しかし、その消毒薬で傷口の人間の細胞は簡単に死んでしまう。

消毒で傷口のばい菌を減らしたとしても、その効果が持続するのは数分間で、
ばい菌はすぐに増殖する。

そもそも、ばい菌は傷が治るのを邪魔していないため、
消毒は 『無意味』 どころか 『害』 となっている。


実際の方法については、
『キズ』の手当て 実際の方法 参照


形成外科専門医の夏井先生のサイト 
  『新しい創傷治療』  参照
  幼稚園など向けパンフレット






便秘について、こどもの便秘の原因、については、
『こどもの便秘について』 参照。

ここでは、『便秘の実際の対処法』 について述べる。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

こどもの便秘の対処法


【赤ちゃんの便秘の場合】

①お腹をやさしくマッサージする
お臍を中心に手のひらで時計回りに 『の』 の字を書くようゆっくりマッサージする。
こうすることで、腸の動きを促して、便が出る効果が期待出来る。


②水分を十分に与えるように心がける
水分は白湯でもお茶でも何でも良い。
果汁、ヨーグルト、砂糖水、マルツエキス、などにより効果がある事もある。


③離乳食が進んでいれば、果実や野菜を加える


④綿棒刺激
綿棒にベビーオイルなどをつけて、綿棒の先端の部分がちょうど隠れる位、
おおよそ1cm程度、肛門に差し込んで、出し入れし、刺激する。
何回か繰り返して良い。




【幼児の便秘の場合】


①排便する習慣・リズムを作る
朝食後・夕食後などと時間を決めて、トイレに行くように習慣づける。
はじめは便意がなくても、食後にトイレに座る事で条件づけになる。


ちなみに、排便反射は、特に朝食後に強く起こる。

朝食前は胃が空で、かつ就寝中には大腸の運動も緩やかになっているため、
食べ物が急にお腹に入ってくると、これがより強い刺激となる。

しかし、朝食後、トイレに行きそこねて便意を我慢してしまうと、
便意は消失してしまう。

便意が起きたら必ずトイレに直行する。
出来るだけ、排便のリズムを狂わさないよう心掛ける。

毎朝だいたい決まった時間にトイレに入るようにすれば、
その時間が来ると便意は自然に起こるようになる。


②食事に気を付ける
便秘の時には、繊維分の多い食品を多くとることが大切である。

便秘に有効な繊維性食品には次のようなものがある。

1.いも類 : サツマイモ、さといも、こんにゃく
2.野菜類 : 白菜、キャベツ、ピーマン、ナス、ニラ、もやし、きゅうり、ごぼう、
         ニンジン、大根、など
3.豆類 : 大豆、小豆、おから、納豆、豆腐
4.穀類 : コーンフレーク、ポップコーン、オートミール
5.果実類 : オレンジ、イチゴ、リンゴ、あんず、プラム、パイナップル、メロン
6.きのこ類 : しいたけ、えのき、しめじ
7.海藻類 : わかめ、こんぶ、のり、寒天、ひじき
8.油類 : 生クリーム、バター、マヨネーズ
9.砂糖類 : 水あめ、はちみつ、黒砂糖
10.その他 : ヨーグルト、ビフィズス飲料、炭酸飲料、香辛料、など


③運動不足に注意する



便秘に対する治療は、腸の機能を調整し、自然な排便リズムにする事である。

便秘だからといってすぐに下剤を投与するといった考え方は良くない。

あくまでも、適切な生活改善を行った上で
薬物療法 をうまく取り入れていくべきである。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。