• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



放射線被爆の心配についての相談も多い。

今回は、放射線被爆についてである。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

放射線被爆

結論からいうと、普通の放射線検査では被曝が問題になる事はない。

レントゲンで言えば、短期間に、数十枚の単位で検査しないと影響する事は無いが、
通常そんなに検査はしない。

レントゲンより被爆の多いCT検査、造影検査をもし短期間にかなり頻回にやらないといけない
状態であるとすると、医師は被爆と検査を天秤にかけてそれでも検査を施行したい場合に
しているはずである。


放射線の影響は大別すると2つある。

一つは 『確定的影響』 というしきい線量(影響が発生する最小の線量)のある影響、
もう一つは 『確率的影響』 (発癌、白血病や遺伝的影響)である。

『確定的影響』 とは、基本的に急性被曝であり、日常の医療での急性被曝でこれらの数値を
越える事は、放射線治療などを除いて、まずあり得ない。


私達は宇宙線や放射性鉱物・食物・水・空気から常に自然放射線を浴びている。

その量は地域や地質によって変わるが、日本で 年間1.6-1.7mSv 浴びている。
飛行機の乗務員の年間被曝量は3mSv、ブラジルのガラパリ市では10mSv である。


国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告では放射線の制限値は、医療施設や原子力発電所などの
作業者は 年間最大50mSV、5年間で100mSV、としている。

撮影法による被爆量だが、施設・条件により多少異なるが大体こんなものとされている。

さらに生殖腺を防護する事が多い。

医療の放射線被爆が悪影響を与える基準に比べ、いかに少ないか解るであろう。


撮影部位(mSV)
胸部(正面) 0.3
腹部(正面) 3
骨盤(正面) 3
乳幼児股関節 0.2


CT検査ではレントゲンより被爆が多く、10mGyの被爆があるが、実際の臓器では差がある。

頭部CT検査(mSV)
赤色骨髄  卵巣    睾丸   胎芽
  2.7    0.01以下 0.01以下 0.01以下

骨盤CT検査(mSV)
赤色骨髄  卵巣   睾丸   胎芽
  5.6     23    1.7    25


新生児や小児は成人と異なり、ほとんどの骨髄が赤色骨髄であり、同じX線検査でも
赤色骨髄の被曝線量が多くなる。

赤色骨髄に有意な被曝をすると、白血病が問題となる。
生殖器の多量の被爆は不妊の問題がある。

赤色骨髄の割合
新生児=100%
5歳児=70%
成人=30%

よって、新生児・小児のX線検査の際には、照射野を必要な範囲に絞ることが成人患者以上に
要求される。例えば、成人患者の胸部撮影をする場合に、頭頚部、上腕部が入ってしまっても、
赤色骨髄の線量に大きな違いはないが、新生児・小児の場合は、上腕骨、頭部の骨にも
赤色骨髄が存在するので赤色骨髄の線量は大きくなる。



一時的不妊になる 『しきい線量』 は、男性150mSV、女性650mSVで、
生殖腺がこれ以上の被曝をしないと一時的不妊にはならない。

胸部X線撮影の入射表面線量は約0.2mGyであり、生殖腺の位置での被曝線量は
その1/50から1/100になるので生殖腺防御のプロテクタは必要ない。



がんの発生率は一度に 200mSV以上 あびると、線量の増加に比例して増える
ことが分かっている。

原爆被曝などの疫学調査では、50-200mSV以下の被曝では白血病の増加は認められていない。



受精後2-8週間の器官形成期の間に胎児が 100mGy以上 浴びると
奇形の可能性が少し出てくる。

ICRPでは、100mGy以下の胎児被曝では、胎児の健康への影響はない
としている。

頭部撮影、胸部撮影では胎児の被曝は 0.01mGy未満 であり、全く問題ない。

骨盤CTでは、胎児が直接被曝するので25mGy浴びることになるが、100mGy以下であり、
通常問題無い。


女性には 『10days rule=10日規則』 がある。

『10日規則』 とは、妊娠可能な女性の下腹部が照射野に入るX線検査では、
特に急ぐ必要がなければ月経開始後10日間の排卵前に検査をするというものである。

妊娠の可能性のある女性では、緊急を要する以外には、月経開始後10日間の間に、
X線検査を受けられることをお勧めする。



スポンサーサイト


以前は患者さんが薬をしっかり飲んでいるかどうかについて、
『コンプライアンス』 という言葉を使っていた。

しかし、近年、『アドヒアランス』 という言葉に変ってきている。

今回は、『コンプライアンス』 と 『アドヒアランス』 についてである。



 ↓ クリックで救える命もあります。宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

まずは、『コンプライアンス』 と 『アドヒアランス』 の辞書的な意味である。


コンプライアンス compliance
1.(命令、申し出・要求などに)従うこと、黙従、屈服。
2.素直さ、従順。
3.応諾、承認。
4.協力;服従。



アドヒアランス adherence
1.密着、粘着、執着、固執、固守、愛着、支持。
2.粘着性、粘着力。



医療関係的な解釈では、

コンプライアンス
 服薬に関して、患者さんがキチンと薬を飲むかどうかについて使われる。
『服薬遵守』 と訳され、『コンプライアンスが良い』、
『コンプライアンスが悪い』 と表現される。



アドヒアランス
指示されたことに忠実に従うというより、患者が主体となって、
『自分自身の医療に自分で責任を持って治療法を守る』
という考え方である。

患者さん自身が病態を理解し、治療の必要性を感じて、
積極的に取り組むのが 『アドヒアランス』 である。

特に、生活習慣病の治療などの長期に渡って服薬の必要があり、
患者さんの主体的な意識が重要な分野で、この考え方が強調されるように
なってきている。

WHO(世界保健機構)でも、2001年にアドヒアランスに関する会議を開き、
『コンプライアンスではなくアドヒアランスという考え方を推進する』
という方向性を示している。



『コンプライアンス=服薬遵守』 という概念は、
『医療従事者の指示に、患者さんがどの程度 従っている のか』
という視点での評価がされている。

その判断の基準は、あくまでも医療従事者の側にあり、
指示通り服薬出来ない患者さんについては、患者さん側の問題として判断され、
『服薬遵守』 を高めるために、患者さんを説得するという行為が行われる。

しかし、non compliance(服薬非遵守)は、当然、全ての要因が
患者さん側にある訳ではなく、医療関係者と患者さんとの信頼関係の不足
(患者さん情報の収集不足、患者さんの生活習慣に対する無理解、
服用困難な処方・剤形の選択、事前の十分な服用意義の説明不足、等)
という事も多い。

これらの患者さんにおいて、服薬率を高めるためには、
『医療従事者の指示をいかに守らせるか』 だけではなく、
薬剤・患者さん・医療関係者側のそれぞれの因子を総合的に考え、
『患者さんが参加し、実行可能な薬物療法を計画、実行』 する事が
必要である。


つまり、『アドヒアランス』 は、医師が信頼関係の上に情報を提供し、
出来るだけ患者さん自身の理解を深めて、患者さん自身の決定を尊重する、
という今の医療事情にあった語である。

 




子どもより大切な存在ってあるかしら?
http://www.unicef.or.jp/special/index.html

odori
↑クリックすると拡大します。


あなたは、5歳の誕生日を覚えていますか?

今、この世界では、年間1050万人 の子どもたちが、
5歳の誕生日を迎えることなく、命を失っています。
この数はここ1年半ほどで1100万人から1050万人へと50万人減少しました。
しかし、まだこの瞬間にも・・・

3秒に1人

助けられるはずの大切な命が失われています。


子どもより大切な存在ってあるかしら?


ユニセフ親善大使だったオードリー・ヘップバーンの言葉です。

この言葉をあらためかみしめるとき、私たちは、子どもの死亡数が
減ったことへの喜びよりも、1050万人のひとりひとりかけがえのない
子どもたちが、今この世にいないという事実に、やはり、受け入れがたい
思いを感じるのです。


乾燥した空気を突き抜けて、太陽からの熱がじりじりと肌に伝わってきます。
西アフリカ、ガーナ。西アフリカ地域は、世界でも最も乳幼児死亡率の
高い地域の一つです。

わずかな畑を耕し命をつないでいる村人の生活は貧しく、子どもたちの
多くは栄養不良です。診療所のある村は少なく、病気の子どもの治療が
手遅れになることもしばしばです。特に蚊が媒介するマラリアによる
被害は深刻です。ただでさえ栄養不良で身体が弱っている子どもたちは、
マラリアにかかると、40度近い高熱と吐き気に苦しみ、なすすべもなく
命を失っているのです。栄養不良でなかったなら、蚊帳があったなら、
助かったはずの命です。

西アフリカでは、乳幼児死亡率を劇的に低下させる新たな取り組みが
はじまっています。

その新たな取り組みとは、低コストで救命効果の高い対策を、
母親や住民の参加を促しながら組み合わせ、乳幼児死亡率の特に高い地域で、
集中的かつ徹底的に行うというものです。
この試みは 『短期間に、しかも低コストで、最大限の結果を出すこと』
をめざし、2002年に西アフリカのいくつかの村々で始められました。



オードリー・ヘップバーンは、1988年にユニセフ親善大使に就任しました。
亡くなるまでの4年間、当時最悪の食料危機に陥っていたエチオピアや
ソマリアをはじめ、世界十数カ国をめぐり、子どもたちの声なき声を
代弁し続けました。

その言葉はいまもなお、私たちの心に、子どもたちへの愛と責務を
訴えかけています。


        ------------------------------------------

毎年、1000万人以上の子どもたち命を失っています。
その原因の多くは予防できたはずのものです。
例えば、肺炎、下痢性の病気、マラリアなど。また、紛争やHIV/エイズなど、
間接的な要因によってもたらされているものもあります。
栄養不良、衛生環境の悪さ、安全な水や衛生施設がないこと。
幼い子どもの死因の50%以上はこうした基本的なことが原因となっています。
毎年死亡する乳幼児の 3分の2 (600万人以上) の命は本来、
防ぐことができたはずのものなのです。
また、毎年50万人の妊産婦が亡くなっていますが、その殆どの死が、
出産時、または出産後数日のうちに起こっています。


        -------------------------------------------


3000en

子どもの命を脅かす主な感染症は、はしか、結核、破傷風、百日咳、
ジフテリア、ポリオです。これらの感染症はすべて予防接種で防ぐことが
できます。さらに、感染症にかかりにくくするビタミンAの投与を、
予防接種と組み合わせて実施することで、さらに効果的に子どもの命を
救うことができるのです。



5000en

マラリアを感染させる蚊は、子どもたちを蚊帳の外からでも刺してきます。
蚊に刺されることは、命にかかわることです。蚊が蚊帳に近寄らないように
するために、殺虫処理済みの蚊帳が必要なのです。この蚊帳は普通の蚊帳に
比べ、約2倍もマラリアの予防効果があります。日本で開発された殺虫効果が
4-5年持つ蚊帳は、さらに多くの命を守っています。

------------------------------------------------------------------------------

2006年 『今年の漢字』 は 『命』 である。

 2006年 『今年の漢字』 は 『命』 参照。


予防接種で、ビタミンAの投与で、救えたはずの命・・・。

日本は恵まれている。

しかし、自殺、虐待、事故、犯罪・・・そういうものに苦しんでいる。


少しでも、世界の、日本の、こども達が助かる事を祈る。




 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   





今回は、少し前から全国で開始されている
『小児救急医療電話相談事業』 について、である。

こんなに宣伝しない、流行っていないと思われるシステムも珍しい。

-------------------------------------------------------------------------------

 小児救急医療電話相談事業  厚生労働省


小さいこどもをお持ちの保護者の方が休日・夜間の急なこどもの病気に
どう対処したら良いのか、病院の診療を受けた方が良いのか、など迷った時に、
小児科医師・看護師へ電話による相談が出来るものである。

この事業は全国同一短縮番号(#8000)をプッシュすることにより、
お住まいの都道府県の相談窓口に 自動転送 され、
小児科医師・看護師から患者の症状に応じた適切な対処の仕方や
受診する病院等のアドバイスが受けられる。

dennwa
↑クリックすると拡大します。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html


現在、全国33都道府県 で実施されている。

これは電話相談であり、診察や指示等の医療行為は行わない。

小児科医不足より、大多数の県で、小児科医の支援体制のもとに、
看護師と保健師 が相談に応じる事になっている。


何故、電話相談なのか?


大阪府の医療対策課のホームページに答えがある。
http://www.pref.osaka.jp/iryo/child/why2.html


共働き家庭の増加、核家族化の進展等により、身近な相談者が居ない、
などの理由から、夜間等の時間外に受診する小児患者は増加傾向にある。
しかし、そのうちの 95% は入院を要しない軽症患者である。

夜間帯に診療を行っている小児医療機関(初期救急医療機関)が少ないため、
そうした軽症患者が救急病院(二次救急医療機関)へ集中している。

そのため、本当に緊急を要する小児患者を受け入れる事が出来なくなるなど、
入院医療への影響が懸念される。
また、本来入院治療を行っている救急病院や医師への負担が過重となっている。

小児科は風邪やインフルエンザが流行する冬季に患者数が急増するなど
季節変動が大きい事、診察に要する時間や労力の負担に比べて検査料や
投薬料が多く見込めない事など不採算要素が大きい事、等の理由から
小児科医や小児医療機関の数は 減少傾向 にある。

このように限られた小児科医や小児医療機関に過重な負担がかかり
現行の小児救急医療体制を維持する事が困難となっているのが現状である。
そこで、救急病院への軽症患者の集中を緩和しつつも、
皆さんが安心して子育てして頂ける環境整備を図ることを目的として
この電話相談事業を開始する。

 『医師不足①』『地方医療の崩壊』
 『小児科医の新人、2県で0人 26都府県で減少』
 『全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻』



何故、各県毎 に施行するのであろうか?

緊急で病院にかかるべきか?自宅で様子を見る事が出来るか?
それを答えるのに、地域性は要らない。

各地の病院の紹介はインターネットを調べながらでも行える。

折角、電話なのであるから、全国規模 で小児科医による、
よりよい電話相談が出来ないか、と思う。

そうすれば、より医療資源が少なく済むはずであり、かつ、効率が良く、
実際に診療仕事が出来る小児科医が多くなる。

夜間の救急患者数の減少は、小児科医の疲弊が少なくなる、
重症患者の管理の向上、などにつながる。

しかし、このシステムがもっともっと、認知され、一般化し、機能して、
夜間の救急小児患者数が少しでも減少する、
夜間のこどもの親御さんの不安が解消される、事を願う。




 ↓順位が落ちて瀬戸際です・・・。応援お願い致します。
   





正しい診断、より良い治療、を受ける権利が患者さんにはある。

今回は、『セカンド・オピニオン』 についてである。

------------------------------------------------------------------------------

セカンド・オピニオン second-opinion


『セカンド・オピニオン』 とは、
病気の理解を深めるために主治医以外の意見を聞いて情報収集する事である。

主治医と他の医師の意見を比較検討して、納得出来る治療法を選ぶ事が出来る。


良い点としては、以下のものがある。

 ①主治医の診断・方針に対する確認が出来る。
 ②治療の妥当性を確認出来る。
 ③主治医の示す治療法以外の治療法が得られる可能性がある。


命に関わる重い病気だと診断されたり、手術が必要だと言われたら、
『別の医師の意見も聞いて、本当かどうかを確かめたい』 と思うのは当然である。


患者さんの中には、
『他の病院の先生の意見を聞いたら、今の先生が気を悪くするのではないか?』 
と思っている人も多いと思うが、最近では、『セカンド・オピニオン』 を
受ける事を勧める医師も増えてきている。

逆に、そこで機嫌を損ねる様な医師ならやめた方が良いと思う。

医者自身が、より詳しい専門家に意見を求める事も多い。


『インフォームド・コンセント(説明を受けたうえの同意)』 を
実践し、しっかりと考えている医者ならば、
治療法を決定するのは患者さん・家族である事を十分に認識している。

 『インフォームド・コンセント』 とは 参照。


医師から説明を受けても、情報・知識のない患者さんや家族にとっては、
治療法の決定を出来なかったり、不安を覚える場合もある。

そのため、知識を持っている人=専門医に相談し、
意見を聞きたいと考える事は極めて自然な事だと思われる。


『インフォームド・コンセント』 と 『セカンド・オピニオン』 は車の『両輪』である。


セカンドオピニオンはあくまで第二の意見であり、
主治医の診断・治療方針を他の先生の意見と比較するためには、
患者さん自身が主治医の説明を充分に理解している事、
診断に必要な検査データを持参している事
 が前提となる。


前の病院のデータ・資料が無いと、全ての検査をやり直さなければならず、
患者さんにとって時間とお金の無駄となってしまう。


意見を聞きたいと思ったら、主治医にセカンドオピニオンを受けたいと申し出て、
必要な書類を貸し出してもらうべきである。


ただ、現代の医療はどこも標準化されており、
複数の病院に意見を聞きに行こうとすると、
単に治療開始時期を遅らすだけになる可能性もある。

『セカンド・オピニオン』 もほどほどにしないと、労力・時間・お金がもったいない。


 ↓ランキング50位に入れません・・・。応援のクリック宜しくお願い致します。
   








医者から患者さんへの説明の際には、必ず解る様に話さなければならない。

これが、非常に重要であるが、なかなか難しい。

今回は、『インフォームド・コンセント』 についてである。

『セカンド・オピニオン』とは、も参考にして欲しい。

------------------------------------------------------------------------------


インフォームド・コンセント informed consent


『インフォームド・コンセント』 とは、『説明を受けたうえの同意』 と訳される。


『医者が、病気・薬・検査法・治療法などについて十分に説明し、
 患者さんが正しく理解した上で、受ける治療を選択して決定し、
 同意する』 という事である。

患者さんには、自分の病状・病気のことについてよく知り、
どういう検査・治療を受けるかを自分で決定する権利がある。

しかし、世の中には、病気についての説明をあまりせず、
注意書きのような文章だけを渡して、
『これを読んで、ここにサインして下さい』 と一方的に話すだけの病院もある。


サインをするということは同意したということを示すため、
後で、『説明を受けなかった、知らなかった』 と言っても取り返しがつかない。

内容を良く理解しないうちにサインは絶対にしてはいけない。


説明の内容としては、
対象となる行為の内容・期待されている結果・副作用・成功率・予後などを含めた、
出来るだけ詳しく、正確な情報が与えられる事が望まれている。


医師の病気の説明には、『専門用語』 という専門家だけでしか通じない言葉があり、
これだけで説明されると全く理解出来ない。

お互いが理解出来る言葉で、確認しあいながら話す必要がある。

実際、患者4-5人に1人は、医師の説明に満足していない。


また、発生する可能性がある出来事・経過も、小さいものを含めると膨大にある。


患者に十分な理解力・判断力がある場合においても、
数分・数時間の話では伝わりきらない情報は存在する。

その中で、患者さんは判断・同意をせざるを得ない。


非常に低い可能性で起こる出来事を全部説明する事が、
逆に不安を増大させ、治療・検査をやめてしまう様では患者さんに不利益である。


例えば、稀な副作用を並べる事で薬を使うのを怖くさせたり、
単なる腕からの採血検査で、皮下血腫・神経損傷・失神などの稀な出来事を
説明する必要は無い。


インフォームド・コンセントで大切な事は、

 ・重要なことは医者にメモを書いてもらう事。
 ・手術・治療を行った場合の効果・副作用を聞く事。
 ・手術・治療をしない場合の経過を聞く事。
 ・別の選択肢があるかどうかを聞く事。           などである。



 ↓ランキング50位に入れません・・・。応援のクリック宜しくお願い致します。
   






病院の医者(病院勤務医)が、過酷な勤務などの理由から次々と病院を辞める
『医師不足』 が起きている。

 『医師不足①』『医師不足②』 参照。

 『崖っぷちの小児医療 激務の裏に勤務医不足』 産経新聞Web も参照。
 http://www.sankei.co.jp/life/sonota/060417_001.htm

----------------------------------------------------------------------------
 

病院の医師数が不足して、小児科や産婦人科などが閉鎖される、
いわゆる 『引き上げ』 『撤退』、あるいは当直が困難になり、
救急対応が出来なくなるケースが起きている。


病院は、『医局』から医者を派遣してもらっている。
 
 『医局』 について 参照。


隣の病院でも、『医局』が違えば、医者の行き来は無い。

同じ市内でも 『日産』 から 『トヨタ』 には転勤せず、
遠くの 『日産』 に転勤するのと同じである。


隣の病院が破綻しかかってても、マンパワーとして助ける事は出来ない。

もちろん、経営者(院長)も違うため、自分の病院を最優先にしている。


そもそも、『医局』 の医者は足りなくなってきている。

ある病院に医者が足りなくなっても、
代わりの医者を送れない 『医局』 ばかりである。


小児科の病院は3-4人という規模が殆どである。


1人減れば、他の人がその分を補うが、限度を越えるとそれも破綻する。


日常業務だけでなく、事務仕事も、『当直』 も、倍増する。
 
 『当直』について 参照。

外来は、午前の外来が午後にずれ込み、食事もろくに摂れず、
休む間もなく、午後の外来が始まったりする事もある。

午前の救急当番で重症に当たり、ご飯を食べられずに、
午後の外来に向かう事もある。


外来患者さん・入院患者さんの診察、レセプト処理、紹介状の御返事、
保険の書類・入院サマリーなどの事務的な仕事、
レジデントの教育、学会発表、臨床研究・・・・、仕事は膨大 にある。


もともと過剰に働いている医者一人分の仕事を分担しても、受け皿が無い。

当然、患者さんを減らす事は出来ない。


そして、皆、倒れる事になる・・・。


そうすると、医者が全員引き上げる=『引き上げ』 『撤退』という状況となり、
その病院にその科の医者が一人も居なくなる、という最悪の事態となる。

現在は何とかもっているが、一人医者が居なくなれば潰れる可能性がある、
という病院が多い現状である。



何故、『過酷』 なのか?


そもそも、慢性的に『医師不足』 である。

希望より、少ない数で運営している病院ばかりである。

減ってないから足りている訳では無くて、
ずっと人数的にマイナスで過ごしている病院が多い。

高度医療に見合うだけの医者の数をどの病院も保てていない。


医者個人の頑張りで、業務を維持している。


まず、『当直』 は大変な事はいうまでも無い。


では、当直をしていない先生は楽か?


全くそうではない。

1人、2人しか居ない科の先生などは到底当直などは出来ない。

だが、緊急手術、患者さんの急変、などに備えて、毎日 『待機』 している。

いわば、24時間、365日、拘束されているのである。

そのストレスはかなりである。


過労に耐えかねて、開業に走る、『医局』 に泣きついて引き上げになる・・・。

そういう悪循環がすすんでいる・・・・。




 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。