• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



卵アレルギーを有する児でも予防接種は大切であり、どんどん接種すべきである。
個人的にも御家族と相談の上、どんどん接種を勧めている。

インフルエンザワクチン接種にあたり、相談も多い。

今回は、卵アレルギー児のワクチン接種について、である。



 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

----------------------------------------------------------------------------

卵アレルギーを有する児が予防接種をする場合、
次のワクチンがこれまで問題とされてきた。



麻疹、ムンプスワクチン

厚生労働省作製の予防接種ガイドラインの中に、

『現行の麻疹及びムンプスワクチンは、
ニワトリ胎児線維芽細胞を用いた組織培養由来で、
卵白と交叉反応を示す蛋白は殆ど含まれていない。

このため、米国では、重度の卵アレルギーを有する小児でも、
麻疹及びムンプスワクチン接種児にアナフィラキシー反応のリスクは低く、
事前の皮膚テスト無しに接種出来る』、 と書かれている。

これらはまず問題にならない。



インフルエンザワクチン

極微量の卵白蛋白が含まれているが、年々精製技術は上がっていて、
製薬会社によっても多少異なるが、
卵白アルブミン量は 『0.3-0.5 ng/0.5ml』 と報告されている。

ただし、海外のインフルエンザワクチンは数十から数百ng/mlと日本に比べるとかなり多い。

ちなみに、μgはmgの1/1000、さらにngはμgの1/1000(つまりmgの1/1000000)である。

これは、前述の麻疹・ムンプスワクチンと同程度の量である。

さらに、実際の接種量は対象となる小児では0.1-0.3ml程度となるため、
卵白アルブミン量は極めて少なく、実際問題となるとは全く思えない。

卵の加工品を食べれている児では、
『卵』 という点では全く気にする必要はない



問題となるのは、卵摂取後にアナフィラキシーを起こした事がある児 位である。


卵白RASTスコア5-6でも、過去に卵でアレルギー症状を呈した事が無いような児で、
たまたまアトピー性皮膚炎などがあって発覚したような児では問題にならない。


アナフィラキシーを起こした事がある児では、
ワクチンの他の成分に反応する事もあり、
皮内テストをした方が無難
 である。

しかし、実際、稀にショックを起こす児は居るので (卵アレルギーで無くても)、
ショックに備えた体制無しで安易に打つべきではない。


ちなみに一般にアレルギー症状を誘発する抗原量は、
総タンパク量としてmg/mlレベルでは確実、
数μg/mlレベルでは個人差で出たり出なかったり、
ng/mlレベルではほぼ誘発しないと考えられている。

つまり、ng/ml程度ではアレルギーは起こらないと考えられている。

特に、1 ng/ml以下では考えにくい。


実際、卵などの表示義務のある特定原材料でも総タンパク量が、
数μg/mlレベルに満たない場合は、表示の必要性は無いとされている。
(現在10μg/ml以上で表示されている)

今のインフルエンザワクチンにはその程度の量しか含まれていない。


(実際の接種については主治医とよくご相談されて下さい。
 もし解らなければ地域のアレルギー、予防接種の専門の先生をお尋ね下さい)



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
7ヶ月児のインフルエンザ予防接種について
いつもお世話になっております。
45万アクセス突破、おめでとうございます!
これからもご無理のない範囲で更新をお願いします!

ちょうど下の子のインフルエンザ予防接種をどうしようか悩んでいたところでしたので、この記事で分かりやすく説明されていて助かりました。

下の子は現在7ヶ月です。かかりつけ医にインフルエンザの予防接種を打ちたいと相談したところ、うちでは離乳食で卵を食べるようになってそれで大丈夫とわかってからでないとやっていないと説明されました。

けれど上の子がいますし、幼稚園の送迎時に連れて行くので、下の子も接種しておきたいなぁと思っています。

別のクリニックを探すか、事前の皮膚テストをしてもらってから異常がなければ接種してもらえるようにかかりつけ医に頼むか・・・と迷っています。

それとも上の子と親2人が接種しておけば、まだ7ヶ月の下の子にまで接種しておかなくてもよいものでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。
2008/10/03(Fri) 10:11 | URL  | トンカツ #vLG6rG6Y[ 編集]
拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!
2008/10/04(Sat) 22:33 | URL  | サトシ #-[ 編集]
> トンカツさん

ありがとうございます。
開業医さんはリスクを冒しません。
それはそれが経営的に普通です。
乳児のインフルエンザワクチンの有効率は1-2割で、一般に有効性というものははっきりしないとされていますので、周りが気を付けて本人は打たないという考え方もあります。
打てば打っただけのメリットはありますが、無理して打つほどのメリットはないかも知れません。
抽象的ですが簡単に打てるなら打っても良いし、無理そうなら今年は周りが気を付けるっていうのではどうでしょう。
またどうぞ。
2008/10/06(Mon) 21:02 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
> サトシさん

ありがとうございます。
またまたどうぞ。
2008/10/06(Mon) 21:02 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
ありがとうございます
なるほどです。
少しでも効果があるなら・・・と考えて接種したいと思っていましたが、無理してまでのメリットはないかもというご意見に、確かにそうかもと思いました。
アドバイスをどうもありがとうございました。
またよろしくお願いします。
2008/10/07(Tue) 00:16 | URL  | トンカツ #CsaKEmdw[ 編集]
HIBと肺炎球菌ワクチン
いつも困ったときは参考にさせていただいております。ありがとうございます。
お言葉に甘えまして、先生のご意見を伺えたらと思い質問させていただきます。

3歳3ヶ月の男児、来年幼稚園に入園予定です。
アレルギー体質で小麦に重度・卵に軽度(血液検査の数値は異常に高いが卵黄は可)です。
また風邪をひくと3回に1回くらい、喘鳴があり吸入をします。(喘息はまだなっていない)
アレルギー性鼻炎もあり、始終鼻をグズグズいわせています。

そのため無菌性髄膜炎の怖さもありますが、
入園してからの中耳炎予防になればと肺炎球菌ワクチンも接種を予定しまいます。

しかしいろいろと調べるうちに、中耳炎既往のない幼児に対しては
肺炎球菌ワクチンは中耳炎予防の効果はないという記述を見つけました。
また菌交代により黄色ブドウ球菌による中耳炎が増えるとも・・・

予定ではPCV7を接種予定です。
3歳以上では23価を勧めるお医者様もいらっしゃるようですし、
なにぶん費用がHIBと2つ合わせて4万円を超えるのでいまさらながらに迷っております。
接種のメリットは十分にあるのでしょうか・・・

お忙しい中申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願い申し上げます。
2008/10/12(Sun) 14:48 | URL  | きゃべ #SD0y7NgE[ 編集]
> トンカツさん

ありがとうございます。
またどうぞ。

2008/10/12(Sun) 22:38 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
> きゃべさん

ありがとうございます。
まず喘鳴を繰り返しているので、喘息ですね。
あとは無菌性髄膜炎の危険は高くなる可能性はありません。
細菌性髄膜炎はかなりの重症になりますが、これはHIBワクチンと肺炎球菌ワクチンでほぼ防げます。
注射のメリットは十分にあります。
欧米では普通に接種しております。
ただ自費ですのでその点だけですね、迷う点は。
お大事にどうぞ。
またどうぞ。
2008/10/12(Sun) 22:59 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
お休みのところ早速のご回答ありがとうございました。

肺炎球菌も受けることで中耳炎の予防にもなればと欲張って、迷っていました;;
髄膜炎を予防できるだけでも十分なメリットがあると考えるべきなのですね。

喘息に関しては、アレルギーの数値の高さから本格的に発症するのは
時間の問題と宣告!?を受けています。
もともとわりと丈夫なようで風邪での診察も3年間で6回程度です。
風邪のたびに喘鳴がでないのがまだ救いです。。。

今後とも参考にさせていただきたいと思います。
ありがとうございました。
2008/10/13(Mon) 20:48 | URL  | きゃべ #SD0y7NgE[ 編集]
> きゃべさん

ありがとうございます。
今後もどうぞ。
2008/10/20(Mon) 21:02 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。